リッチなオジサンの合言葉は
“一日一贅”

INTERIOR

バリスタの味をおウチで手軽に!

プロ仕様のコーヒーマシンが運ぶ幸せで朝をもっと楽しむ

2022.11.16

Facebook
Instagram
プロ仕様のコーヒーマシンが運ぶ幸せで朝をもっと楽しむ

日本人にとって、もはや日常的な飲み物となったコーヒー。シアトル系コーヒーから昔懐かしい喫茶店のハンドドリップまで、さまざまなタイプのコーヒーを気軽に味わえるようになり、自家焙煎の豆を販売するショップも急増しています。となれば、自分好みの味と香りを追求したくなるというもの。そんなコーヒーラバー垂涎のマシンが新登場。その実力やいかに!?

4つのバリスタ機能がプロの味を再現

理想の豆を手に入れ、「これであのコーヒーがいつでも味わえるようになる!」と喜んだものの、いざ家で淹れてみると、店で味わったのとは何か違う……。そんなガッカリな経験、ありませんか? それを解消してくれるのが、プロが誇る4つの技を詰め込んだコーヒーマシン、「Gevi 4-in-1 スマートコーヒーメーカー」です。

ひとつ目の技は、味の決め手となるコーヒー豆の量を正確に計測できるということ。本体一体型のデジタルスケールが、豆の量を1gから200gまで、1g単位で厳密に計ってくれるので、「微妙に少なかった」「ちょっと多過ぎだかも」なんていう失敗から解放されます。

ふたつ目の技は、プロ仕様のグラインド。1杯ごとに、理想の細かさに豆を挽くのは、美味しいコーヒーの基本。その点、「Gevi 4-in-1 スマートコーヒーメーカー」は、51段階もの細かさに設定でき、フレンチプレスからエスプレッソまで思いのまま。しかも、豆を素早く、細かく挽けるフラットカッター構造を採用しつつ、その弱点とされる熱の発生を、高トルクモーターの搭載によって解消。豆の品質を損なわずに、豆を細かく、均一に粉砕できるというわけです。

3つ目の技は、正確なお湯の管理。水温制御システムの搭載で、お湯の温度を80℃から99℃まで、1℃刻みで設定可能に。タンクいっぱいに入れた常温水が、わずか4分以内で100℃まで加熱できるのもメリットのひとつでしょう。

最後の技は、自動抽出テクニック。設定温度に達したお湯を、一定の速度で、注ぎ口を360度回転しながら、まんべんなくコーヒーの粉に注ぎ、奥深いフレーバーを引き出してくれます。

ビジュアル&使いやすさにも妥協ナシ!

とはいえ、これら4つのテクニック、使いこなせるか不安。そんな声も聞こえてきそうですが、心配ご無用! 「Gevi 4-in-1 スマートコーヒーメーカー」は、初心者にうれしい「簡単レシピ」も搭載。使用するのは豆か粉か、淹れるのは何杯か、濃さはマイルド・ミディアム・ストロングのいずれか、という3ステップの入力だけで、美味しいコーヒーができあがります。

 さらに、自分好みの抽出率・注湯速度などを設定できる「マイレシピモード」と、豆に合わせて、グラインド、お湯の温度、抽出時の注湯速度や回転速度など、それぞれの手順を実際に抽出しながらカスタマイズできる「バリスタモード」も用意。お気に入りの工程を、”マイレシピ“として登録が可能など、コーヒーの楽しみ方が、きっと広がるはずです。

 もちろん機能だけでなく、ビジュアルも秀逸。ケトル、グラインダー、スケールが一体になったミニマルなフォルムはもちろん、スタイリッシュなステンレスフィルターやカラフェなど、デザインへのこだわりはかなりのもの。“見せたくなるコーヒーマシン”というのも、お薦めの理由のひとつです。カラーは、写真のブルーのほか、シルバーが用意されています。

バリスタのハンドドリップをおウチで堪能

「朝のコーヒーはもちろんですが、テレワークが普及している昨今では平日のオンタイムにも嬉しいアイテム。こだわりの一杯ももちろんですが、気軽に美味しいコーヒーが飲めるのはやはり魅力ですね」(戸賀編集長)

理想のコーヒーを、いつでも、手軽に味わえる。このコーヒーマシンは、満ち足りた時間を与えてくれる幸せの伝道師になっちゃうかも!?

「Gevi 4-in-1 スマートコーヒーメーカー」 
¥124,000(税込)

サイズ:W262×D254×H432(mm)重量:7,65kg
主な材質:アルミニウム合金
松坂屋名古屋店 本館6階 キッチン用品売場 にて取り扱い

撮影 杉田裕一
文 村上早苗

Facebook
Instagram
TOPTOP