複雑時計

Audemars Piguet(オーデマ ピゲ)
「ロイヤル オーク ミニッツリピーター スーパーソヌリ」

時計愛好家が“鳴り物”と呼ぶ、複雑時計でも別格の存在が「ミニッツリピーター」や「ソヌリ」という、音で時刻を知らせる機能を備えたモデルです。時計の中に組み込んだゴングをハンマーで叩いて、音で時刻を知らせます。その「音のお手本」になっているのが、スイスに滞在していると毎正時、耳を澄ますと聞こえてくる教会の鐘の音なのです。

オーデマ ピゲは懐中時計の時代からこの「時を音で知らせる」モデルを作り続けてきました。今回ご紹介する「ロイヤル オーク ミニッツリピーター スーパーソヌリ」はスイス連邦工科大学ローザンヌ校と共同で8年間もの時間をかけて開発され、2015年にコンセプトモデルとして登場し、翌年に製品化されたコレクションの最先端モデル。「ロイヤル オーク」にオーデマ ピゲ独自開発のスーパーソヌリのメカニズムと、ミニッツリピーターの機能を備えています。

複雑時計

最大の特長は、音響工学の専門家や音楽家も開発に参加して実現した、独自のケースサイズからは想像できない豊かで、しかも美しい音。弦楽器のボディのように、澄んだゴングの音を響かせる音響板やサウンドホールなど“スーパーソヌリ”テクノロジーを搭載しています。しかも見た目はまるで普通の自動巻きモデル。ケースの厚さも14mmと定番の「ロイヤル オーク」より数ミリしか変わりません。そのうえケースやブレスレットは軽量で音響特性にも優れたチタン製ですから、着け心地も軽快。

至高のメカニズムを搭載したモデルはドレススタイルに着ける時計としての筆頭。圧巻のオーラを醸し出してくれること間違いありません。「ロイヤル オーク」の中でもまさに別格、特別な存在です。しかしながら、製造工程の難しさもあり生産本数は限られている為、入手する事は限りなく困難なのです。

参考価格¥ 40,850,000(税込)
*価格は為替レートにより変動

SPEC
ケース径:42mm
ケース:チタン
ストラップ:チタン
ムーブメント:キャリバー2953(手巻き)
パワーリザーブ:約72時間
防水性:20m防水

●ミニッツリピーター、ソヌリとは?
ミニッツリピーターは、時刻を知りたいときに機構を作動させると、音で時刻を教えてくれるオンデマンド型。一方、ソヌリは時を知らせる教会の鐘のように、毎正時など決まった時刻になると、自動的に音で時刻を知らせてくれる機構。そしてソヌリにも、毎正時、15分、30分、45分、つまり15分ごとに鳴るグランソヌリと、毎正時と30分に鳴る、つまり30分ごとに鳴るプチソヌリがあります。

Audemars Piguet(オーデマ ピゲ)
https://www.audemarspiguet.com/com/ja

己を最大限に格上げする最上位機種を狙ってみませんか!? 名門ブランドの傑作複雑時計の魅力

【ヴァシュロン・コンスタンタン】旅好きにぴったりのラグスポ・コンプリケーション
https://j-prime.jp/archives/2440

【リシャール・ミル】“時計界のF1マシン”そのものの超絶クロノグラフ
https://j-prime.jp/archives/2441

【A. ランゲ&ゾーネ】伝説のデジタルクロックのスタイルを腕に
https://j-prime.jp/archives/2443

【ハリー・ウィンストン】オールディーズファンに贈る、遊び心たっぷりの複雑時計
https://j-prime.jp/archives/2442

文 時計ジャーナリスト 渋谷ヤスヒト


【関連記事】
ステンレススティールの歴史を変えたロイヤル オークの50年
ブランドの歴史と栄光を纏った復刻モデルが強い理由
時計愛好家もひれ伏す!ブランパンの頂点ダイバーズはトゥールビヨン搭載
1365万円のベル&ロスは、世界限定10本のメカニカルアート作品
脚長効果抜群でピタピタじゃない! シン・オヤジデニムの頃合いとは?
ターニングポイントは1988年! “初の自動巻き式ムーブメントの採用” 自動巻き「デイトナ」の系譜が知りたい!