リッチなオジサンの合言葉は
“一日一贅”

FASHION

敏腕スタイリスト櫻井賢之がリコメンドする

トレンド×クラシック×ラグジュアリーなリッチなオジサンのための逸品レザーアウター

2022.11.17

Facebook
Instagram
トレンド×クラシック×ラグジュアリーなリッチなオジサンのための逸品レザーアウター

自由にお出掛けができる環境も整って、近隣の観光地やドライブがてら巡る温泉トリップなど、様々な外出の機会が増えてきました。そこで欲しくなるのがお洒落をグッと引き立てるお出掛け用の上着です。今季もいろいろなアウターが各ブランドからリリースされていますが、ファッション業界の第一線で活躍するスタイリスト櫻井さんは、レザーのショートブルゾンこそ筆頭と語ります。

動きやすくしかも上品な光沢感で見られて安心

今多くの人が狙っている一着は、お出掛けシーズンに便利に着回せるアクティブなブルゾンです。ファブリック製も良いのですが、リッチなオジサンならではの持ち味を活かしてくれるのは、高級なツヤ感を放つ厳選のレザーメイドです。しかもこの時期はまだまだ温暖だったり、場合によっては車の運転などもするので、ミリタリー系などショート丈のものが断然使い勝手も良いのです。ただしレザーは一発でクオリティの高低が見て取れるもの。世界的なハイメゾンの高級品から選べば、どこに出掛けていっても恥かくことなどありません。
そんな一着をさらにセンス良く着こなすコツとして、櫻井さんはワントーン、もしくはツートーンのコーディネイトが正解だと付け加えます。

「レザー自体が強いアイテムなので色・柄まで多用すると、整理の付かないコーデになってしまいます。レザーアウターのカラーを軸に、同系色でまとめるのが失敗なく上品に見せるポイントです。また、素材感でバリエーションを付けるように心掛けるとよいでしょう。すべてが均一なワントーンだと平板な印象になりがちです。ツルッとした祖阿哀歓のものから起毛系の素材感のあるもので変化を付けて着こなすと、まとまり感ありながら奥行きと味わいのあるスタイルが完成します」

黒でまとめた気品あるワイルドスタイル

超高級スーツなどで知られるローマの名匠ブリオーニ。厳選の素材を使ってスーツを作るように、レザーブルゾンも高級素材をふんだんに使用しています。艶やかで官能的なソフトさを誇る革はナッパレザー。特にブリオーニのソレは、しなやかでソフトな厳選革材を使用しており重厚にして軽快な着心地。また、ミリタリー的なボンバースタイルはブリオーニの定番スタイルです。ブラックを選ぶことで力強くもモダンな色気ある印象となるのです。ウールカシミアのカーゴパンツを合わせて着こなせば、リッチにして男臭さも全開。都会的にしてワイルドなレザースタイルに仕上ります。

ブルゾン¥792,000、ニット¥293,700、パンツ¥154,000、バックパック¥495,000、ニットキャップ¥49,500、サングラス¥51,700、スカーフ¥63,800、グローブ¥101,200、ブーツ¥170,500/すべてブリオーニ / ブリオーニ クライアントサービス
*すべて税込

Brioni(ブリオーニ)
https://www.brioni.com
*外部サイトに移動します

タフさのなかに知性を感じさせるグレーの装い

制服的なフライトジャケットを思わせる一着は英国の老舗、ダンヒルの最新作。穏やかでノーブルなグレーカーフを使用しており、男らしさと同時に軽妙さを感じさせる仕上りです。非常にシンプルなジップブルゾンですが、胸にはダンヒルらしいライターモチーフのT型スライダー、そして袖にもポケットを配した個性的なディテールを搭載。ソフトな手触りのグレーセーター、温かみ溢れるグレーのダブルフェイスパンツと合わせれば、中庸なカラーとも相まって精悍にして知的で繊細なコーデが完成します。淡いグレーは独特の軽さがひとつのポイント。バッグやシューズを黒色にすることで、適度に引き締まった印象が作りだせるのです。

ジャケット¥503,800、ニット¥83,600、パンツ¥150,700、バックパック¥303,600、サングラス¥47,300、スカーフ¥57,200、ブーツ¥139,700/すべてダンヒル
*すべて税込

Dunhill(ダンヒル)
https://www.dunhill.com
*外部サイトに移動します

ツートーンで魅せる大人の甘辛ココーディネイト

アーティスティックなドレスシューズやバッグでリッチなオジサンから絶大な支持を得るベルルッティ。メゾンのお家芸と言える染色技法「パティーヌ」を加えたカーフレザーを用いたブルゾンは、極めてオーセンティックにして重厚かつゴージャス。ヴィンテージ風とも言える美しいムラ感が、装いに深味を添える一着です。ただしブラウンの場合はワントーンのコーディネイトだと、キレのないルックスになることも。セーターやパンツをブラックにすることで、甘×辛のバランスが絶妙なスタイリングとなるのです。こういった重厚な革ブルゾンを軽妙にこなすポイントとして、是非覚えておきたいスポーツ小物の導入法。リュックやスニーカー、ジョガータイプのパンツを選ぶことで、リッチにして若々しいルックスにアレンジできるのです。

ブルゾン¥962,500、ニット¥130,900、パンツ¥138,600、バッグ¥540,100、サングラス¥50,050、時計のストラップ¥67,650、シューズ¥181,500/すべてベルルッティ
*すべて税込

Berluti(ベルルッティ)
https://www.berluti.com
*外部サイトに移動します

スタイリスト
櫻井賢之

1971年、東京生まれ。ファッション誌編集部員を経て2001年よりフリーランスのスタイリストとして活動を始める。現在はレディスを含めメンズファッション誌から広告に加え、音楽や芸能シーンとマルチに活動の幅を広げている。クラシックからモードまでの幅広い知識から構築する、論理的かつ洗練されたスタイリングは特に高い評価を受けている。

撮影 杉田裕一
スタイリング 櫻井賢之
文 長谷川 剛

Facebook
Instagram
TOPTOP