ジャケット特集

いまやジャケット選びにおける筆頭となったニットジャケット。オンオフ兼用も可能とあって、すっかりオヤジのマストアイテムに。デザインの振り幅が広いのも特徴ですが、この春はさらに選択肢が豊富なようです。

テレワークに限らず、いまやオフィスでも当たり前の存在となったニットジャケット。80年代にジョルジオ・アルマーニ氏が提唱したソフトスーツから40年以上経ちますが、ここまでビジネスジャケットがソフトになるとは、いったい誰が想像したことでしょう。
ニットジャケットの魅力が軽さや伸縮性といった快適な着心地であることは言わずもがなですが、さらにデザインの振り幅が大きいことも見逃せません。それにより、ビジネス用、休日用、バカンス用と、様々なシーンで重宝。仕事、遊びにアクティブなオヤジたちほどその利便性から抜け出せなくなり、ジャケット選びの筆頭となったのも、納得です。クルマ移動の際にもシワなどを気にしなくてよいですしね。

ということで、今回はベーシック顔から遊び顔まで、幅広くピックアップ。いやはや、ひとくちにニットジャケットといっても、表情は実に様々。ニットジャケット人気はもはや定番化しているので、大人買いしても損はしませんけどね。

ただ軽やかで心地良いだけじゃ、満足しない人に

ジャケット特集

ポリエステル素材による軽くストレッチ性の高い着心地が魅力なのはもちろんのこと、それでいて単に快適に終始しないのが見どころ。遠目には無地に見えますが、実は編みによって全体にジオメトリックな柄があしらわれています。ベーシックなノッチドラペルを採用することで、イマドキなビジネスにも休日使いにも、なおかつパーティにも使える仕様です。さすが、軽い仕立てのスーツやジャケットにおける名手らしい一着。

EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)
¥151,800(税込)
https://www.armani.com/

ニットジャケットなら攻めた色も活用できる

ジャケット特集

正確にはハイパフォーマンス・ウールジャージーですが、その軽さとストレッチ性の高さは実に快適。クラシックとコンテンポラリーの融合をテーマにしただけあり、ジャケットのパターン自体は比較的ベーシックと言えますが、フェイクレイヤード&デタッチャブル仕様の中綿入りビブスやジップポケットなど、ディテールデザインにおいては遊びの効いた一手が随所に。朝晩まだまだ冷え込む今、ビジネストリップにも便利そうですよね。

ZEGNA(ゼニア)
¥521,400(税込)
https://www.zegna.com/

カーディガン感覚でリゾートシーンにも最適

ジャケット特集

マリンカラーのボーダーといえば、春夏の休日ジャケットにはもってこい。それもニットとなれば、なおさらです。素材はウールにコットンをブレンド。さらりとした肌触りに加えてざっくりとしたローゲージ編みにより、ジャケットというよりカーディガン感覚で着られる一着に仕上がっています。といっても、シルエットは細身なのでリラックス感が過ぎず、着姿はあくまで端然と。この辺りのバランス感は、さすがです。

ISAIA(イザイア)
¥231,000(税込)
https://isaia.jp

肩肘貼らない着こなしを上品に叶える一着

ジャケット特集

カーディガンと銘打つだけあり、ピュアコットンヤーンによるニット編みは実に軽やかでノンストレス。さらりとした肌触りに加え、メランジブルーにより見た目的にもリラックス感を匂わせてくれます。一方で、メタルボタンによるダブルブレスト仕様になっており、クラシックかつ品の良い顔つきに。ニットジャケットとしてシックなスタイルでも楽しめて、色落ちデニムと合わせてもカジュアルすぎる印象にはなりません。

BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ クチネリ)
¥198,000(税込)
www.brunellocucinelli.com

ビジネスも休日も、リアルに兼用できる秀逸編み

ジャケット特集

ラルディーニらしいクラシックとスポーティの絶妙バランス。ノッチドラペルを採用しビジネスにもマッチするベーシックなルックスに仕上げていながら、着心地はニットならではの軽さとストレッチ性、さらに通気性も備えます。リネン×ナイロン糸によるニット編みは、表面に微妙な凹凸が生まれる編み方に。それによりのっぺりとせず、表情豊かな顔つきに仕上げています。こんな一着なら、ある程度シリアスな場面もOK。

LARDINI(ラルディーニ)
¥132,000(税込)
https://toyodatrading.com/

モデル着用
ジャケット¥132,000、ラルディーニ、パンツ¥40,700/ブリリア 1949
トヨダトレーディング プレスルーム
https://toyodatrading.com/

Tシャツ¥18,700/エストネーション
エストネーション
https://www.estnation.co.jp/

モデル 加藤章太郎
撮影 杉田裕一
スタイリング 鈴木 肇
ヘア&メイク 米尾太一
文 安岡将文
編集 藤倉大輔


【関連記事】
ベルルッティの名作は足元からオヤジに色気を漂わせる!
もはやオヤジのマストアイテム! メゾンの “ロゴドン”Tシャツ
脚長効果抜群でピタピタじゃない! シン・オヤジデニムの頃合いとは?
モードなゴルフスタイルをリッチに格上げする、オブシディアンの春夏アイテム