アクア ディ パルマ

ニューリッチなオヤジにとってクルマはただの移動手段ではありません。ゴルフに行く際に仲間を乗せたり、女性をエスコートすることを考えると、応接室に匹敵する空間と言っても過言ではないはず。人を招くときのエチケットとして、車内の香りにはこだわりたいもの。もちろん、自分の気分を高めるためにも車内を良い香りで満たしておくことは不可欠です。

クルマの目立つところに置くわけですから、見た目も重要。レザーシートにプラスチック容器のカーフレグランスなんて無粋ですよね。

心地よい香りと洗練された見た目を両立しているのが、イタリア発のフレグランスブランド・アクア ディ パルマと、同じくイタリアを代表する家具ブランド・ポルトローナ・フラウがコラボしたラグジュアリーなカーディフューザーというわけです。

Made in Italyらしい洗練されたデザイン

特徴的なのがそのデザイン。アールを描いた円形のレザーパーツが2つ重なり、その内側にはフレグランスのリフィルが収納できるようになっています。レザーにはアクア ディ パルマとポルトローナ・フラウのロゴが刻印され、シンプルでムダのないデザインながら、老舗ブランドならではの重厚感がしっかりあります。ポルトローナ・フラウ独自の高級革「Pell Frau®」を使っているので、レザーシートとの相性もバッチリ。

本体カラーは、アクア ディ パルマのアイコンカラーである明るいイエロー、シックなダークグレー、おしゃれ度が高いブラウンの3色展開。クルマの内装に合わせてもいいし、明るめの色をアクセントとして差し込んでもオシャレだと思います。

アクア ディ パルマ

シーンやその日の気分で香りをチェンジするのも面白い!

アクア ディ パルマ

気になる香りはリフィル式の9種類がラインナップ。アクア ディ パルマのホームコレクションでも人気のルーチェ ディ コロニアやボンジョールノなどの香りの他、アランチャ(カプリ島)、フィーコ(アマルフィ)、ミルト(パナレーア島)など、イタリアの美しい景色を思い出させる香りがそろっています。

自宅で愛用しているものと同じ香りを車内でも楽しめるのはポイントが高いですよね。もちろん、ドライブ中は自宅とは違う香りを楽しみたいという要望にも応えてくれます。簡単にカートリッジを交換できるため、その日の気分で香りを変えてもいいですし、助手席に乗せる人のキャラクターに合わせて香りを変えてみても面白いかもしれません。

取り付けと操作はとてもシンプル

使い方はとてもシンプルで簡単。ディフューザー本体には磁石が装着されているため、エアコンの吹き出し口に簡単に取り付けられます。カーソルをオンにしてクルマのエアコンを作動させれば、ディフューザーの吹き出し口にあるサーキュレーション機能によって、送風とともに香りが車内に広がります。これなら、必要ないときにすぐに取り外せるし、どんな車種にも対応しそう。

このカーディフューザーの香りと一緒に熱海をドライブすれば、そこはもうアマルフィ。河口湖畔を走れば、気分はコモ湖を眺めながら運転している気分に。海外旅行を気軽に楽しめないこのご時世、香りとともにドライブに出かけてみるのも一興かもしれません。

アクア ディ パルマ カーディフューザー(本体+香りカートリッジ)各¥25,850
本体 イエロー/ダークグレー/ブラウン各¥18,150
香りカートリッジ(9種類)各¥7,700
*すべて税込

GINZA SIX アクア ディ パルマ旗艦店、ポルトローナ・フラウ東京青山・大阪にて発売

アクア ディ パルマ
https://acquadiparma.jp/


【関連記事】
バスルームをリッチに演出する、モルトンブラウンの新作をシェア使い
ルイ・ヴィトン×バカラの目と心を奪われる極上フレグランス
パートナーが喜ぶことも間違いなし! ニューリッチの美容はコスメの王様ブランドで