リッチなオジサンの合言葉は
“一日一贅”

CAR

Mercedes-AMG C63 S Eパフォーマンスがデビュー

あのメルセデスAMGの名車「C63」が大変革してデビュー!

2022.09.21

Facebook
Instagram
あのメルセデスAMGの名車「C63」が大変革してデビュー!

クルマ好きならご存知のメルセデスAMG C63。そう、コンパクトボディのCクラスにデカいエンジンを詰め込んだ、バカっ速なヤツです。その新型がデビューしたんですが、どうやら今度のはたった4気筒で、しかも新たな電動化技術の「Eパフォーマンス」を搭載しているようです。

2リットル直列4気筒ターボ+ハイブリッドで680PS!

富と名声の証として、世界中の富裕層から大人気のメルセデス・ベンツ。それに「AMG」のバッジが付くと、富裕層の中でもスポーツ派のクルマ好きの垂涎の的となります。 さて、この度そのメルセデスAMGから高性能コンパクトセダン、C63のNEWモデルが発表されました。そもそもC63っていうのはCクラスにデカいエンジン(もともとは6.2リットルのV8なエンジンを搭載。が、新たな時代に合わせて5.5リットル・ツインターボ、そして4リットル・ツインターボへとダウンサイジング)を積み、500PSオーバーは当たり前のバカっ速なモデルなんですが、新しいC63はパワートレーンが大幅に変わっているんです。
なにしろ今回のC63のエンジンはたった1991ccの直列4気筒ですから! それをF1直系のパフォーマンス指向の電動テクノロジー「Eパフォーマンス」を搭載することによって(どうやらターボチャージャーを電気モーターによってアシストするみたい)、システム出力680ps、システムトルク104.0kgmを発揮。それをAMGパフォーマンス4マティックと呼ばれる4WDシステムとAMGスピードシフトMCT9Gによって4輪に伝え、0-100km/h加速は3.4秒というパフォーマンスを実現! 

Cクラスの狭い(?)エンジンルームに、デカくて高性能なエンジンを搭載してきたC63。今回は2リットル直列4気筒エンジンなので、エンジンルームもどことなく余裕がある感じ。

このまったく新しいパワートレーンはそうした数値以上に、電気モーターならではの低回転域から発生する強大なトルクと、内燃機関をはるかに凌ぐシャープなレスポンスが魅力です。しかもモーターとバッテリーをリアに搭載したことによる理想的な重量配分と、4WS(四輪操舵)装備による低速域での小回り性と高速スタビリティーの改善で、C63 S Eパフォーマンスはすこぶる速い車に仕上がっています。
しかもこのメルセデスAMG C63 S Eパフォーマンスは紛れもなく「4ドア・セダン」ですから、2シーター・スポーツカーと違ってリアシートには大人2人が座れますし、トランクに荷物を積むこともできます。そのうえ元々はCクラスですから(多少フェンダーが広がったとはいえ)取り回しは楽々! ラグジュアリーなSUVと違って、狭い路地や駐車場に臆することなく、家族の送迎や街中ショッピングにガシガシ使えちゃうんです。なんなら奥様やお嬢様が運転したって構いません。
さらに戸賀編集長は「ゴルフにも最適なクルマですね」と明言しています。「行きはラウンド前でテンションが上がっていますから、680PSを駆使してイケイケでコースまで走り、18ホール回って疲れた帰りはハイブリッドモードでまったりと走ればいい。そういう“ジキルとハイド”的な走りができます」と説明。また、「見た目はちょっと過激なCクラスなので、格式高いコースのメンバーの目を気にしないでいいですから」とも!

ボンネットの2本のパワードームがC63の象徴。そして控えめなブリスターフェンダーとワイドタイヤが、精悍さをさりげなく主張しています。

かように、全方位的にリッチなオジサンの煩悩を刺激するメルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス。同じメルセデスAMGの「新型デビュー間近のSクラス」と「モデル末期のEクラス」に先駆けてデビューした“最も新しいAMG”だということもあって興味深い1台と言えます。ですからJ PRIMEとしては、すでにスーパースポーツカーやラグジュアリーSUVをお乗りの方々に「セカンドカー」としてお薦めしたいのです。

メルセデスAMG
https://www.mercedes-benz.co.jp/
※外部サイトに移動します

文 J PRIME編集部
Facebook
Instagram
TOPTOP