モンブラン

書くことが特別なこととなった今、万年筆の魅力を再認識している人が増えているとか。結局、良いモノは時代が変わっても良い。モンブランは、それを万年筆だけでなくレザーグッズによっても証明してくれています。

ラグジュアリーでカッコ良く使いやすい万能選手の登場

1906年創業という歴史から見れば、2006年に世界屈指のレザー産地であるイタリアの自社工房で本格的に製造を始めたレザーグッズコレクションは極最近のように感じます。しかし、世界屈指のレザー産地であるイタリアのフィレンツェに自社工房を構え、筆記具同様に伝統と最新の技術を駆使し作り上げるその製品は、もはや専業ブランドを凌ぐほどのクオリティ。かつては、正統派というか王道というか、オーセンティックだった同ブランドのレザーコレクション。ですが、昨今はあくまで実直という姿勢は崩さず、トレンディなデザインも積極的取り入れファッション性まで獲得しているのです。今回ご紹介するのは、まさにそんな十種競技の選手のような万能シリーズ。

新作のエクストリーム3.0と共に、同ブランドのレザーコレクションにおける最高峰であるマイスターシュテュック。そしてエッジの効いたシルエットとデザインが目を惹くマイスターシュテュック セレクション ソフト。さらにモンブランの氷河に着想を得たマイスターシュテュック セレクション グレイシャーも見逃せません。それぞれ趣向は異なれど、共通するのは品質と使い勝手、それにデザイン要素の両立です。今回はカジュアル使いを主に想定しピックしましたが、ビジネスから高級なレストランデートまで、“競技”を選ばずガンガン使えるものばかり。そう、どんなシーンでも連戦連勝してしまうハイスペック・レザー・アスリート。それが今のモンブランなのです。

クラッチバッグ¥104,500、ジャケット¥74,800、パンツ¥36,300、ともにチルコロ 1901/トヨダトレーディング プレスルームhttps://toyodatrading.com/ *すべて税込

これぞ大人ストリートなレザーグッズの決定版!

モンブラン

まさしく満を持してといったところでしょうか。これまでクラシックやトラディショナルなイメージが強かったモンブランのレザーグッズ。ですが、今年登場した新作のエクストリーム3.0コレクションは、イマドキなストリート感を品良くにじませます。
このエンベロップ M ロック4810バックル付きにおいては、使いやすいサコッシュサイズに加えメタル製のバックルという組み合わせが実にハイパーモダン。エンボス加工のフルグレインレザーと相まって、クラシック×ストリートを絶妙な塩梅で成立させています。W31×H17×D6cm。¥133,100(税込)

むしろ小さいほどにモンブラン エンブレムの威光アリ

モンブラン
モンブラン

左が氷河(英語=Glacier )を思い起こさせるプリントが特徴となる、マイスターシュテュック セレクション グレイシャー。右がマイスターシュテュック。共にジップ式ポケットを採用し、コンパクトながら爽やかなブルーが夏のレザーグッズとして打ってつけの仕上がりです。ともすれば服装に埋もれがちなスモールレザーですが、お馴染みのモンブラン エンブレムがしっかりクラス感をアピールしてくれます。共にW8.5×H13.5×D5cm。カード&小銭入れ(ブルー)¥34,100、 (ブラック×ブルー)¥37,400(税込)

白Tシャツに効かせたい鮮やかマリンカラー

モンブラン

スムースカーフを採用するマイスターシュテュックに属するラゲッジタグ。折り紙のように重ね合わせたスリットデザインは、ブルー×ホワイトのマリンカラーと相まって、もはやアクセサリー的な顔つきに。ネックレスとして使いたくなるほどに洒落ています。ココでも同社のアイコンであるモンブラン エンブレムがアクセントとして効きまくり!W7×H12.7cm。ラゲッジタグ¥22,550(税込)

ベーシックなようで、モダンに随所をアップデート

モンブラン
モンブラン

コーナーをバッサリ切り落とした辺りに、マイスターシュテュック セレクション ソフトらしさが現れた2つ折りのウォレット。素材は柔らかく傷つきにくいフルグレインカーフ。コイン入れを排したイマドキなポケット構成に加え、背面のアイレットに引っ掛けられるフック付きと、ストリートな要素もミックス。W11.5×H9.5×D2cm。二つ折り財布¥53,900(税込)

夏には白の筆記具を差すというリッチなオジサン流の色使い

モンブラン

モンブランの山の氷河に着想を得た、マイスターシュテュック グレイシャー クラシック 万年筆。レザーグッズではプリントにて“氷河”を表現しましたが、ボールペンではホワイトとアイスブルーというカラーリングで表現しています。重厚な印象のブラック×ゴールドに対して、かなり快活で涼しげな印象に。季節感を筆記具に込めて見せるなんて、オトナならではの余裕です。万年筆¥86,900(税込) ニット¥42,900(税込)グランサッソ/エスディーアイ https://floens.jp/

Montblanc(モンブラン)
https://www.montblanc.com

モデル 加藤章太郎
撮影 杉田裕一
スタイリング 鈴木肇
ヘア&メイク 米尾太一
文 安岡将文


【関連記事】
驚きの作りを実現しているフォッペのブレスは、365日纏えて重ね着けにも相性抜群!
夏にモテるリッチなオジサンは、“白”使いがタクミなんです
スタイリスト櫻井賢之氏の解説あり! リッチなオジサンがモダンに映えるドルチェ&ガッバーナ使い
脚を見せてもリッチを崩すな!ラグスポ×ローファーがリッチなオジサンの短パンのお供
トレンド×クラシック×ラグジュアリーなオヤジのポロシャツ見本