LV限定アイテム
(画像=©LOUIS VUITTON )

3月19日(土)に移転オープンする「ルイ・ヴィトン 神戸店」。ラグジュアリー好きのオヤジたちを魅了するであろうスポットとして、オープン前から多くの注目を集めています。

店舗の詳細はこちらの記事から
https://j-prime.jp/archives/2398

3フロアにわたる開放感ある店内には、トラベルラゲージをはじめ、バッグや小物、ウィメンズ&メンズのプレタポルテとシューズ、ウィッチ&ファインジュエリー、フレグランスまでも揃う魅惑的なラインナップ。メゾンの世界観を存分に楽しめる内容で、目の肥えたオヤジたちを唸らせる充実っぷりなのです。

そして注目すべきは、オープンを記念して登場する限定&先行販売アイテムの多さ。“限定”という言葉に弱いミーハーの物欲が否応なしに刺激されそうです。

オヤジのカジュアルをモードに格上げするピーコート

LV限定アイテム
(画像=©LOUIS VUITTON)

限定アイテムの中でも最も注目したいのが、ブラックで統一した都会的なメンズのピーコート。春先にも活躍必至なショート丈で、モードかつ上品な雰囲気で纏える一着です。
シンプルで使いやすいデザインながら、フロントにはフックのディテール、左腕にはLVのイニシャルがエンボス加工されていたりと、さりげなく主張ができることもポイントです。日本では神戸店でしか買えないというプレミア感も、ミーハー心を満たしてくれるポイントでしょう。
ピーコート「スプリング カプセル コレクション カラコラム ピーコート」¥449,000(税込)

LV限定アイテム
(画像=©LOUIS VUITTON)

自分用だけでなく、贈り物にも使える限定アイテムの数々

LV限定アイテム
(画像=©LOUIS VUITTON)

そして大切なパートナーに贈りたい限定アイテムも充実。オープンを記念して神戸店にて70本限定で発売されるレディースウォッチは、アイコニックなモノグラム・パターンを施した薄型ウォッチ「タンブール・スリム」をベースに、文字盤に六甲山からの夜景を施し、ポートタワーからインスピレーションを得た赤いLVイニシャルがあしらわれたロマンティックなデザイン。そしてケース裏には“KOBE LIMITED”と刻印され、スペシャル感溢れる一本に仕上がっています。
「タンブール スリムPM神戸限定」 ¥502,200(税込)※ストラップにより価格が異なります

LV限定アイテム
(画像=©LOUIS VUITTON)
LV限定アイテム
(画像=©LOUIS VUITTON)

時計も喜ばれるアイテムですが、やっぱり贈り物の定番はバッグ。いくつ持っていても、最新バッグにアップデートしたがるのが女性というもの。そんなトレンドに敏感な女性に贈るなら、4月1日(金)の世界発売に先駆けて神戸店にて先行発売される新作バッグ「カプシーヌ BB」と「カブシーヌ MINI」がお薦めです。
トリヨンレザー、パテントレザー、スムースレザーと、質感、色、光沢感の異なるレザーを組み合わせ、ジェラートのカラーとシェイプを再現した爽やかで夏らしい雰囲気に仕上がっています。シンプルになりがちな春夏シーズンのコーディネートのポイントになってくれそう。
上/「カプシーヌ BB」¥847,000(税込)
下/「カプシーヌ MINI」¥770,000(税込)

LV限定アイテム
(画像=©LOUIS VUITTON)
LV限定アイテム
(画像=©LOUIS VUITTON)
LV限定アイテム
(画像=©LOUIS VUITTON)

その他、世界で神戸店でしか買えないコットン素材のハイネックドレスや、国内では神戸店でしか取り扱いがないカーフレザー素材のサンダルとシルク素材のショールなど、気になるアイテムが目白押し!

ドレス「ハイネックドレス」¥415,800(税込)
サンダル「クロワジェール」¥117,700(税込)
ショール「ショール・モノグラムLVナウ」¥104,500(税込)

新幹線に乗ってでも訪れたいルイ・ヴィトンの最新ショップ。オープン日にはパートナーと一緒に訪れて、スペシャルなショッピング体験を味わってみてはいかがでしょう。ただし、おねだりされること必至なので、覚悟のうえで向かいましょう!

2022年3月19日(土)オープン
住所:兵庫県神戸市中央区明石町44
時間:11:00〜20:00
定休日:不定休

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)
https://jp.louisvuitton.com/

文 水浦裕美


【関連記事】
運気アップ!? ルイ・ヴィトンのトラアイテムで2022年が飛躍の年になる予感
春バッグ候補の筆頭株! ベルルッティ史上、最高マッチングカラー
ミディアムサイズSUVのV8エンジン搭載モデル! “ジャガーらしくない”特別仕様車がその気にさせます!