パテック フィリップ

今回は、パテック フィリップの「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム5524」モデルと、同ブランドの著名なワールドタイムを搭載した女性のためのモデル「7130」を用いた究極のペアウォッチをご提案。

名作が放つオーラは尋常ではなく、格式ある時計を着けることでクライアントなどお客様への敬意をも現せるのです。それができる稀有な時計がパテック フィリップ。また、ヨーロッパのホテルでは上客かどうかは、腕時計と靴で見分けると言います。海外旅行時のチェックインの際、夫婦お揃いでパテック フィリップの時差調整機能を備えたモデル着用ときたら、それこそ“粋の極み”。まさに理想の夫婦(袖口番)といった感じです。いつかは実践したみたい、そんな憧れをニューリッチに抱かせてくれます。

パテック フィリップの歴史的アヴィエーター・ウォッチへのオマージュ

パテック フィリップ

294個の部品から構成される「キャリバー324 S C FUS」を内に秘めた文字盤は、パイロット・ウォッチに多用されるブラックではなく、1930年代の米軍戦闘機を連想させる、エレガントなニス塗装のブルー。
スーパールミノヴァ夜光付の大型ホワイトゴールド植字アラビア数字とスチール製バトン型時・分針が現地時刻を昼も夜も最高の視認性で表示します。すべてのトラベルタイム・モデル同様、出発地時刻を表示するスケルトン時針は、謹み深く裏方に。異なったタイムゾーンを表示する必要のない時は、スケルトン時針は完全に通常の時針の下に隠れる。3時位置 (出発地)と9時位置(現地)の昼夜表示窓が、それぞれのタイムゾーンが現在昼か夜かを表示します。

まったく新しい6時位置の日付表示サブダイヤルは、初めて日付を3日おきに数字で示しており、シンプルでしかも読みやすい表示となっています。カラトラバ・パイロット・トラベルタイム5524モデルのピュアでクラシックな外観は、大型のホワイトゴールド仕様カラトラバ・ケース(ケース径42 mm)によってさらに強調。

リュウズ、および8時位置(前進)と10時位置(後退)の2個の現地時刻調整プッシュボタンには刻みが入り、精密計器にふさわしい操作性とテクニカルなタッチを誇っています。またプッシュボタンは特許登録のセキュリティー・システムを備えており、誤って現地時刻を変更してしまう危険もありません。
操作の前に、まずプッシュボタンを1/4回転させてロックを解除する(刻みが入っているため操作は容易)。操作が終わったら再び1/4回転させてロック。安全を第一に考えた設計は、このタイムピースのスタイルと完璧にマッチしています。ブルーの文字盤、ホワイトゴールドのケース、デュアル・タイムゾーンの時刻表示などの重要なディテールが、このタイムピースを独自性溢れるものにしています。純粋にテクニカルな要素とコンテンポラリーなエレガンスのいずれにも妥協することなく、この両者を完璧なハーモニーの下に融合することにパテック フィリップは成功したのです。

パテック フィリップ

PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)
「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム 5524モデル」
¥6,182,000(税込)

SPEC
ケース:ホワイトゴールド
ムーブメント:キャリバー324 S C FUS(自動巻き)防水性:6気圧防水
ケース径:42㎜

著名なワールドタイムを搭載した女性のためのモデル

パテック フィリップ

2011年に発表された「7130」モデルは、パテック フィリップの著名なワールドタイムを搭載した女性のためのモデル。ベゼルにダイヤモンドをセッティングしたローズゴールドケースと手仕上げギヨシェ装飾のアイボリー・オパーリン文字盤のニューバージョンは、世界に飛翔するあなたを魅了することでしょう。都市リングは、タイムゾーンの新しい公式表記を採用しています。

PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)
「ワールドタイム 7130」
6,457,000(税込み)

SPECケース:ローズゴールド
ムーブメント:キャリバー240 HU(自動巻き)
防水性:3気圧防水
ケース径:36㎜

自分だけでなく、パートナーの手首も格上げできるオヤジは、やはり周囲の目にはかっこよく写るもの。アクセなどのシェア使いをすることも二人のコミュニケーションですが、最高峰のペア使いも愛を深めるきっかけになるはずですよ。

パテック フィリップ
https://www.patek.com/ja/


【関連記事】
名作時計 〜オヤジの憧憬〜ジャガー・ルクルト「レベルソ」
即“買えない時計”化すること必至! パテック フィリップ怒涛の新作グリーンラッシュ
王者「ロイヤル オーク」に続く! オーデマ ピゲの次なるラグスポウォッチに最高峰モデルが!