SHARI赤坂

“東京の夜”を知り尽くしたラグジュアリーなオトコたちの間では、銀座に次ぐ大人の街として「赤坂」が人気急騰中! その赤坂にまたひとつ、話題のデートスポットができました。懐石料理と鉄板焼き…二刀流の美味が楽しめる“大人の隠れ家レストラン”『SHARI(シャリ)赤坂』を紹介します。

ミシュラン店より寛げるラグジュアリーさが魅力!

リッチなオジサンは、ミシュラン二つ星〜三つ星のお店のひとつやふたつはご存知のはずでしょう。でも、そういうお店って「予約が難しいし、そんなにしょっちゅう行けるもんじゃない」ということもあって、おのずと仕事での接待になりがち。「もっと気軽に美味しい料理を楽しみたい! なんなら家族と一緒に行きたい」と悩んでいるグルメ・オジサンは少なくないでしょう。
そんな貴兄にJ PRIMEが自信を持ってお薦めしたいのが、この春にオープンしたばかりのレストラン『SHARI赤坂』です。場所は…その名のとおり…六本木の華やかさと銀座の高級感、そして麻布のしっとりさをミックスした街、赤坂です。それもスノッブなホテル「COCOSHUKU赤坂Premium」の地下という、まさに隠れ家的な立地条件ですから、しっとりと落ち着いて夜のひとときを過ごすことができます。

SHARI赤坂

店内も“お忍び感”プンプンです! 照明を落とした優しい灯りの中に広がるグレー基調のシックなフロアには、懐石料理を提供するカウンターと個室、そして内奥には鉄板焼き専用スペースがあります。なので、夫婦や家族の記念日や気の合う友人とのパーティ、あるいはゴルフコンペで知り合ったばかりのゴルフ女子とのデートといった具合に、同席する人や目的に合わせて自在に席と料理を選ぶことができるのです。
そして料理が「懐石料理」と「鉄板焼き」というのが、ニューリッチなオジサンには嬉しいでしょ!! なんたってこの2つは、美味や作法を知り尽くした大人のオトコにしか満喫できないメニューですから。その2つを1つのお店で選べちゃうってことは、グルメ・オジサンには涙が止まりません! どちらも良いのですが、J PRIMEとしては鉄板焼きをイチ押ししたいですな。海鮮や肉を焼くシェフの手さばきを眺めつつ、ワインや食材の薀蓄を少し語ったり(あくまでもほんの少しだけですよ。オヤジの薀蓄を嫌う女子は少なくないですからね)、時にはシェフと料理について会話したり…で、焼きあがった料理を食べたら臆面もなく「美味しい!」と称賛!!…といったスマートな立ち居振る舞いこそ、鉄板焼きの醍醐味であり、それを楽しむことが大人のオトコの真骨頂なのです。また、こういう楽しみ方って、仕事の接待で行ったミシュラン三つ星のお店ではできませんからね。
鉄板焼きと懐石料理のコースは¥9,900(税込)、¥13,200(税込)、¥16,500(税込)の3種類を用意(※サービス料はカウンターがお食事代の10%で、個室が15%です)。いずれも旬な食材をシェフが確かな技巧を凝らした絶品メニューですから、至高の味に舌鼓を打ちつつ、極上の赤坂の夜をお過ごしくださいませ。

SHARI赤坂
SHARI赤坂
(画像=鉄板焼きは和牛のフィレ肉のステーキ(写真)をメインに、季節の野菜(写真)やフォアグラの茶碗蒸しや、旬の魚のお造り、イセエビとアワビの活け造りなどをコースに組み入れています。)
SHARI赤坂
SHARI赤坂
(画像=懐石料理では天然にこだわった旬の魚を使い、シェフが確かな技法で調理しながらサプライズ感のある料理を提供。例えばお造りには山ワサビと西洋ワサビで添えたり、あるいは天然ウナギの蒲焼きにイタリア・トスカーナ産の黒トリュフを削り合わせたりといった一工夫が魅力です。写真は四万十産鮎の釜炊きご飯と牡丹鱧の椀。)

SHARI赤坂
☎︎03-6441-3444
https://shari-the-tokyo.jp/akasaka/


【関連記事】
ブランド最高峰「USHIGORO S. SHINJUKU」が新宿にオープン
実は好相性! 日本酒を引き立てる名店の“ご飯のお供”
港区最強コスパの一流寿司屋「すし処 美波」
11月15日:ウニバーサルスタジオジャパン「鮨 尚充」
エンジンとボディの“付加価値”によって、世界中の高性能スポーツカーに変革をもたらした2代目911〈930型〉