鎌倉古今

コロナ禍の“非常事態”がいくらか落ち着きを見せたとはいえ、この冬はまだまだ予断を許さない日々が続いております。そんな時は都心からすぐの所にある極上の宿で、心も身体も癒してはいかがでしょうか。「鎌倉古今」が提供するとっておきの“お・も・て・な・し”なら、ラグジュアリーな旅に慣れたニューリッチなオヤジも大満足でしょう! そしてその冬メニューに舌鼓を打ちに行きませんか?

二組限定ならでは! プライベート&プレミアムな週末

人はなぜ旅に出かけるのでしょう?
「新しい出会いがある」「視野が広がる」「新しい自分を発見できる」といった答えを耳にしますが…(そういえば“自分探し”のために、世界各地を回った元サッカー選手がいましたっけ!?)…やはり「忙しない日々を忘れ、心身をリラックスさせる」というのが、一番の目的なんじゃないでしょうか。
コロナ禍が完全終息を見せていないこの御時世では、海外旅行はハードルが高いのは致し方ありません。かと言って…どこかの大金持ちみたいに宇宙に出かけるわけにもいかないでしょう…。
そこでお薦めなのが、都心からすぐの所にある“知る人ぞ知る”極上の宿、「鎌倉古今」です。

鎌倉古今
鎌倉古今
(画像=部屋は「古今メゾネットスイート101号室(88m2)」と「蔵メゾネットスイート102号室(82m2)」の二つ。どちらも和と洋が絶妙に融合した非常に快適なスペースです。)

「鎌倉古今」は鎌倉の中心地から少し離れた、由緒ある邸宅地の一角に佇むオーベルジュスタイルの宿です。安政2年(1855年)に建てられた古民家をフルリノベーションした建物は、しっとりと落ち着き、周りの美しい樹々や花とともにゲストを迎えます。ただし、ゲストは一晩二組限定! 80平米を超える贅沢なスイートルーム2室とモダンなイタリアンレストランが、プレミアムな二組のお客様を待っているのです。だからこそ、誰かと遭遇する可能性も限りなくゼロに近く、真のプライベート空間でゆっくりとできることでしょう!

広々としたスイートルームは洗練されたインテリアで和と洋が共存するリビング、畳で足を伸ばして休むことができるお座敷の間、静かで快眠を約束する寝室。

鎌倉古今
鎌倉古今
(画像=ベッドルームはメゾネットスイートの2階。最高の眠りを提供するエアウィーブ社の寝具が、深く快適な睡眠を約束します。)

それだけでなく、女性も喜ぶこと間違いなしの健康と美容に効果絶大の極上のマイクロバブルバスも設置されています。ただ心地よいというだけでなく、美容への配慮など、気使いも感じられるラグジュアリーな空間であることは間違いありません。

また、ライブ感溢れるカウンターが特徴の「Restaurant Cocon」では、鎌倉野菜や相模湾の海鮮などを中心としたモダンイタリアン料理を堪能できます。さらに、専属ホテルコンシェルジュのフルサポートによって、滞在中に鎌倉ならではのアクティビティを楽しむことだって。

鎌倉古今
鎌倉古今
((画像=ミルクのような微細な泡が身体を包み込んで血液を促進するマイクロバブルバス。カウンター席のレストランではゆっくりと会話を楽しみながら、シェフの自慢の料理を堪能できます。))

こうして鎌倉古今での贅沢な「食」「寝」「浴」に加え、日本が世界に誇る観光地の「遊」を満喫したならば、心も身体も解き放たれ、元気いっぱいでまた仕事と私事に打ち込めるでしょう。冴ゆる冬の週末、ぜひ鎌倉でリフレッシュしてみては。

相模湾の新鮮な魚介類を中心としたイタリアンも、至福の一時を格上げする

コロナ禍によって自粛が強いられ、いろいろとストレスが溜まっているかと思います。そのストレスを解放するには、人が誰しも持っている“欲求”を解放してやればいいのです。特に「食欲」を満たすことがストレスを軽減する…と、人間生理学的にも心理学的にも証明されています。

そこで、鎌倉古今が提供する冬メニューを堪能し、コロナ禍や仕事のストレスを解放してはいかがでしょうか。オープンキッチンを間近で見ることができるカウンター席タイプの「Restaurant Cocon」では、シェフはカウンター越しに個々のお好みやご要望に対応して料理を出してくれるのです。その料理とはシェフが厳選した鎌倉野菜や、相模湾の新鮮な魚介類を中心としTA個性的なモダンイタリアンです。

前菜〜パスタ〜メインディッシュ〜デザートに到るまで、旬の食材を生かして名シェフが腕をふるった絶品料理ばかり! 官能的ですらある“美味”によって、心が解放されるのは間違いありません。

鎌倉古今

「寒鮃と大根」と「玉葱」のアンティパスト、「海の幸と黒甘藍」のパスタ、「湘南みやじ豚と蜜柑」のメインディッシュ、それにデザートなどが付く『メニュー古今(¥9,350/平日ランチ¥6,060)』。メインディッシュが「知多和牛と蕪」に代わる『メニュー古今 アップB(¥11,000/平日¥8,800)』。

鎌倉古今

「しらこ焼き」と「寒鮃と大根」と「玉葱」のアンティパスト、「寒鰆と白菜」のフルッティディマーレ、「牡蠣と春菊」のパスタ、「知多和牛と蕪」のメインディッシュにデザートなどが付く『ザ・グランドメニュー(¥13,200/平日ランチ¥11,000)』。

鎌倉古今

鎌倉古今
神奈川県鎌倉市二階堂836
☎︎0467-81-4435
料金:朝食付きプラン¥45,100〜(税込)、夕食付きプラン¥58,300〜(税込)、ドン・ペリニヨン付きプラン¥69,300〜(税込)。※2名様利用時の1名様料金です(サービス料は頂戴していません)。※季節によりお得なプランも用意しています。
https://www.kamakura-cocon.jp


【関連記事】
天空から伊勢神宮を参拝! ヘリコプター×「アマネム」で叶える “非密のランデブー”
仕事も、遊びも、冬旅も! ニットジャケットがあればオールOK
実は好相性! 日本酒を引き立てる名店の“ご飯のお供”