パネライ

パネライの魅力は何よりも、イタリア海軍・潜水特殊部隊の作戦用ダイバーズウォッチとして誕生し、その要求を満たすために生まれた、ダイバーズの中でも特別なデザイン、スタイルを備えていることでしょう。目にしただけで、すぐにパネライとわかります。

パネライのケースの基本形は、ダイバーズウォッチには珍しいクッション型。つまり4つある正方形の辺が直線ではなく、ふくらみのある曲線になっていて、縦横どちらかが長く、角がとがっている角型ケースよりも優美で柔らかな印象があります。つまり、円と正方形の幾何学的な美しさを兼ね備えたかたち、と言ってもいいでしょう。

これは1920年代から40年代にかけて流行したシンプルで直線的な「アール・デコ」スタイルと、19世紀末から20世紀初頭にかけて流行した「アール・ヌーヴォー」スタイルのミックス。実際、腕時計では1910年代から30年代に、このクッション型の時計がさまざまなブランドから誕生しています。

そのためか、着けてみると、1930年代に誕生した初代「ラジオミール」を含め、ヘビーデューティーなミッションウォッチでありながら、どこか優美で温かみが。これがパネライ人気の隠れた秘密かもしれません。

なかでも、特に人気が高いのは1950年代に誕生した、サテン仕上げのクッションケース、頑丈なラグ、ポリッシュ仕上げのベゼル、リュウズを固定し防水性の確保にも大きく貢献するレバー式のリュウズプロテクターを備えた「ルミノール」コレクションです。

小ぶりなフォルムが斬新に写る新作時計

そして今回ご紹介する「ルミノール マリーナ クアランタ」は、その歴史に連なる、パネライらしさとクールな機能美を兼ね備えた最新モデル。「クアランタ(quaranta)」はイタリア語で40を意味する言葉なので、このモデルはつまり直径40㎜サイズ、ということ。「ルミノール」では44㎜以上のモデルが一般的ですからそれよりも、ふたまわりも小さいのです。

パネライは日本での販売開始以降、当時のメンズウォッチでの流行でもあった「デカ厚(ケースが大きくて厚い)」時計の代名詞であり、そのイメージが世界的に広く浸透しました。それだけに「パネライ=男の時計」だとお考えの方も多いと思います。

しかし1997年に現リシュモン・グループ傘下となり、ジュネーブの時計フェアに出展した当時も今も、海外では男女を問わず人気がありました。優美でスポーティで歴史の香りもするこの「ルミノール」のスタイルが好まれているのです。そして、毎日着けられるデイリーウォッチとして評価されていたのがこの40㎜サイズなのです。

パネライには現在、さらにひと回り小さい直径38㎜サイズ、ケースもより薄く、同じ完全自社製のキャリバーP.900自動巻きムーブメントを搭載した「ルミノール ドゥエ」があります。しかしこの「ルミノール マリーナ クアランタ」には、それとは違う魅力があります。
ベゼル以外のケースとラグはシックでスポーティな印象のサテン仕上げ。さらに文字盤12時位置の2列のモデル名、6時位置の「PANERAI」と「automatic」の文字が、よりツール感を高めてくれます。さらにストラップは、気分やスタイリングに合わせてすぐに交換できるクイックリリースシステムを搭載。アリゲーターストラップとカーフストラップが付属。今後、さらにスポーティな印象になる、ラバーストラップも登場する予定です。

また文字盤と2本の付属ストラップはカラーコーディネートされていて、マットホワイトダイヤルにはブラックアリゲーターとディープブラウンカーフ、マットブラックダイヤルにはブラックアリゲーターとブラックカーフストラップ、サンブラッシュブルーダイヤルにはネイビーブルーアリゲータースとタバコカーフストラップ。この味のある組み合わせもこの新作の見逃せない魅力。
イタリア海軍・潜水特殊部隊の作戦用ダイバーズウォッチとして誕生した硬派な時計も、ケースサイズダウンすることで、よりソフィスティケイトされ“街ダイバーズ”仕様に。ジェンダーレスで、どんな人でも、どんなシーンでも、まるで大人が重宝する白シャツのような使い勝手を確保することができるのです。

パネライ

「ルミノール マリーナ クアランタ」
¥858,000(税込)

SPEC
ケース径:40mm
ケース:ステンレススティール
ストラップ:アリゲーターストラップ&カーフストラップ
ムーブメント:キャリバーP.900(自動巻き)
パワーリザーブ:約72時間
防水性:10気圧(=100m)防水

PANERAI(パネライ)
https://www.panerai.com/jp

文_時計ジャーナリスト 渋谷ヤスヒト


【関連記事】
今、時計はグリーン文字盤ブームの真っ只中なんです Part.1
他と同じはご法度なニューリッチの袖口に! ロジェ・デュブイ、3つの超絶新作ウォッチ
ダイバーズウォッチの祖! 今こそ見つめ直したいフィフティ ファゾムス