ジャガー・ルクルト

時計フェアでは、新作時計と同様に、新作ウォッチを展示するブースも大きな見どころのひとつ。それがどんなデザインからで、今年はどのような新作に力を入れているのか、すぐにわかります。2年ぶりに開催されたスイス時計フェア「WATCHES & WONDERS GENEVA 2022」でももちろんそうです。

ジャガー・ルクルトの今年のブースは全体が大型の天文台の、宇宙の星々を観測する大型の望遠鏡ドーム型。そして今年2022年の新作の統一テーマは「The Stellar Odyssey(ステラー オデッセイ=天体の」。つまり天文系のコンプリケーションモデルです。天文学によって、天空の動きを導き出すというロマンを掻き立てる超絶機構を搭載したジャガー・ルクルトの最新作は、世のニューリッチたちの男心をくすぐります。ド派手なインパクトこそありませんが、息づく技巧と精緻な作りには計り知れないほどのインテリジェンスが宿っているのです。特筆すべきは“天空を纏う”という点にあります。実用性重視のアナタも、思わず惚れ込んでしまうほどの“壮大なロマン”どっぷりと浸ってみるのも一興です。その魅力を時計ジャーナリスト渋谷ヤスヒトがお届けします。

ジャガー・ルクルト
(画像=Yasuhito Shibuya)
ジャガー・ルクルト
(画像=Yasuhito Shibuya)

最高峰の機械式時計技術と最高峰の職人による装飾技法を兼備する究極の逸品

今年は、メンズウォッチはもちろんアトモスやレディースモデルまで「すべてのモデルが天文ウォッチ」という、天文系の複雑時計ファンにとって記念すべき年になりました。どれも素晴らしいのですが、中でも超絶なのが「マスター・ハイブリス・アーティスティカ キャリバー945」です。ピンクゴールドケースの「ギャラクシア」とホワイトゴールドの「アトミウム」の2種類があります。

ジャガー・ルクルト
ジャガー・ルクルト

「ハイブリス・アーティスティカ」という名称は、最高峰の機械式時計技術とエナメルや彫金など最高峰の職人による装飾技法、ふたつを兼ね備えたジャガー・ルクルトの最高峰モデルにのみ付けられるもの。

文字盤中央にある2本のリーフ針による通常の時、分表示に加えて、この時計では1恒星時、つまり天文学から導き出される1日の時間(正確には23時間56分4.1秒)で、反時計回りに文字盤を周回するコスモトゥールビヨン機構が、北半球の星座をリアルタイム表示する美しいグリザイユ・エナメル技法で製作された天空ディスク表示とともに文字盤を周回します。しかもこの天空ディスク表示には24時間を表示するインナーリングが備えられています。

さらに文字盤外周には星座カレンダーを搭載。加えて、時を美しい音で知らせるジャガー・ルクルト独自の技術、クリスタルゴングや、ゴングにエネルギーをより効率的に伝達する“トレビュシュ”ハンマーを使ったミニッツリピーター機構が搭載されています。

こうした超絶機構を満載したキャリバー945は、2010年に開発、製品化された超絶ムーブメント。基本機能は2010年の製品同じですが、「マスター・ハイブリス・アーティスティカ・キャリバー945」はグリザイユ・エナメル技法で、ため息が出るほど美しく芸術的にアップデートされた、ピンクゴールドケースの「ギャラクシア」と、ホワイトゴールド製ケースの「アトミウム」、それぞれ各5本、計10本の限定モデルです。

ジャガー・ルクルト

「マスター・ハイブリス・アーティスティカ キャリバー945 ギャラクシア」
参考価格:¥65,120,000(税込参考価格)
世界限定5本 *受注生産

ピンクゴールドケース
ケース径:45mm
ムーブメント:手巻き(キャリバー945)
パワーリザーブ:約40時間
防水性:5気圧防水

オービタルトゥールビヨン+ワールドタイム機構!ブランド史上初の画期的な機能を持つ最新作

ジャガー・ルクルト

「キャリバー945」で開発された文字盤を周回するオービタルトゥールビヨン、ただし恒星時ではなく太陽時=24時間で1回転するバージョンに、さらに世界ディスクによるワールドタイム機構の組み合わせ。ジャガー・ルクルト史上初の画期的な機能を持つ今年の新作のもうひとつのハイライトが「マスター・グランド・トラディション キャリバー948」です。

北極から見た大陸が24時間でトゥールビヨン機構と共に24時間で1回転するワールドタイム機構は、このモデルではただのダイヤルではありません。大陸はホワイトゴールドのディスクの上にシャンルベ・エナメルで美しく描かれ、緯度経度を表すフレームの上に載っています。そしてそのフレームの下には、海がギョーシェ模様とブルーラッカーの組み合わせで描かれています。つまりこの大陸は「海の上に浮かんで」いるのです。

ジャガー・ルクルト
(画像=Yasuhito Shibuya)

ジャガー・ルクルトの偉大な機械式ムーブメント技術の歴史と成果から生まれた丸型複雑ウォッチ「マスター・グランド・トラディション」コレクション。この最新作も世界わずか20本限定の希少なモデルです。

ジャガー・ルクルト

「マスター・グランド・トラディション キャリバー948」
¥62,480,000(税込参考価格)
世界限定20本 入荷未定

ホワイトゴールドケース
ケース径:43mm
ムーブメント:キャリバー948
パワーリザーブ:48時間
防水性:5気圧防水

新開発の「テルリウム」と呼ばれる天文複雑機構を搭載した「アトモス」の頂点モデル

ジャガー・ルクルト
(画像=Yasuhito Shibuya)

これ以外にも魅力的な腕時計の新作を数多く発表したジャガー・ルクルト。でもそれよりもぜひご紹介したいのが、1928年にジャガー・ルクルトだけが開発し製造し続けている素晴らしい機械式時計「アトモス」。その歴史の頂点に位置する「アトモス ハイブリス・メカニカ キャリバー590」です。

特殊なガスを内蔵した金属製のダイヤフラムのわずかな伸縮で主ゼンマイを巻き上げる。気温1℃の変化で約48時間も動くアトモス。その基本メカニズムに、地球、太陽、月の正確な周期を厳密に再現する新開発の「テルリウム」と呼ばれる天文複雑機構を搭載したこのクロックは、メカニズムの素晴らしさに加えて美しさも最高峰。

文字盤には、季節、月、太陽の周りの地球の軌道、地球の周りの月の軌道、ムーンフェイズ、星座の表示を搭載。そしてディスクに収められた地球と月は、何と太陽を表すダイヤルの中心の周りを、1太陽年、つまり365.2466日で回転します。つまりこのムーンフェイズ表示誤差は390 年間でたった1日。つまり、2412 年まで修正は不要。つまりそれまでは気温の変化からエネルギーを蓄えることができれば、それまでこの機構も動き続けることになります。こちらも世界限定10個のメカニカル・アートピース。クロックにあまり興味がない方にも、先にご紹介した2本の超絶天文ウォッチと共に、その姿をジャガー・ルクルトのオフィシャルサイトで鑑賞することをオススメしたい逸品です。

ジャガー・ルクルト

「アトモス ハイブリス・メカニカ キャリバー590」
¥69,080,000(参考価格)
世界限定10個 入荷未定

サイズ:直径 215mm x 高さ 253mm
ムーブメント:キャリバー590
キャビネット:シリンダー形ガラスに手描きの星座 装飾仕上げ:メテオライトの象嵌、エングレービング、細密画、ラッカー仕上げ

JAEGER LE COULTRE(ジャガー・ルクルト)
https://www.jaeger-lecoultre.com/jp-ja

文 時計ジャーナリスト 渋谷ヤスヒト


【関連記事】
世界最古のマニュファクチュール、ヴァシュロン・コンスタンタンの最新作BEST1
スポーティなフォルムをグラフィカルに魅せるベル&ロスの新作
超絶機構であるセンターモノトゥールビヨンを採用したロジェ・デュブイ
カルティエは期待以上の新作が続々と登場! 現地の雰囲気とともにお届けします
ヴァシュロン・コンスタンタンからパーペチュアルカレンダー&クロノグラフの2つの複雑機構を擁した一本が登場