白スニーカー

ローテク系からハイテク系、ダッド系にハイブリッド系などなど、多種多様なスニーカーが揃う昨今。そんな中、大人の足元にはブラックがいいとか、ネイビーがいいとか色々と言ってますが、春夏の足元にはやっぱり白スニーカーを合わせたくなりますよね。

白スニーカーの魅力は、デニムにもスラックスにも似合う万能ぶり。だからこそ、コート系しかり既に持っているという人は多いでしょう。でもリッチなオジサンの足元は心とは裏腹な“純白”な一足であるべき! 毎年買い換えるくらいの意気込みで白スニーカーに向き合ってもらいたいと考えます。

でも…昨年と同じようなものは…シンプルなものは買い換える気にならない…と思われる方も多いでしょう! そこで今回選んだのは、単に白なだけでなく、もう一手ある白スニーカー。そんな一足なら、汎用で終わらずかぶりも少ないかと。ひとヒネリを楽しむのも、春夏ファッションの醍醐味ですしね。

アシンメトリーでも遊びが効き過ぎません

白スニーカー

形こそミニマルでベーシックなコート系ですが、そのアッパーにはベルルッティのアイデンティティであるスクリットがあしらわれています。さらに、シュータンやヒールパッチには、これまたベルルッティの十八番であるパティーヌレザーが。ジャケットスタイルにもピッタリな一足と言えます。クラシカルなスクリットは、一見大胆なようであくまで品良いのが見どころです。

BERLUTI(ベルルッティ)
¥173,800(税込)
https://www.berluti.com/

このロゴひとつで、格がグンと上がります

白スニーカー
(画像=白スニーカー)

厚みのあるソールが90年代的なボリューム感を想起させる、ランニング系のスニーカー。アッパーは、海から回収されたリサイクルナイロンのリナイロンとブラッシュドレザーのコンビ使い。そして注目はサイドで、軽快なランニング顔とは裏腹に、メタル製のトライアングルロゴがリッチ感を主張します。オヤジ世代には難しいフォルムでも白なら取り入れやすい!

PRADA(プラダ)
¥116,600(予定価格)
https://www.prada.com/

カフェ、ランチなどちょっとお出かけのときにも最適

白スニーカー

ギミック感のあるデザインに定評のあるバレンシアガのなかにあって、シンプルに見えるファントム。でも良く見れば、種類の異なるメッシュをレイヤードしたアッパーが、独自の世界観を見せつけます。加えて超軽量なので、アクティブに動き回るという日にもお薦めです。シンプルにしてアイコニックなロゴ使いも特徴的。

BALENCIAGA(バレンシアガ)
¥99,000
balenciaga.com/

今、大人ストリートの足元最前線はコレ

白スニーカー

80年代のバスケットシューズを想起させる、「B27」ロートップスニーカー。ホワイトのスムースカーフをメインに使う中、サイドパネルには「ディオール オブリーク」モチーフモチーフをパンチングで表現しています。グレーを差し色に使うことで、単調にならずとも控えめな、まさに大人な色使いを楽しませてくれます。

DIOR(ディオール)
¥132,000(税込)
https://www.dior.com/

結局、ヘビロテするのはちょいドレス顔が覗く一足!?

白スニーカー

やや粗めに仕上げたスエードアッパー。生ゴム色のラバーソールとの組み合わせは、70年代の東ヨーロッパ系トレーニングシューズを想起させる、レトロな雰囲気を楽しませてくれます。サイドには、ロゴをエンボスでデザイン。ヒールにはトッズおなじみのペブルモチーフをあしらい、アイデンティティをしっかり主張。カジュアルスニーカーとドレスの中間くらいの顔つきで汎用性の高さに期待大。

TOD’S(トッズ)
¥72,600(税込)
https://www.tods.com/

ガンチーニの主張がミーハー心をくすぐる!

白スニーカー

フロントから見た場合と、バックから見た場合とでは、まるで印象が異なるこちら。フロントからは、ブルーのアクセントカラーを効かせた、マリンカラーのさわやか&クリーンなコート系顔。一方バックは、ヒールにガンチーニモチーフをデカデカとあしらった強めな顔つき。隠れないよう、ショーツやアンクル丈パンツでアピールしては着こなしたい一品です。

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)
¥99,000(税込)
https://www.ferragamo.com/


【関連記事】
脚長効果抜群でピタピタじゃない! シン・オヤジデニムの頃合いとは?
春夏のオヤジのマストアイテム! ニットジャケットはベーシックかちょい遊び系か!
カルティエは期待以上の新作が続々と登場! 現地の雰囲気とともにお届けします