楯野川

松茸、秋鮭、秋刀魚にジビエと、食欲の秋、いよいよ到来!「今宵はどんな美味を、どんな美酒と楽しもうか」と、心躍らせているグルマンもいるのでは? 今回は、吟醸王国・山形で、180余年の歴史を持つ楯の川酒造から、スペシャルな日本酒をお届けします。

前人未到の精米歩合1%が奏でる透明感のある味わい。純米大吟醸 光明 出羽燦々

楯野川

日本酒において、味を決める大切な要素のひとつが精米歩合。原料となる玄米の表層部を磨き、残った米の割合を示したもので、吟醸酒は60%以下、大吟醸は50%以下とされています。そんななか、高い技術力とノウハウで、1%という前人未到の精米歩合を現実のものとしたのが、楯の川酒造です。

原料としてまず白羽の矢を立てたのが、高精白に耐えうる酒米、出羽燦々。2台の精米器を2カ月半フル稼働させて玄米を磨き、中心部1%のみが残るまで精米しました。その小さな小さな米粒は、蒸した後のベタつきがまるでなく、優れた麹米に。そうして生まれたのが、穏やかな吟醸香と、雑味がなく、澄み切った味わいが特徴の「純米大吟醸 光明 出羽燦々」だったのです。

光明 出羽燦々
(画像=光明 出羽燦々)

楯の川酒造が、精米歩合1%という前代未聞の日本酒にチャレンジしたのは、6代目社長の「日本酒をもっと価値のある存在にすると同時に、凝り固まった日本酒業界の常識に風穴を開けたい」という想いから。「光明」という商品名にも、「前例のない挑戦によって新境地への扉が開き、これからの先の『日本酒の世界』に明るい希望の光がさすように」という願いが込められています。

商品名:純米大吟醸 光明 出羽燦々
価格:¥110,000(税込)

酒米の王様、山田錦を用いた日本酒の最終形。純米大吟醸 光明 山田錦

光明 山田錦
(画像=光明 山田錦)

楯の川酒造が次に手がけたのが、酒米の王様と称される山田錦で精米歩合1% を実現した「純米大吟醸 光明 山田錦」。味に厚みと深みのある山田錦を極限まで磨きぬき、しっかりとした米のうまみや甘みを引き出すことに成功しました。しかも、冷蔵庫で保存しても、3年~5年は余裕で品質をキープ。むしろ熟成によって風味がまろやかになり、いっそう洗練された味わいに昇華するのだとか。高級ワインのごとく、時間という付加価値をつけた、新境地かつ最高峰の日本酒なのです。

商品名:純米大吟醸 光明 山田錦
  価格:¥220,000(税込)

日本酒業界の風雲児が生み出した、他に類を見ない稀有な美酒。チャレンジングなストーリーも肴に、特別な日に、特別な人と共に酔いしれて。

場所:大丸 東京店 和洋酒売場 問い合わせ先: 03-6895-2707

Staff
文_村上早苗


【関連記事】
秋の夜長に心強い相棒、ニューリッチがハマる白カビ&青カビ系アペロ
日本で飲めるのはあなただけかも!? 限定モノ、至福の一杯で贅沢巣ごもり
9月28日:絶品のふぐをさまざまな楽しみ方で堪能できる「ふぐ牧野」