エルメス

老若男女が、常に羨望の眼差しを向けるエルメス。そのエルメスの名作【Hウォッチ】が、ヴォーシェ・マニュファクチュール製の専用自動巻きムーブメントを搭載、且つケース素材にグレイチタンを採用。“花も実もある”進化を遂げました。

老若男女の目線を奪うモードな佇まい

1996年に誕生し、独創性の高いフォルム、そしてブラック&グレイで統一されたモノトーンな顔つきは、今までのエルメスウォッチとは一線を画します。まさに新しい富裕層のためのエルメスといった佇まいは、ワントーンスタイリングなど昨今主流のファッションとも好相性。小誌が推奨するwithモードな着こなしにもすんなりとフィットします。もちろんメゾンブランドヒエラルキーの頂点に君臨するエルメスですから、奥様からの評価も別格! さらに軽量で着け心地抜群のチタン仕様のためシェア使いという選択肢も◎。エルメスの最新ウォッチが2022年、次に購入すべき時計の筆頭格として名乗りをあげたのです。

今日、数多くのファッションメゾンが時計事業に取り組んでいますが、エルメスはそのパイオニア的な存在。1837年に馬具工房として創業したメゾンは1928年には時計を発売しています。

1978年にはスイスの時計産業の中心地のひとつ、ビエンヌに時計製造会社「ラ・モントル・エルメス」を設立。自ら時計製造に乗り出します。ここから、馬具のあぶみからデザインの着想を得た「アルソー」をはじめ、エルメスのエスプリを体現した独自のスタイルや機能を持つ腕時計が世に送り出されていくのです。
2003年に、エルメスの時計作りにとって大きな転機が訪れます。後に資本参加するスイス有数の高級ムーブメントメーカー「ヴォーシェ・マニュファクチュール・フルーリエ社」がエルメスのために開発した専用機械式ムーブメントを搭載した新しい時計コレクション、馬場馬術を意味する「ドレサージュ」の第1号モデルを発売。

ドレサージュはその後、GMTなど複雑時計を含む、時計愛好家垂涎のコレクションへと発展します。さらにエルメスは、ムーブメントからケース、文字盤まで自らのファミリーで開発・製造する体制を整えます。そして今日、100年を超える歴史を持つ老舗・名門時計ブランドと肩を並べる高級時計メゾンとしての地位を確立しました。

ドレサージュに限らず、独自のアイデア、コンセプトを元に開発される機械式時計は、独創的なメカニズムや素晴らしい職人技で、時計愛好家はもちろんのこと、あらゆる人たちを魅了する存在です。

今回ご紹介する「Hウォッチ」は、フレグランスボトルも手掛けるデザイナーのフィリップ・ムケが「エルメスのHの中に時間を取り込む」というコンセプトの下、1996年に誕生したH型ケースを持つコレクションの最新モデル。ひと目でエルメス製だとわかる存在感が魅力です。

中でも注目せずにはいられないのが、ケース素材に初めて使った「Hウォッチ」チタン。グレーのアラビア数字インデックス、ブラックのダイヤル。そして反射を抑えたマイクロブラスト加工を施した、グレード5と呼ばれる最高峰の素材を採用。また、ケース直径は30.5㎜と控えめなので男女を問わずどんな人にもお薦めできるのです。

正確に時を刻むムーブメントはもちろんエルメス独自、ヴォーシェ・マニュファクチュール製の自動巻きを搭載。シースルーのケースバックからはその美しい仕上げや整然とした動作を眺める楽しみも用意されています。

そして女性のためには、シルバーオブシディアン(黒曜石)、グリーンのマラカイト(孔雀石)、アベンチュリン(砂金石)という3つの天然石を文字盤に使い、124個のブリリアントカットダイヤモンド(合計約0.418カラット)をケースにセットした直径21mmのカラーストーンモデルが登場しました。

カラーストーンモデルモデルのシルバーオブシディアン、アベンチュリン文字盤×SSケースの2モデルはすでに購入可能ですが、メンズモデル「Hウォッチ」チタンとカラーストーンモデルのマラカイト文字盤×ピンクゴールドケースモデルの発売予定は2022年の3月から4月頃の予定。この頃にはカラーストーンモデルもすべて購入可能になる予定とのことです。

エルメス

エルメスの「時の世界」をいつでも楽しみたい、感じていたい。そんなあなたにはこれは見逃せない腕時計です。

「Hウォッチ」 シルバーオブシディアン文字盤、アベンチュリン文字盤 各¥1,375,000(発売中予価) マラカイト文字盤 ¥2,299,000(税込予価) ©Calitho

SPEC
ケース径:21mm
ケース:SS(シルバーオブシディアン文字盤、アベンチュリン文字盤)、ピンクゴールド(マラカイト文字盤)
ストラップ:アリゲーターストラップ
ムーブメント:クォーツ
防水性:3気圧防水

エルメス

「Hウォッチ」チタン
¥902.000(税込予価)

SPEC
ケース径:30.5mm
ケース:マイクロブラスト加工グレード5チタン
ストラップ:カーフレザーストラップ
ムーブメント:H1912(自動巻き)
パワーリザーブ:約50時間
防水性:3気圧防水
©Hermès

HERMÈS(エルメス)
https://www.hermes.com/jp

文 時計ジャーナリスト 渋谷ヤスヒト


【関連記事】
ブランドの歴史と栄光を纏った復刻モデルが強い理由
リシャール・ミルの中でも高い人気を誇るラファエル・ナダルモデルに最新作が!
ターニングポイントは1988年! “初の自動巻き式ムーブメントの採用” 自動巻き「デイトナ」の系譜が知りたい!