瀧下和之展
(画像=参考商品)

「桃太郎」に登場する鬼の日常生活を描いた「桃太郎図」を描き続けて20年になる人気画家・瀧下和之氏。画集「桃太郎図3」が刊行されたのを記念した新作展が、2022年1⽉2⽇(日)〜18⽇(火)、松坂屋名古屋店で開催されます。頭には2本の角、コスチュームはトラ柄のパンツと、“ザ・鬼”といった様相ながら、どこかユーモラスでおちゃめ。愛すべきヤツらに出会いに、いざ行かん!

瀧下和之展
(画像=参考商品)

鬼がゴルフに興じたり、レヴェランス(バレエのお辞儀)を披露したり、「鬼に金棒!」と胸を張ってみたり。桃太郎の敵役・鬼を、鮮やかな色彩と軽やかなタッチで、どこか憎めないキャラとして描き続けている瀧下和之氏。このシリーズが誕生したのは、「大学院の修了制作に悩んでいた時、左手で、無意識のうちに描いたのが“鬼”」(瀧下氏)がきっかけだったとか。利き手ではない左手だったからこその、ぎこちなく、歪な線が生み出した、ユニークな鬼。鬼というボスキャラが、おちゃめさを手に入れたら、まさに「鬼に金棒」、最強です! それこそが、少々角が立ってきたオヤジが目指すべき姿かもしれません!?

瀧下和之展

「瀧下和之 新作展」には、風神雷神や閻魔大王、龍虎といった古典をモチーフにしたユニークな作品も展示されます。“ゆとり”が信条のニューリッチなオヤジにぴったりな、おちゃめなアートにきっと出会えるはず!

「画集刊⾏記念 瀧下和之展」
場所:松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊
期間:2022年1⽉2⽇(日)〜18⽇(火) 最終⽇は16時閉廊


【関連記事】
バンクシーに武田双雲も並ぶ! 「ART!ART!OSAKA」で見つけた現代アート
仕事ができるオヤジはオフィスのデスク周りもエレガント!
天空から伊勢神宮を参拝! ヘリコプター×「アマネム」で叶える “非密のランデブー”