エベラール

日本と世界で知名度や評価がけっこう違う。どんな世界にもそんなブランドがあります。今年、創立135周年を迎えた「エベラール」は、日本に未上陸だったわけではなく、1990年代から日本に正規輸入代理店はありましたし、時計ファンの間でもそれなりに評価されていました。ですが、紹介モデルもかなり“シブ過ぎ”たこともあり、知名度はいまひとつ。しかし2021年に新たな体制の下、本格的に日本へ上陸したのです。

2001年の発表当時、世界を驚かせた4インダイヤル表示

エベラール

まずご紹介したいのが、4つのインダイヤルが、しかも横一列に並んだ独創的な文字盤デザイン。他にはない“計器らしさ”が印象的なクロノグラフ、「クロノ4 21-24」の新作です。

この「クロノ4」は2001年に発表された、エベラールを代表するモデル。この世界初の4インダイヤル表示は発表当時、世界を驚かせました。4つあるインダイヤルのうち、左の2つがクロノグラフ関連、いちばん左が30分積算計で、中央寄りの左が12時間積算計です。そして右の2つが時計関連。中心寄りが時刻の24時間表示、そして右がスモールセコンド(時計の秒針)です。

今年の新作は、クル・ド・パリ(パリの爪)という、ピラミッド型の突起が連続する、18世紀に誕生したギョーシェ模様の文字盤が特徴。このモデルのいちばんの魅力である“計器らしさ”はそのままに、これまでのモデルより、クラシックな雰囲気が魅力です。

「クロノ4 21-24」
Ref.31073 CN. 01 CP
¥ 1,115,400(税込)

SPEC
ケース径:42mm
ケース:SS
ストラップ:アリゲーターストラップ
ムーブメント:キャリバーEB 251 121/2-
パワーリザーブ:約42時間
防水性:50m防水

懐中時計の8日巻きモデルの腕時計版、というコンセプトが秀逸

エベラール
エベラール

「クロノ4」と並んで、エベラールを代表するモデルが、1997年に発表された「8 ジュール」つまりフランス語で「8日間」という名前の、手巻きのロングリザーブウォッチです。

しかも最初のモデルはケース直径39mmサイズで実現するために考案されたのが、独創的な配置の2つの香箱で構成されるエベラール独自、特許を取得したスプリング・ドライブシステム。2つの香箱にはそれぞれ30cm、1m25cm、合計すると1m55cmの主ゼンマイが収められていて、時計を約8日間=192時間も駆動してくれます。

「8 ジュール グラン タイユ」は、オリジナルのケースより少しい大きい直径41mmというケースサイズのため、フランス語で「少し大きめ」という名前になった最新モデル。スモールセコンドスタイルで、文字盤12時位置にはクラシックなロゴ、そして9時位置にパワーリザーブ表示を備え、ギョーシェ彫りの文字盤にリーフ針を組み合わせたクラシックテイストが魅力。ケースバックの窓からムーブメントの一部を鑑賞することもできます。

1週間に1度、リュウズでゼンマイを巻き上げる“儀式”を楽しみながら、「止まり」の心配なく1週間、快適に使い続けることができます。「ロングリザーブモデル=デカ厚」という常識を破って、ケースの厚さも10.85mmスリムなので着け心地も軽快なので、クラシックなスタンダードウォッチをお探しの方にオススメです。

「8ジュール グラン タイユ」
Ref.21027.6 CP
¥ 898,700(税込)

SPEC
ケース径:41mm
ケース:SS
ストラップ:アリゲーターストラップ
ムーブメント:calibre E & Co. 896 10 1 ⁄ 2 " – Basis Peseux 7001
パワーリザーブ:約192時間=約8日間
防水性:30m防水

わずか50本!の葉加瀬太郎氏コラボレーションモデル

エベラール
エベラール
エベラール

他にもダイバーズの「スカフォグラフ」などご紹介したいモデルもありますが、今回は最後に、日本だけで購入できるスペシャルな限定モデルを紹介しましょう。クラシックな手巻きのスモールセコンドモデル「トラベルセトロ・ヴィトレ」の、日本が世界に誇るヴァイオリニスト・葉加瀬太郎氏とのコラボレーションモデルです。

葉加瀬太郎氏は東京藝術大学の学生時代からクラシック〜ポピュラーのジャンルを超えて活躍する世界的なヴァイオリニスト。多彩な活動に加えて、現在は指導者として自身のアカデミーや、母校の客員教授としても活躍しています。

この限定モデルは、葉加瀬氏が監督を務める音楽レーベル「HATS」にちなんで、アラビア数字インデックスの2と8に、ブラックのスーパールミノバを塗布。また裏蓋開閉式のハンターケースを開くと現れる、ユニタスタイプのムーブメントが現れます。そしてこのメカニズムを守るシースルーバックのサファイアクリスタルには限定の刻印とスクリーンプリントされた葉加瀬氏のサインと、50本限定の刻印が施されています。(刻印はオプションとなります)をプリント。 さらにアンティーク加工のストラプにはヴァイオリンの刻印も入っています。

葉加瀬太郎氏のファン、そしてハンターケースのクラシックな手巻きモデルが欲しいという方には、見逃せないモデルといえるでしょう。

「トラベルセトロ・ヴィトレ 葉加瀬太郎氏 コラボレーションモデル」
Ref.21120.18 .HAK CP(Limited Edition)
¥ 616,000 (税込/予価)

SPEC
ケース径:43mm
ケース:SS
ストラップ:レザーストラップ(ブラックファブリックストラップも付属)
ムーブメント:Caliber: ETA 6498-1 16 ½ “’
パワーリザーブ:約46時間
防水性:50m防水

EBERHARD(エベラール)
https://www.eberhard.jp/

文 時計ジャーナリスト 渋谷ヤスヒト


【関連記事】
新たな雲上時計候補!? 世界が注目する時計師のブランド「アクリヴィア」ついに日本上陸!
松坂屋名古屋店の時計売り場が拡大し、デートスポットとしても◎! オンライン機能の利便性も向上
滅多にお目にかかれない一流独立時計師の繊細な仕事に密着!ドキュメンタリー映画『KEEPER OF TIME』
己を最大限に格上げする最上位機種を狙ってみませんか!? 名門ブランドの傑作複雑時計の魅力
オーデマ ピゲはオヤジだけのモノじゃない! 女性も「ロイヤル オーク」、そんな時代です