ランドローバー・レンジローバー

1970年に初代モデルが登場し、2020年にデビュー50周年を祝ったレンジローバー。その1年後、第5世代となる新型がデビューしました。パフォーマンス、デザイン、ブランド性など、すべてにおいて最高峰のNewレンジローバーが、各メーカーによる“SUV戦争”に終止符を打つのは間違いないでしょう。

新しいレンジローバーは高級SUVの王座に返り咲くか!?

スポーツカーやプレミアムセダンに乗っていると、どうにもライバル車が気になるものです。愛車に満足している筈なのに、信号待ちで隣に速いクルマや豪華なクルマが停まったりすると、心がざわついちゃうんですから…。

そんなクルマ・ヒエラルキーから逸脱したくて、ワゴンやSUVに乗り換えた人は少なくありません。なんたってこのテのクルマは乗り方&遊び方=ライフスタイルが大きく影響するので、「俺ったらクルマの格差なんて気にしないもんね」というスタンスをとれますから。ところが、SUVに乗り始めてまもなく、SUVの中にも歴然としたヒエラルキーが存在していることに気づいちゃうんですな。あ〜無情。

レンジローバーは1970年にデビューしてからず〜っと、ヒエラルキーのトップに君臨していました。なにしろ英国王室御用達でもあるし、また工業製品として唯一ルーブル美術館に収監されているというブランドヒストリーを持っていますから、日本のカーマニアは一目置かざるを得なかったわけです。

でも、ここ最近はポルシェやベントレー、ランボルギーニなどがSUVを出したせいもあって、トップの座がちょっと揺らいでいる!?…と気づいたのはカーマニアではなく、英ジャガー・ランドローバー自身だったのかもしれません。

そこで2021年10月26日、英ジャガー・ランドローバーは新型レンジローバーを発表!
チーフクリエイティブオフィサーのジェリー・マクガバン氏は「新型レンジローバーは、エクステリアの非の打ちどころのない抑制されたデザインから、聖域のように完璧な静粛性を備えた室内に至るまで、他に類を見ない個性を持ったクルマです。クリエイティブな知性と完璧さを追求しており、流行やトレンドを追いかけるのではなく、モダニズムのデザイン哲学と、50年以上の進化を組み合わせることで、これまでで最も魅力的なレンジローバーが誕生しました」と、強く明言しています。
※プレスリリース抄訳より。

レンジローバー

さて、そんな新型レンジローバーですが、まずはフラッシュサーフェスなエクステリアに目が惹かれます。フロントマスクから上面はボンネット→フロントウィンドー→ルーフ→リアエンドにかけて、側面はフロントフェンダー→前後ドアパネル→リアフェンダーにかけてほとんど凹凸がありません。かと言って決してのっぺりとした単調なフォルムではなく、そこには周りを圧倒する強い個性が溢れているのが魅力です。

ランドローバー・レンジローバー
(画像=豪華で機能的なコクピットには、インフォテインメントシステムPivi Proを搭載。13.1インチ曲面型「フローティングガラス」タッチスクリーン(触覚コントロール付き)、新設計インターフェース、Over-the-air技術にとるソフトウェアアップデート、ワイヤレスApple CarPlay、ワイヤレスAndroid Autoによってコネクティビティの利便性向上を体感できます。)

次に車内へ入ってみますと、そこにはやはりレンジローバー・ファンを裏切らない「豪華で洗練された移動空間」が広がっています。モダンかつ機能的なコクピットを取り巻くのは、最上級のマテリアルとテクノロジー! 高品質なレザーや厳選されたウッドパネルなどをお好みで選ぶことができ、自分だけの1台に仕上げることができるのです。しかも環境に配慮した“サスティナブルな素材”を用意しているのも、イマドキのSUVと言えるでしょう。

ランドローバー・レンジローバー
(画像=4シートの快適性と5シートの多用途性を両立した、エグゼクティブリアシートが魅力です。リアシート専用のタッチスクリーンコントローラーも装備。また、7シートのロングホイールベースモデルなら、大人7名が快適にドライブを楽しむことができます。)

イマドキと言えば、パワートレインにV8ガソリンエンジンのほかに、MHEV(マイルドハイブリッド)、PHEV(プラグインハイブリッド)。BEV(バッテリー式電気自動車 ※2024年にラインナップ予定)が展開され、しかもさまざまな運転アシスト機能からインフォテインメントシステムまで、快適かつ安全なカーライフをサポートするテクノロジーも満載!
もちろん、初代から受け継がれてきた卓越した走行性能も健在です。ボディとステアリングの動きを1秒間に最大500回もモニターし、快適な乗り心地と優れたコントロール性能をもたらす「アダプティブダイナミクス」や、リアアクスルのホイール間のスリップ量を制御してオフロードでのグリップを強化する「電子制御アクティブリアロッキングディファレンシャル」など、誕生から50年分のテクノロジーのおかげで、新型レンジローバーの走りはますますグレードアップしているのです。

ランドローバー・レンジローバー
(画像=テールゲートを上げると、そこにはレザークッションに加え、スピーカーと照明まで装備! これぞ「テールゲートイベントスイート」という、もうひとつの特別な場所です。)

あらゆる面において“最高級という言葉が相応しい”新型レンジローバーなら、クルマ・ヒエラルキーをまったく気にしないでドライブすることができます。なぜなら、このクルマこそがトップエンドなんですから。

ランドローバー・レンジローバー

ちなみに価格は、いちばん安いグレードのSEで¥16,370,000から。
スペックはV8ガソリンエンジンのRANGE ROVER SE(P530 AWD)で以下のとおりです。
●エンジン:V型8気筒
●排気量:4395cc
●最高出力:390kW(530ps)/5500〜6000rpm
●最大トルク:750N・m/1800〜4600rpm
●全長×全幅×全高:5052×2209×1870mm
※車両重量については、ディーラーでご契約の際にご確認ください。

ジャガー・ランドローバー・ジャパン
https://www.landrover.co.jp/

文_高 成浩(POW-DER)


【関連記事】
レクサスの最高級SUVのフルモデルチェンジが今後のSUVブームの繁栄を裏付ける!
ゲレンデヴァーゲンよ、お前もか!? 電動化したGクラスの「コンセプトEQG」
あなたならどう使う!? ニューリッチのアクティブライフの相棒的SUV Jeep Gradiator