gclass

2021年9月5日、ドイツで開催されたIAAモビリティ2021において、メルセデス・ベンツは伝統のオフローダー、GクラスのEVを示唆したコンセプトカー「コンセプトEQG」を発表しました。電動化した名車はいかに!?

Gクラスの面影を残しつつEVへとアップデート!?

タフ&ヘビーデューティーな性能とスタイリング、そしてミリタリー的な背景(先代モデルはNATO軍が採用していました)のおかげで、根強いファンから圧倒的な支持を得ていたGクラス。V8ガソリン・エンジンの咆哮を響かせて、“街中”を走るのが魅力の本格&高級オフローダーですが、遂に電動化になるようです。電気クルマ独特の高い音で、静かに滑らかに走るんでしょうか。

gclass
gclass
(画像=スクエアなボディのサイドには、保護ストリップを視覚的に際立たせる「照明付きストライプ」を採用。リアビューが特徴的で、スペアタイヤカバーに代えて、白いイルミネーションのアクセントが付いたボックスが装着。この中には充電ケーブルなどを収納します。)

コンセプトEQGのスタイリングはGクラスのデザインの伝統を踏襲。遠くから見てもすぐに「Gクラスだ!」とわかるスクエアなボディ形状には、オールドファンはホッとひと安心か。でも、よくよく細部を見るとブラックグリルの照明付きの立体的な星を始めとして、イマドキのメルセデスEQモデルに共通するディテールになっているのがわかります。

gclass
(画像=インテリアは極めてラグジュアリー! イマドキのメルセデスEQモデルのコクピットに慣れた人なら、すぐに馴染めるでしょう。)

シャシーも従来のGクラスらしく頑丈なラダーフレームをベースにして、電動パワートレインを搭載するためにフロントアクスルに独立懸架、リアにリジッドアクスルを新開発し、オフロードの走りへの対応に抜かりはありません。

各車輪近くに4つの電動モーターを配置し、その4つを個別に制御することでオンロードとオフロードの両方で独自の走行特性を発揮するところは、旧Gクラスは顔色真っ青といったところかでしょうか!? しかもラダーフレームに内蔵されたバッテリーが低重心を実現しますし、そのうえ電気モーターは稼働時からほぼ最大トルクを発生するので、オフロードでのEQGの走りは旧Gクラスをはるかに凌ぐかもしれません!

gclass
(画像=ルーフにはハイグロスブラックのフラットルーフラックが付きます(中央の「G」のロゴがニクい!)。ルーフラックのフロントにはオフロードでのサーチライトの現代的な解釈となる、白色LEDストリップが組み込まれています。)

「いやいや、俺ったら街中しか走らないもんね」と明言するオヤジにも朗報! もともとGクラスは燃費が悪かったのがネックだったので、電動化によって出費を節約できるEV-Gクラスは、かなり“買い”の一台と言えるんじゃないでしょうか。市販化が待ち遠しいところです。