KEEPER OF TIME

高級品や贅沢品と呼ばれるプロダクトの中でも、機械式腕時計は別格の存在と言えるでしょう。手首に収まるほどの小さなケースの中で数百もの微細なパーツが連動して正確に時を刻む様は、まさに小宇宙。年を重ねるごとにその良さを熟知し、ミーハー心とともに、オタク心が揺さぶられる…さらに言えば、時計の世界に浸れることは、仕事を頑張ってきた証ともいえます。

そんな機械式腕時計の中でも、さらに別格なのが、いわゆる独立時計師たちが創り出すタイムピースです。しかし、その特殊さゆえ、これまであまり馴染みがなかったという人も多いはず。ですが、この度、製作された機械式時計製作に関する初の長編ドキュメンタリー映画『KEEPER OF TIME』を観れば、その奥深い世界観の虜になること間違いありません。もっと時計の世界に浸かってしまい、パートナーに怒られるかもしれませんね(笑)。

超一流独立時計師たちの超絶技巧の世界を取材

KEEPER OF TIME

『KEEPER OF TIME』の製作総指揮を担当したのは、シンガポールを拠点とする高級腕時計専門店「アワーグラス」。ニューヨークを拠点に活動するベテランドキュメンタリー編集者、マイケル・キュリバが監督を務めました。本作品では、機械式時計製造、時計学の歴史、そして時間という概念について描かれており、機械式時計に対する造詣を深められる内容となっています。

特に注目したいのが、フィリップ・デュフォー、フランソワ・ポール・ジュルヌ、ロジャー・ W・スミス、マックス・ブッサーという世界的に知られる4人の独立系時計製造のアイコンたちの登場シーン。彼らの時計製造の現場を克明に撮影し、ものづくりに対する想いをインタビュー取材することで、これまで一般には知られていなかった独立時計師の超絶技巧の世界に触れることができます。また、理論物理学、生理学、哲学の分野の著名な学者へのインタビューを通して、人間の果てしない精度への追求と機械式時計製造のロマンを検証するというユニークなアプローチも作品に深みを与えています。

KEEPER OF TIME
KEEPER OF TIME

4月29日に世界へ向けてストリーミング配信!

本作が初監督作品となるマイケル・キュリバ監督は、この映画を自主制作したいという思いから、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金を調達したと言います。
「『KEEPER OF TIME』は私にとって初めての長編映画で、クリエイティブなコントロールを維持するために、構想、資金調達、制作、編集から公開、展示に至るまで、すべてを自主制作したいと思いながら制作に臨みました。このアプローチにおいて、映画に登場する独立した時計師たちは、私にとって大きなインスピレーションとなりました。ハードルにぶつかるたび、ジョージ・ダニエルズに弟子入りするためだけに5年間かけて完全にゼロから時計を作るロジャー・スミスのことが頭に浮かびました」とキュリバ監督は語っています。

KEEPER OF TIME
KEEPER OF TIME

『KEEPER OF TIME』は、4月28日にニューヨークのSVAシアターでワールドプレミアを行った後、2022年4月29日に世界中でストリーミング配信が開始される予定です。ゴールデンウィークにゆっくり自宅で鑑賞するのもオススメ。観終わった後は、きっと新しい機械式時計が欲しくなっているはずです。

予告編はコチラからチェック!
https://vimeo.com/635759447

文 高須賀 哲


【関連記事】
己を最大限に格上げする最上位機種を狙ってみませんか!? 名門ブランドの傑作複雑時計の魅力
ステンレススティールの歴史を変えたロイヤル オークの50年
ターニングポイントは1988年! “初の自動巻き式ムーブメントの採用” 自動巻き「デイトナ」の系譜が知りたい!
カルティエは期待以上の新作が続々と登場! 現地の雰囲気とともにお届けします
チューダー新作のハイライトは200m防水のダイバーズコレクション、2つのGMTモデル!