ティファニー
(画像=©︎Tiffany&Co.)

ブランドを象徴するブルーボックスをモチーフとしたブロンズ製の彫刻が話題になったばかりの現代アーティスト、ダニエル・アーシャムのコラボレーション。早くもその第2弾となる内容が発表されたのですが、今回登場するのは、なんとティファニーブルーのバスケットボール! これは、NBAファンならずともミーハーにはたまらない一品です。

数量限定のうえ、買えるのは世界中で2箇所だけ

なぜ、ティファニーとバスケットボール?と首を傾げたオヤジもいるはず。実はティファニーには、何十年にもわたりNBAファイナルの優勝チームに贈られるトロフィーを製作してきたという歴史があるのです。そして、オハイオ州クリーブランド出身のダニエル・アーシャムは、地元のプロバスケットチーム、キャバリアーズのクリエイティブ・ディレクターを務めており、ともにバスケットボールと深い関わりがあるというわけです。

ティファニー
(画像=©Tiffany & Co. ラリー・オブライエン・トロフィー)

そんな縁で、今回のティファニーブルーのバスケットボールは、キャバリアーズとの共催によるポップ・アップ・ストア「StockX Factory(ストック・エックス・ファクトリー)」で展示され、数量限定で販売されます。その他にこのボールが買える場所は、オハイオ州ウッドメアにあるティファニーのショップのみ。今のところ日本での販売は未定というのが残念すぎる……。

ティファニー、アーシャム、Wilson、キャバリアーズが1つのボールに集結!

ティファニー
(画像=©︎Tiffany&Co.)
ティファニー
(画像=©︎Tiffany&Co.)

ダニエル・アーシャムがデザインし、Wilson®︎とのパートナーシップにより製作されたこのボール。Wilson®️のロゴの下には、Aの字がアーシャムスタジオのシグネチャーになったコラボレーションロゴ入り。さらに、アーシャムスタジオのシグネチャーであるAと、キャバリアーズのCマークをフィーチャーしたモノグラムパターンがエンボス加工されているという豪華ぶり。どこから見てもスペシャル感で溢れるこちらのボール、価格が575米ドルと少々高めなのも致し方ない!?

これはもう、ボールというよりはコンテンポラリーアート。トレンドに敏感なオヤジには、ぜひインテリアの一部として取り入れてもらいたい。運良く、手に入れられればですが……。

Tiffany & Co(ティファニー)
https://www.tiffany.co.jp

文 水浦裕美


【関連記事】
ステンレススティールの歴史を変えたロイヤル オークの50年
オヤジにリッチさと色気を加えるベル エポック・コレクション
エルメスのHウォッチが専用ムーブメントとチタンケースを備え待望のマニュファクチュール化