櫻井氏連載

ニューリッチなオヤジの着こなしをモダンかつ洗練されたものにするためにはどんなアイテムを押さえ、何に気をつけるべきかを第一線で活躍し続けるスタイリスト 櫻井賢之氏に提案していただく本企画。今月ご提案いただいたのは「ルームウエア」です。

心も身体も寛ぐプレミアムニットが狙い目

ここ最近の社会情勢の影響で、すっかり自宅で過ごすスタイルが定着してしまったと言う人も少なくありません。自宅などで寛ぐそんな時間にマストであるのが、着心地の良いルームウエアです。
なかでもスウェット系のアイテムは、ストレスフリーな着心地に加え、脱ぎ着しやすいことから多くの人に支持されています。定番的かつ人気のアイテムゆえに、そのバリエーションはまさに多種多様。一見、どれも似通ったデザインと思われがちですが、チープな一着を選んでしまうと“途端に野暮ったくありふれたルックスになってしまう”と櫻井さんは指摘します。

「心から寛ぐための一着ということで、まずは素材にこだわって欲しいですね。いわゆるカットソー的なスウェット地ではなく、カシミア混などのプレミアムニット素材を使ったスウェット型がオススメです。カシミア混素材は非常に軽くソフトで快適ですし、ニット素材は落ち着いたリッチな外観を備えているので、たとえばオンラインミーティングにも着替えることなく臨めます」

さらに櫻井さんは上下揃いのセットアップにて手に入れることを推奨します。 「と言うのもスウェット型のウエアは、いくら高級素材であってもデイリーなカテゴリー。ですので着こなしにも十分注意しないと、もろに部屋着ルックになってしまいます。スーツのように上下共地であるなら、誰でも手軽にまとまり感あるスタイルが打ち出せるはず。また、スウェット型は外出に適さないと考える人も多いのですが、厳選のニット素材かつセットアップ・スタイルの一着は、いわゆるワンマイルなどの外出にもOKです。これからの季節であるならシックなロングコートを羽織ることで、硬軟メリハリある洒脱なスタイルになること確実です」。

ニューリッチが選びたい街にも出られるルームウエア

キャバン:ニットの名手が長年のノウハウを込めた逸品

櫻井氏連載

優れたニット製品を筆頭に、高感度な物作り知られるトゥモローランド。設立40周年記念を機に設立させた渾身のブランドがキャバンです。なかでも隠れた名品として業界人からも支持を受けているのがこのコットンカシミアの肉厚スウェット。2重組織の厚手ニット素材を使用しており、着るだけで包まれるような安心感と温かみが得られる逸品です。実は厳密な意味でパンツはセットアップではなく別仕立て。パーカはコットン59%、ポリエステル31%、カシミア10%であるのに対し、パンツはコットン85%、カシミア15%による2重組織ニット。40年のノウハウによるこの微妙なこだわりこそが“超快適”を生む秘密なのです。

フーディー¥42,900、パンツ¥42,900
CABaN(キャバン)/キャバン 代官山店 https://caban.jp
※すべて税込

プラダ:ミニマル美とリッチを極めたウールカシミア製

櫻井氏連載

世界的なトップメゾンとして人気を博すプラダは、なかでも都会的なミニマルスタイルに定評を持つブランド。定番的なスウェットにこそ真価が発揮されているのです。ラグジュアリーなタッチと耐久性を考慮したプレミアムニットは、ウール70%にカシミア30%をブレンドした独自素材。毛足豊かなニット地により、確かなコシと滑らかさが堪能できる仕上りです。パーカの首裏部分とパンツのバックポケットには、それぞれトライアングルロゴを模したラベルをセット。ミニマルさのなかにもブランドを静かに主張するデザインがさり気なく効いています。

パーカ¥291,500、パンツ¥253,000
PRADA(プラダ)/プラダ クライアントサービス https://www.prada.com/jp/ja.html
※すべて予定価格 ※すべて税込

ロロ・ピアーナ:カシミアシルクの贅沢仕立て

櫻井氏連載

カシミア、ビキューナ、ウールなど、最高級テキスタイルブランドとして知られるイタリアのロロ・ピアーナ。特に素材使いに関しては世界最高峰と評されています。この一着も厳選されたカシミアシルク素材を使用し、優れた保温性に加え官能的なしっとり感を備えています。クラシカルなスポーツウェアを範としたデザインは、計算されたラグランスリーブにより肩回りを優しく包み込むフィット感がポイント。非常にシンプルですが、ジップやドローストリングに自社のシグネチャーカラーを配すなど、さり気なくブランドを演出するディテールも取り入れています。

パーカ¥248,600、パンツ¥202,400
Loro Piana(ロロ・ピアーナ)/ロロ・ピアーナ ジャパン https://jp.loropiana.com/ja/
※すべて税込

櫻井氏連載

Profile
櫻井賢之 スタイリスト

1971年、東京生まれ。ファッション誌編集部員を経て2001年よりフリーランスのスタイリストとして活動を始める。音楽や芸能シーンも手掛け、マルチに活躍している。クラシックからモードまでの幅広い知識から構築する、論理的かつ洗練されたスタイリングは特に高い評価を受けている。

コート¥97,900、フーディー¥42,900、パンツ¥42,900 、他私物
CABaN(キャバン)/キャバン 代官山店 https://caban.jp
※すべて税込

Staff
スタリング櫻井賢之
撮影
鈴木克典
長谷川 剛
編集
藤倉大輔


【関連記事】
トレンド×モード×ラグジュアリーのMixスタイリング 〜ダウンベストのモダンスタイリング〜
トレンド×モード×ラグジュアリーのMixスタイリング 〜最先端セットアップ〜
男らしさだけじゃ物足りない! +αを楽しめる味変レザーアウター