BMW
(画像=BMW)

ダイナミックな走りのスポーツサルーン&スポーティSUVが人気のBMWが、既存の“特別限定車”の概念を払拭する超スペシャルなクルマを発売。日本の織物の最高峰「西陣織」とX7が、「蒔絵螺鈿細工」と8シリーズ グラン クーペが、「打ち込み象嵌」と7シリーズ サルーンがコラボレーション! 人とは違う特別なクルマに乗りたい方は、見逃せない3台です。

西陣の色彩芸術を内装に採用したBMW X7

「う〜む、近頃は在り来たりのクルマばっかりだな。もっと特別感のあるクルマが欲しいんだけどなぁ」と密かに思っているクルマ好きのオヤジは少なくないはず。若い頃は個性を出したくて、タイヤ&ホイールを変えたりスポイラーを付けたり、あまつさえボディカラーを塗り替えたりしましたっけ。でもね、そうしたエクステリアを変えるのは意外と簡単なんですが、インテリアを自分好みに変えるのはなかなか難しく…内装貼り替えの専門業者とかに頼むしかなかったんですな…。 そんなインテリアに不満をお持ちのオヤジに朗報です!

去る9月22日、BMWは、BMW X7 xDrive40d Pure Excellenceをベースに、希少性の高い“自分だけの1台”を作りあげるBMW Individualによる内外装に加え、日本が世界に誇る西陣の色彩芸術をインテリア・トリムおよびフロント・センター・アームレストに採用した特別モデルを発表しました。

BMW
(画像=BMW X7 西陣織エディション(1680万円)の外装色には、BMW Individualカラーのアメトリンを採用。複数の顔料を巧みに使用し、多層塗りによる深みのある色彩を実現しており、光のうつろいによって色彩が美しく変化するのが魅力です。)

インテリア・トリムは、300年前以上前からの引箔技術を今もなお支え守り続ける一方、世界に向けて伝統工芸の枠を超えた新たなモノづくりにも積極的に取り組んでいる京都・西陣で箔屋としての歴史を重ねてきた村田商店の直営工房となる『有限会社 楽芸工房』が手掛けています。

フロント・センター・アームレストは、伝統を守りながらも常に挑戦と確信を取り入れた進化を継続し、世界に向けて西陣織の高い技術と芸術性を発信し続ける、1889年創業の老舗西陣織メーカー『株式会社 加納幸』によるもの。

幾重にも重ねられた金銀箔やさまざまな顔料による立体的な輝きと深みのある色彩のトリムが、インテリアに入り込む光を受けて季節や時間ごとに表情を変えます。また、立体感のある織の一目一目から優雅な光と色彩を放つフロント・センター・アームレストが、卿雲(けいうん)をイメージした白い立体模様の織を加えることで、日中の日の光だけでなく夜間のスカイルーフに映える美しい星空の中でも優雅な雰囲気を演出。

BMW
BMW
BMW
(画像=内装はアイボリー・ホワイト・カラーのBMW Individualフル・レザー・メリノ、BMWアルカンタータ・ルーフライナーを採用。そして日本が世界に誇る西陣の色彩芸術をインテリア・トリムおよびフロント・センター・アームレストに採用し、“世界にたった3台”というプレミアム感を醸し出しています。)

この「光と色彩のうつろい」をコンセプトに、日独の色彩技術と、日本人の繊細な美意識によって唯一無二の存在に仕上がった限定車は、「今までのBMWでは満足できない」人に相応しい! たった3台のみの特別限定車は、BMWオンライン・ストアで受注しています。お早めにチェックしてくださいませ。

「THE 8」と「THE 7」も“日本の伝統美”と融合

実は日本の伝統文化とコラボしたBMWは、「西陣織×X7」が最初ではありません。第1弾として「蒔絵螺鈿細工×8シリーズ グラン クーペ」が、第2弾として「打ち込み象嵌×7シリーズ サルーン」が既に発売されていたのです。

BMW
BMW
(画像=世界の最先端を走るBMWの技術と美意識に、対極の文化である日本の伝統工芸「「束熨斗」の絵柄が共鳴! 個性的な8シリーズ グラン クーペのコクピットが、ますます特別なスペースに仕上がっています。残念ながら限定車3台は既に完売しております。)

京都に工房を構える世界的漆芸家・岡田紫峰氏が漆芸を施した8シリーズ グラン クーペのインテリアは、あまりにも対極過ぎる美の融合で一見すると「えっ!?」と訝るような印象を受けますが、よくよく見ると江戸時代から日本の伝統工芸に広く用いられてきた「束熨斗(たばねのし)」の絵柄が繊細かつ美しく、8シリーズの高級なパーソナルスペースに絶妙にマッチしているのがわかります。

BMW
BMW
(画像=日本の人間国宝がインテリアを手掛けた…という特別感によって、食指が動くでしょう? 打ち込み象嵌のよる枝垂れ桜はシックで美しく、750Liのプレミアムなインテリアにマッチしています。)

BMWのフラッグシップサルーン 750Liのインテリアを、人間国宝の奥山峰石氏が「打ち込み象嵌」という伝統工芸でドレスアップ! 打ち込み象嵌とは銀の板に赤銅を混ぜた合金に下絵を描いたものを切り抜いて銀盤に接合し、それを木づちや金づちで丁寧に叩き込んで仕上げるという技法のこと。その打ち込み象嵌によって描枯れた枝垂れ桜が、ダッシュボード上と前後左右のドアトリムを飾り、750Liのプレミアム感がさらにアップしています。

第1弾、第2弾、第3弾のBMWは、いずれも特別なクルマであることは間違いありません。ここ最近の“在り来たり”なクルマに辟易している貴兄にこそ、相応しい特別限定車です。

BMWカスタマー・インタラクション・センター
問い合わせ:0120-269-437
http://www.bmw.co.jp

Staff
文_高 成浩


【関連記事】
ゲレンデヴァーゲンよ、お前もか!? 電動化したGクラスの「コンセプトEQG」
灯火楽しむ、五感を満たすスーパーオープン3台
あなたならどう使う!? ニューリッチのアクティブライフの相棒的SUV Jeep Gradiator