フランク ミュラー

「複雑時計の巨匠」をはじめ、賛辞をこめた様々な異称で呼ばれる天才時計師フランク ミュラー。氏が初めて自らの名を冠した腕時計ブランドを立ち上げたのが、1992年のことです。老舗が居並ぶスイス高級腕時計の世界で圧倒的に若い後発者は、瞬く間にトップグループに名を連ねる存在になりました。現在も揺るぎのない地位と人気を誇り、ブランドと同じその名の時計師が現役で采配を振るうフランク ミュラーは、いまも進行するスイス時計界の伝説です。

1992年、フランク ミュラーは高級時計の祭典ジュネーブ・サロンに初登場しました。天才との前評判が広まるなかで、複雑さと美術的価値を併せ持つ両義的な魅力の腕時計は、センセーションを巻き起こしました。その年は“世界で最も複雑な機構”と呼ばれた「キャリバー92」=クロノグラフとパーペチュアルカレンダー、トゥールビヨンが搭載された超弩級の複雑時計を制作した年でもあります。

誰をも納得させる複雑時計の技術と、ひとの心の琴線に触れる美的感覚。まったく異なる領域の2つの魅力は、男女の境も超え、時計へのマニアックの度合いも問いません。変わることのないその魅力が、30年を経た今も、フランク ミュラーの新鮮さを保ち続けます。

象徴のケースフォルムが熟成進化! 風防をストラップに接するまで拡張し、視認性を格段にアップ

フランク ミュラー

2022年の最新作であるカーベックスCXは、フランク ミュラーを象徴するケースフォルムのデザインを見直し、新しいトノウ カーベックスとして誕生。サファイアクリスタル製の風防をストラップに接するまで拡張し、文字盤の視認性を大幅に向上させたほか、ベゼルをケースから独立させることで美しいツートン仕上げを実現しています。極めて高度な技術を駆使し、新しく現代的なスタイルのトノウ カーベックスは、フランク ミュラーが生み出した独創的な三次元曲線フォルムの魅力を最大限に引き出しています。また造形上の美観は、そのまま人間工学的な装着感の向上にもつながり新たなストラップの着け心地には感動することでしょう。

カーベックスCXのダイアルにあるギョウシェ彫りは、このモデルのために新開発されています。クルー・ド・パリにねじりを加えたような模様が、文字盤上に躍動感を与えています。文字盤の美しさを際立たせるサファイアクリスタルの風防の下には薄型のインナーベゼルを取り付け、クラシックかつエレガントに仕上げたコレクションです。カジュアルなファッションが主流となっている中、ここから夏に向けてTシャツやサマーニットなどラフなスタイリングの際に袖口でしっかりと存在感をアピールしてくれる逸品。トレンドとも相性がよく、それでいてリッチなオジサンをアピールしてくれるので、ファッション目線の時計選びとしてハズせません。

「CURVEX CX」
価格・発売時期未定

ケースサイズ:縦:53.1mm.横:36mmストラップ幅:21mm
ケース素材:ステンレススティール×18Kピンクゴールド
ストラップ:クロコダイル×ラバーストラップ
ムーブメント:(自動巻き)
パワーリザーブ:約42時間
防水性:日常生活防水

“トゥールビヨンとダミエ柄の故事”を読み返す、特別な腕時計

フランク ミュラー
フランク ミュラー
フランク ミュラー

*販売商品と仕様が変わる場合があります

「CINTRÉE CURVEX 30th」
「トノウ カーベックス 30th」

フランク ミュラーのアニバーサリーイヤーを記念するモデルは、シンプルな3針ウォッチです。「複雑時計の巨匠」フランク ミュラーは節目の年の記念モデルをコンプリケーションにせず、その代わりに貴重な象徴を与えました。この時計の文字盤表面に施されたギョウシエは“ダミエ”(damier)、市松模様を描く網目状の模様。見慣れないこのギョウシエは、フランク ミュラーにとって特別な意味を持つものなのです。ブランド創業30周年を記念する2022年の新作として「トノウ カーベックス 30th」が登場します。

フランク ミュラー
(画像=インペリアル トゥールビヨン)
フランク ミュラー
(画像=インペリアル トゥールビヨン ダミエ ギョウシェ)

フランク ミュラーは過去に1年のみ、限られた2つのモデルにこのダミエ模様を用いたことがあります。フランク ミュラーの歴史上でも特別なそのモデルは「インペリアル トゥールビヨン」と「トノウ カーベックス ミニッツリピーター トゥールビヨン」、いずれも1996年の作です。この2作でフランク ミュラーは、トゥールビヨンのケージを、上下3振りずつの剣型でかたどりました。これには動き続ける剣で悪魔を祓い、持ち主を災いから護るという意味が込められており、複雑機構に寓意と物語性を重ねるフランク ミュラーの哲学的な時計造りの真髄を描くものでした。なおかつ「トノウ カーベックス ミニッツリピーター トゥールビヨン」は、トノウ カーベックス トゥールビヨンにミニッツリピーター作動インジケーターを組み込んだ、画期的なモデルでもありました。これらの記念碑的な時計にたった一度のみ、ダミエ柄が与えられたのです。

30周年記念モデル「トノウ カーベックス 30th」は、その貴重な歴史を掘り起こしました。トゥールビヨンではないその腕時計は、フランク ミュラーにとって重要な“トゥールビヨンとダミエ柄の故事”を読み返す、特別な腕時計です。過去4半世紀にわたって存在しなかった伝説の“ダミエ”が、もう一度蘇ります。

「CINTRÉE CURVEX 30th」
2,695,000円(税込)
2022年5月発売予定

ケースサイズ:縦:45mm.横:32mm
ケース素材:18Kイエローゴールド
ストラップ:クロコダイルストラップ
ムーブメント:(自動巻き)
パワーリザーブ:約42時間
防水性:日常生活防水

FRANCK MULLER (フランク ミュラー)
https://franckmuller-japan.com/


【関連記事】
リシャール・ミル「RM 47 トゥールビヨン」は、約4年の歳月をかけて開発されたコンプリモデル
世界が驚く画期的なコンプリケーションを搭載! 技術力をみせつけたグランドセイコー
新作であることが一目瞭然! リューズとデイト表示を9時位置にレイアウトした ロレックスの人気モデルが進化
ウブロ大人気モデル「ビッグ・バン」に史上初のスクエア型!
コンプリケーションとサスティナビリティ2つの果敢な冒険に挑むパネライの最新モデル