レザー

いよいよレザーのシーズンがやってきました。「今年は結構豊作なのですが、それだけにレザー=男らしさ一辺倒からの脱却を図りたいところ。時にスポーティに、時にスタイリッシュに、時にストリートに…。そもそも存在感の強いアイテムとあって、さらに+αの魅力が備わると、ベーシックになりがちなオヤジの秋コーデも断然キマリやすくなりますよ」。戸賀編集長も秋冬に欠かせないアイテムにあげています。

まず狙いドコロは、やっぱりスポーツ系レザー

ドルチェ&ガッバーナ

戸賀編集長が着こなすのは、ラムスエードを採用したブルゾン。質感こそシックですが、ラバープリントにデザインされたDGロゴがストリートな雰囲気をアピールします。裏地のナイロンも、鮮やかなブルーで実にスポーティ。「それでもチープに見えないのがレザーの魅力」とは戸賀編集長の弁。確かに、上質さとスポーティの両立がキーワードとなる昨今において、レザーは打ってつけの素材と言えます。カシミアニットにストライプを配したパンツとの組み合わせも、上品に着こなすための大切なポイントです。

DOLCE&GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)
ブルゾン¥429,000、ニット¥123,200、パンツ¥110,000 *すべて税込
ドルチェ&ガッバーナ ジャパン
http://jp.dolcegabbana.com/ja/

一見オトコくさいけど、纏うと洗練顔に!

トム フォード

シボの入ったラムレザーから香り立つ、上品な色気が感じられる一着。深みのある色合いも、その雰囲気を後押しします。一方で、ダブルながらスタンドカラーを採用したデザインは、いざ着ると意外にもシュッとしたシルエットに。スリムなシルエットはライダースの本懐ですが、リラックスシルエットが巷に溢れる今となっては、もはや新鮮な印象を楽しませてくれます。そんな中、おなじみのビッグジップがアイキャッチに。このブレない姿勢は、なんでもユルい今の時代において一層ワイルドです。

TOM FORD(トム フォード)
¥693,000(税込)
トム フォード ジャパン
www.tomford.com

ボンバージャケットはオヤジでもあえてのオーバーサイズで

プラダ

このワイドでルーズなオーバーサイジング。まさしく、今らしいシルエットです。そう、レザーだってゆったり着るのがトレンド。特にコチラは、アームを見ればわかる通り丸みのあるパターンによって、そのルーズな雰囲気をより強調します。本来なら無骨なボンバージャケットも、モダンに昇華されています。それでいて、ヴィンテージ加工を施したナッパレザーは、古着的な味わいも両立。さらに、おなじみのトライアングルロゴをポケット自体の形でも示したアームポケットが、遊び心も加えています。

PRADA(プラダ)
¥737,000(予定価格)
プラダ クライアントサービス
www.prada.com

ドレスな美意識が散見されるオヤジのライダース

サンローラン

サンローランといえば、クラシックモーターサイクルジャケットは鉄板的アイテムです。その名の通り、シガレットポケットをはじめダブルライダースにおける王道的なデザインを踏襲しているのが特徴。しかし、見どころはそれだけにあらず。コンパクトなショルダーライン、タイトなボディ、やや長めの着丈と、いざ袖を通せばそのシルエットはもはやスーツ並みのストイックさを披露します。ワイルドというより、もはやドレッシー。レストランに着ていける唯一のダブルライダースジャケットという評は、まさに言い得て妙です。

SAINT LAURENT(サンローラン)
¥605,000(税込)
サンローラン クライアントサービス
www.ysl.com

ラグジュアリーとミリタリーの絶妙な塩梅

フェンディ

シアリングを採用した襟に、B-3やB-6といったフライトジャケットの面影を感じさせるコチラ。もちろん、フェンディが手掛けているため、リッチさは申し分なく、加えて無骨さとのバランスが絶妙なんです。ゆったりとしたシルエットによるリラックス感や、ロゴやパーツを排したシンプルなデザインも、ミリタリーにもラグジュアリーにも寄り過ぎていない絶妙なバランス感をアピール。軽い着心地と着まわしやすさを実現しています。

FENDI(フェンディ)
¥1094,500(税込)
フェンディ ジャパン
www.fendi.com

Staff
撮影鈴木克典
スタイリング
鈴木 肇
安岡将文
編集
藤倉大輔


【関連記事】
オヤジこそ週末ニットはロゴドン! でも雰囲気はシックに
オヤジのスニーカーは、ベーシックと遊びのバランスが命です
大切な人の足元を彩るルイ・ヴィトンの新作シアリングブーツ