(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
WEALTH
-
2019.3.13

「富裕層」って一体どういう人たちなのか?

最近、ニュースなどで「富裕層向けマンションの販売が好調」「富裕層に対する課税を強化」など「富裕層」という言葉をよく目にする。しかし、富裕層とは一体どのような人のことをいうのだろうか。そこで今回は、富裕層について考えてみたい。

NRIによる富裕層の定義

富裕層という言葉に明確な定義があるわけではないが、野村総合研究所が2016年8月~9月に、全国の企業オーナーを対象に調査した「NRI富裕層アンケート調査」の調査結果のレポートでは、次のように分類されている 。 

(1)超富裕層……純金融資産5 億円以上
(2)富裕層……純金融資産1 億円以上5 億円未満
(3)準富裕層……純金融資産5,000 万円以上1 億円未満
(4)アッパーマス層……純金融資産3,000 万円以上5,000 万円未満
(5)マス層……純金融資産3,000 万円未満


ここでいう純金融資産とは、保有する預貯金、株式、債券、投資信託などの金融資産の合計額から負債を差し引いた額である。

この5分類による純金融資産の合計額と世帯数を見ると、 

(1)超富裕層の純金融資産保有額が75兆円(7.3万世帯)
(2)富裕層が197兆円(114.4万世帯)
(3)準富裕層が245兆円(314.9万世帯)
(4)アッパーマス層が282兆円(680.8万世帯)
(5)マス層が603兆円(4173.0万世帯)


となっている。 
(1)の超富裕層と(2)の富裕層が真の富裕層だと考えると世帯数が122 万世帯、純金融資産総額が272 兆円となる。世帯全体における富裕層の割合は、世帯数で2.3%、純金融資産額で19.4%となっている。つまり、全世帯のわずか2%の人たちが全体の約2割の資産を保有しているのだ。

なお、同レポートによれば、2013 年の世帯数と比較して、富裕層は20.0%、超富裕層は35.2%増加し、両者を合わせると20.9%増えているとのことである。アベノミクスにより株価が上昇し、金融資産を保有している比較的裕福な世帯のランクが上昇したためと考えられている。

また過去10年で見てみると、超富裕層と富裕層とも2005年から2007年に掛けては金融資産が増加しているのに、2009年にはがくっと減っている。それはリーマンショックによる影響と思われる。その後、2013年、2015年と資産額が増加し、リーマンショック前の資産額を上回るまで回復している。

一方、単身世帯の増加や高齢化などによって、世帯当たりの所得金額は減少傾向にあり、金融資産を多く持つ富裕層は益々利益を享受し、金融資産をほとんど持たない層の人は株価上昇の恩恵を受けられないという状態が生じている。ちなみに、最下層であるマス層の世帯割合は78.9%もある。つまり、全体の約8割は最下層に位置づけられる。多くの人たちがマス層にいるということは、多くの人がアベノミクスでの恩恵を受けられていないということだ。だから、景気が回復しているはずなのに、景気がよくなっているという実感が湧かないのだ。 

富裕層はどんな人達なのか

富裕層の分類については分かったとして、実際の富裕層はどのような人達なのだろうか。今は、国税庁が長者番付を公表していないため、公的な資料からは富裕層がどのような人たちなのかはわからない。しかし、誰もが知るような企業の創業者などは多額の資産を持っているだろう。

アメリカの経済誌である『フォーブス』(日本版はプレジデント社)は毎年長者番付を発表しているので、そこに現れる人は間違いなく富裕層である。ちなみに同紙の2016年日本長者番付によると、1位がユニクロで有名なファーストリテイリングの柳井正氏で総資産が1兆8419億円、2位がソフトバンクの孫正義氏で1兆6837億円、3位がサントリーホールディングスの佐治信忠氏で1兆3221億円、4位が計測メーカーのキーエンスの創業者である滝崎武光氏で9379億円、5位が楽天の三木谷浩史氏で6441億円となっている。予想通り有名企業の創業者で、いずれも桁違いのお金持ちである。

『週刊現代』(講談社)が「発表!ニッポンの『ウラ大金持ち』100人」と題する記事では、次のようなランキングを発表している(敬称略)。 

1位 滝崎武光(キーエンス、総資産3062億円、年収9.8億円) 
2位 前澤友作(スタートトゥデイ、総資産2493億円、年収17.7億円) 
3位 三木正浩(ABCマート、総資産2332億円、年収31.7億円) 
4位 元谷外志雄(アパグループ、総資産2200億円、年収33億円) 
5位 馬場功淳(コロプラ、総資産1751億円、年収11.5億円) 
6位 笠原健治(ミクシィ、総資産1543億円、年収33.2億円) 
7位 島村恒俊(しまむら、総資産812億円、年収10.9億円) 
8位 田中良和(グリー、総資産737億円、年収13.1億円) 
9位 藤田晋(サイバーエージェント、総資産730億円、年収7.5億円) 
10位 澤田秀雄(エイチ・アイ・エス、総資産724億円、年収6.8億円)


こちらは、「裏の大金持ち」と題しているが、そう言えるのはキーエンスの創業者くらいで、それ以外は有名な企業の役員ばかりだ。やはり、起業して成功しなければ超富裕層にはなれないということなのかもしれない。

お金持ちはうらやましい限りだが、お金持ちになると税や社会保険料の負担が大きくなる。また富裕層に対する課税の強化が進められており、2015年度税制改正では、一定の基準に対し、その保有する財産及び債務に係る調書の提出を求められる 。提出をしないと罰則の適用もあるので、お金持ちはお金持ちで大変なのだ。

文・ZUU online編集部

【関連記事】
超富裕層が絶対にしない5つの投資ミス
「プライベートバンク」の真の価値とは?
30代スタートもあり?早くはじめるほど有利な「生前贈与」という相続
富裕層入門!富裕層の定義とは?
世界のビリオネア5人が語る「成功」の定義
PREV ペンと紙と封筒があればできる「自筆証書遺言」作成の注意点とは
NEXT FPが語る「親は財産をいくら持っているのか?」 を知る方法