(画像=ITTIGallery/Shutterstock.com)
(画像=ITTIGallery/Shutterstock.com)
WEALTH
-
2018.11.30

超富裕層が絶対にしない5つの投資ミス

単純な投資ミスは避ける

米の事業開発専門家ヴァン・ターバー氏いわく、純資産として3000万ドル以上を所有する超富裕層(UHNWI)がより注意を払っているのは、「単純な投資ミスの回避」だという(インベストペディア2017年12月27日付) 。
 
初心者だけではなく、投資経験がある人でも見落としがちな「UHNWIは絶対やらない5つの投資ミス」から、大富豪の投資ルールを学ぼう。

リスクのとり方で差が出る

インベストペディアによると、UHNWIの純資産は、民間・上場企業の株式や不動産、アート、飛行機、自動車などの個人投資で構成されている。UHNWIの富は特別な投資戦略を土台に築き上げたものではなく、「お金を稼ぐための基礎を理解し、計算されたリスクをどのようにとるかを判断することで生まれたものだ」とターバー氏はいう。
 
庶民でもこうした知識や経験を身に付ければ、超富裕層並みの富を築くチャンスをつかむことができるだろう。
 
倒産寸前だったバークシャー・ハサウェイを時価総額490074億ドル(ブルームバーグ2018年7月のデータ)の持ち株会社に育て上げたウォーレン・バフェット氏の投資ルールは、「1.絶対に金銭的に損をしないこと 2.ルール1を忘れないこと」だという。
 
UHNWIは絶対やらないが、一般的な投資家にありがちな投資ミスは以下の5つだ。

1:先進国株しか買わない

一般的な投資家や投資初心者にとって、米株や欧州株といった先進国の株は手をだしやすいが、UHNWIは新興市場にも目を向けている。UHNWIに人気の新興市場はインドネシア、シンガポール、チリなど。
 
だからといって安易に新興株を買いあさるのではなく、独自の調査を行い、自分のポートフォリオやと総体的な投資戦略と適合するかどうかを判断するのも重要だ。 

2:株や債券にしか投資しない

不動産や設備などを「有形資産」というが、UHNWIは有形資産の価値を理解し、バランスよくポートフォリオに組み込んでいる。
 
特に不動産投資は、株価の変動のバランスをとる手段として、UHNWIに根強い人気をほこる。流動性の欠如とまとまった投資資本が必要という観点から、資本の少ない投資家の間では有形資産への投資を躊躇する傾向が見られる。しかしUHNWIいわく、実はこれらの資産は市場の影響を受けにくい上に、長期的なリターンをもたらす。

3:他の投資家に対し、競争心をむきだしにする

資本の少ない投資家ほど、他の投資家が「何に、どれぐらい投資しているのか」が気になるようだ。競争心をむきだしにして、ライバルの動きを真似する、あるいはそれを超えようとする。この種の競走に巻き込まれない努力をすることは、富を築く上で非常に重要だ。
 
UHNWIは投資判断を下す前に、投資目的と長期的な投資戦略を確立し、周囲の雑音にまどわされることなく、ひたすら自分のゴールに向かって突き進む。
 
そもそもUHNWIは自分の資産と他人の資産を比べたり、見栄をはるために浪費することもない。「自分の方がお金持ちだ」と優越感にひたったり、「あいつの方がお金持ちだ」と劣等感を感じているのは、小金持ちやお金に余裕がない人が多い。UHNWIは、そんな暇やお金があれば、資産をさらに増やすために投資する。 

4:ポートフォリオのリバランスを怠る

「リバランス」とは、各資産クラスのウェイトを元の状態に戻すために、ポートフォリオの一部を売買するプロセスを指す。(インベストペディア2018年1月30日付)
 
リバランスを定期的に行うことで、ポートフォリオに適切な多様性をもたせ、バランスよく配分された状態に保つことができる。しかし特定の資産運用構成を意識している投資家ですら、リバランスを怠り、ポートフォリオに偏りがでる場合がある。
 
UHNWIは毎日、毎週、毎月といったペースで定期的に自分のポートフォリオを見直し、必要に応じてリバランスを行う。
 
「リバランスのための時間がない」というのであれば、専門家に依頼してでも実行すべき重要なプロセスだ。 

5:貯蓄戦略を立てない

投資は富を築く最良の手段ではあるものの、投資に専念しているだけではお金はそれほど増えないかも知れない。
 
UHNWIにとって、「投資」と「貯蓄」は一対になっている。かしこく投資して、かしこく貯蓄するのがUHNWIだ。
 
「大金持ちは節約や貯蓄しない」というのは庶民の思いこみで、バフェット氏やザラ創設者アマンシオ・オルテガ氏など、浪費を嫌い、質素な生活を続けているビリオネアもいる。 例えば「100万ドル稼ぐ」ことを目標にしているのなら、あえて生活水準を下げることによって、より短期間で目標を達成しやすくなるだろう。

卵は一つのかごに盛るな 

超富裕層は「Don't put all your eggs in one basket.(卵は一つのかごに盛るな)という教訓を常に意識している。つまり、万が一のときでも、被害が分散されるように逃げ道を用意しておくということだ。有り余るほどのお金を持っていても、市場の頃合いを測ることは不可能。投資の機会を最大限に生かし、些細なミスを予防することで、資産を上手く増やしているにすぎない。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

文・ZUU online 編集部

【関連記事】
超富裕層が絶対にしない5つの投資ミス
「プライベートバンク」の真の価値とは?
30代スタートもあり?早くはじめるほど有利な「生前贈与」という相続
富裕層入門!富裕層の定義とは?
世界のビリオネア5人が語る「成功」の定義

PREV 病院の院長先生の年収はいくら?
NEXT 保険料と税金がサラリーマンを襲う 本物のお金持ちの税負担が低い理由とは?