オリックス生命,医療保険,新CURE
(画像=only_kim/Shutterstock.com)

保険は複雑で、内容を理解するのは難しいと感じる人も多いだろう。今回は、プロが選ぶ保険ランキングで上位になることが多い、オリックス生命の新キュアの特徴を詳しく解説する。

オリックス生命の医療保険は4種類

2019年現在、オリックス生命の医療保険には「医療保険 新キュア」「医療保険 新キュア・レディ」「医療保険 新キュア・サポート」「死亡保障付医療保険リリーフ・ダブル」がある。中でも、保険料が安く人気があるのが「医療保険 新キュア」だ。

オリックス生命 新キュアの特徴4つ

まずは他の医療保険と比較し、オリックス生命の医療保険 新キュアの強みと考えられる点を4つ紹介しよう。

七大生活習慣病に特に手厚い

新キュアの入院給付金は、一般的な病気やケガの場合の支払限度日数は1入院60日だが、入院日数が長くなる七大生活習慣病の場合は1入院120日まで保障される。さらに、三大疾病では支払日数が無制限となる。

三大疾病とは、がん、心疾患、脳血管疾患のことで、これに糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変、慢性腎不全を加えたものを七大生活習慣病という。生活習慣病の平均在院日数は脳血管疾患が78.2日、高血圧性疾患が33.7日、糖尿病が33.3日のため、三大疾病や七大生活習慣病の入院給付金が長めに設定されていることは手厚い保障と言える。

約1,000種類の手術を保障

新キュアは、支払い対象となる手術の種類も多い。他社の医療保険なら適用対象外でも、新キュアなら保険金が下りる場合があるということだ。対象となる手術には、公的医療保険制度の給付対象となる手術・放射線治療・骨髄移植、先進医療、骨髄幹細胞の採取術などがある。

入院中に手術を受けた場合は主契約の入院給付金日額の20倍、外来で受けた場合は主契約の入院給付金日額の5倍の手術給付金を受け取れる。 保険会社によっては、給付金の支払回数に上限が定められている場合もあるが、新キュアは何度でも給付が受け取れる。

先進医療への保障も充実

先進医療は公的医療保険制度の対象ではないため、技術料は全額自己負担となってしまう。たとえば、陽子線治療の費用は約271万円と高額だが、これをカバーできるのが先進医療給付金だ。他の医療保険では特約として付けられることが多いが、新キュアでは主契約に含まれている。通算2,000万円までではあるが、重要な保障だ。

また、先進医療一時金で交通費や宿泊費もカバーできることにも注目したい。実は先進医療を受けられる施設は少ないため自宅近くにないことが多く、治療内容によっては遠方の施設に行かなければならないこともある。このような場合でも、交通費や宿泊費として手術費の10%相当額(限度額50万円)が支給される。これは心強い保障内容だろう。現在加入している保険があるなら、このような保障があるかどうか確認してみよう。

お手頃な保険料で病気・ケガによる入院・手術を一生涯保障

新キュアは解約返戻金がない分、保険料が割安だ。また更新がないため、保険料はずっと加入時のまま上がらない。保険への加入を検討する際、毎月の保険料はなるべく安く済ませたいと考えるはずだ。新キュアは保険料が安い割に保障が手厚く、保障が一生涯続くのも魅力だ。

新キュアの基本保障内容

新キュアに加入すると、万が一の時給付金はいくらもらえるのだろうか。まずは、基本プランについて確認しよう。新キュアには日額1万円コースと日額5,000円コースがあるが、ここでは加入率の高い5,000円コースで説明する。1万円コースは、その2倍と考えてもらえばいい。

疾病入院給付金・災害入院給付金

病気・ケガによる入院では、1日につき5,000円の給付金を受け取れる。日帰り入院でも保障対象となるのは、大きなメリットと言えるだろう。ただし、日帰り入院でも5日分の給付金を受け取れる保険(アフラックなど)もあることは、比較検討のポイントとして知っておこう。

給付期間は、三大疾病は無制限、七大生活習慣病は1入院120日まで、それ以外は1入院60日までだ。

手術給付金

所定の手術を受けたとき、入院中の場合は1回につき10万円、外来の場合でも2万5,000円が給付される。保障の金額は他の保険と同程度だが、前述のとおり何度でも適用されること、約1,000種類の手術に適用されることがポイントだ。

先進医療給付金・先進医療一時金

2,000万円の保障は一般的だが、前述のとおり特約ではなく主契約に含まれていることや、交通費や宿泊費に充当できる一時金が給付されることが、他の保険に比べて優れている点と言えるだろう。

新キュアの選べる特約

特約は、主契約に上乗せして付けることができる。付けるごとに保険料は上がっていくため、何をどれだけ付けるについては、よく検討する必要がある。

重度三疾病一時金特約

支給条件は、以下のとおりだ。

・がん一時金
初回:初めてがんと診断確定されたとき
2回目以降:がんの治療を目的として入院を開始したとき
支払回数無制限(ただし、1年に1回を限度とする)

・急性心筋梗塞一時金
急性心筋梗塞の治療を目的として入院を開始したとき
支払回数無制限(ただし、1年に1回を限度とする)

・脳卒中一時金
脳卒中の治療を目的として入院を開始したとき
支払回数無制限(ただし、1年に1回を限度とする)

重度三疾病一時金特約は、がん、急性心筋梗塞、脳卒中になった場合に一時金を受け取れる特約だ。支払回数は無制限だが、それぞれの疾病について1年に1回までであることに注意したい。

がんに関しては2回目以降の場合、入院の開始が条件となる。また、がん以外は1回目の給付から入院の開始が条件となっている。保障額は1万円コースで100万円(200万に変更可能)、5,000円コースで50万円(100万円に変更可能)だ。

がん一時金特約

上記の重度三疾病一時金特約のうち、がんの保障だけを付けるものだ。「とりあえず、がんにだけは備えておきたい」という人におすすめだ。保障額は1万円コースで100万円(200万に変更可能)、5,000円コースで50万円(100万円に変更可能)。支給条件は、重度三疾病一時金特約のがん一時金と同様である。

がん通院特約

がんの治療を目的として、以下の通院をしたときに支払われる特約である。最近は通院治療が増えているため、こちらの特約を付ける人が増えているようだ。保障額は1万円コースで1日1万円、5,000円コースで1日5,000円となっている。ただし、がん通院特約は単独では付けることができず、重度三疾病一時金特約かがん一時金特約とセットで申し込まなければならない。

支給の条件は、以下のとおりだ。

・がんにより入院給付金の支払事由に該当する入院をし、その退院後の1年(通院治療期間)以内の通院…通院治療期間あたり60日を限度
・所定の手術、放射線照射、温熱療法、抗がん剤治療(腫瘍用薬のみとし、経口投与を除く)のための通院…支払日数無制限

通院治療支援特約(退院時一時金給付型)

主契約の疾病入院給付金または災害入院給付金が支払われる入院をしたあと、生存して退院したときに給付金が支払われる特約である。1万円コース、5,000円コースのどちらも1回3万円(10万円まで変更可能)の給付を通算50回まで受けられる。ただし、退院日翌日から180日以内に再度入院をした場合、支払いは1回のみである。

入院一時金特約

主契約の疾病入院給付金または災害入院給付金が支払われる入院をしたとき、1万円コース、5,000円コースのどちらも1回3万円(1万円コースは20万円まで、5,000円コースは10万円まで変更可能)を受け取れる。こちらも通算50回までだ。ただし、通院治療支援特約と同様に、退院日翌日から180日以内に入院した場合、支払いは1回のみだ。

オリックス生命の医療保険にお得に加入するには

年払いでお得に

保険の払い方には「年払い」「半年払い」「月払い」がある。まとめて払うと割引が適用されるため、少しお得だ。新キュアでは、どの払い方でも選択できる。まとめて払う余裕があるなら、「年払い」をおすすめする。

クレジットカード払いでお得に

保険の払込方法は、口座振替とクレジットカード払いがある。最近は、基本的にどの保険会社でもクレジットカード払いができるようになっている。どうせ払うなら、ポイントが貯まるクレジットカードで払いたいところだ。

ただし、クレジットカードが更新された場合や、結婚してカードの名義を変えた場合などは、保険会社に登録しているカード情報も更新しなければならない。これを失念すると保険料の払い込みができなくなり、最悪の場合強制解約となってしまうことがあるので気をつけよう。

60歳払済にしてお得に

新キュアの場合、保険料をいつまで払うかについても選択できる。55歳までに契約するなら60歳払済、65歳払済、終身払のどれでも選ぶことができる。契約時の年齢が60歳以上、80歳以上になると選択肢は減る。

早く払い終えるほうが支払保険料の総額は少なくなるので、55歳までに申し込めて、かつ金銭的にも余裕のある人は、60歳払済にするといいだろう。ただし、早く払い終えるプランにすると毎月の負担は大きくなる。毎月の支出を抑えたいなら、終身払を選ぶべきだ。実際、新キュアの契約の中で最も選ばれているのは終身払である。

保険料を安く抑えたい人におすすめできる医療保険

新キュアは、七大生活習慣病への保障が手厚い保険だ。また、先進医療保障が主契約に含まれているため、お得に感じるだろう。しかも保険料が安いので、少しでも保険料を抑えたい人にも魅力ある保険と言えるだろう。

近年は入院が短期化しており、そこまで支払限度日数を気にする必要はなくなってきている。とはいえ、日帰りでも5日分の給付が受けられる保険もあるため、そのような商品と比較しながら新キュアへの加入を検討してはいかがだろうか。

文・ZUU online 編集部/ZUU online

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
いま世界的に「ブランドロイヤルティ」が低下しているわけ?
超富裕層が絶対にしない5つの投資ミス
「プライベートバンク」の真の価値とは?
30代スタートもあり?早くはじめるほど有利な「生前贈与」という相続
富裕層入門!富裕層の定義とは?