株主優待,投資
(画像=katjen/Shutterstock.com)

10月は株主優待を実施している企業が37件と少なく、4月と同様1年でもっとも優待が少ない月になります。

しかし、ドラッグストアやコンビニで使用できるクオカードや自社製品などがもらえるお得な銘柄が多数あります。

そのなかでも特にチェックしておきたい10の銘柄をご紹介していきます。

10月の株主優待をもらうためには?権利付き最終日を確認しよう

2019年10月の権利付き最終日は、10月29日です。

権利確定日の2営業日前までに株を買っておく必要があります。

10月の株主優待10選

では、ここからは10月のお得な優待がもらえる銘柄を10選ご紹介していきましょう。

日本ハウスホールディングス(1873)

日本ハウスホールディングスは以前、銀河高原ビールが優待としてもらえていましたが、銀河高原ビールが連結子会社から除外されました。

そのため、これまでビールの到着を楽しみにしていた人には残念ながら、カレーギフトへと変更になっています。

  • 優待発生株数…1,000株
  • 株主優待内容…カレーギフト

カレーギフトとはいっても、ホテルの高級カレーギフトですので家族みんなで美味しくいただけますよ。

エイチ・アイ・エス(9603)

海外旅行のエイチ・アイ・エスでは、自社のツアーで利用できる2,000円相当の優待券がもらえます。

よくエイチ・アイ・エスを利用して海外へ行かれる方は、さらにお得になりますね。

  • 優待発生株数…100株
  • 株主優待内容…自社ツアーで利用可能な優待券他(年2回)
  • 100株…2枚(2,000円相当)
  • 500株…4枚(4,000円相当)
  • 1,000株…6枚(6,000円相当)

100株以上保有で、ハウステンボス入場割引券500円相当とラグーナテンボス入場割引券500相当もあわせてもらえます。

ファースト住建(8917)

ファースト住建は、兵庫県を中心に戸建て分譲やマンション事業をおこなう企業です。優待はコンビニやドラッグストアで利用できるクオカードがもらえます。

  • 優待発生株数…100株(継続保有1年以上)
  • 株主優待内容…クオカード(年2回)
  • 100株…クオカード500円分
  • 300株…クオカード1,000円分

Hamee(3134)

Hameeは、Amazonや楽天でも人気のスマートフォン向けケースやアクセサリーのデザインや販売をおこなう企業です。

Hameeのスマートフォンケースはとても人気があるため、通勤電車の中で見たことがある、または持っているという人もいらっしゃるのではないしょうか。

株主優待は、Hameeのサイトで購入できるクーポン券がもらえます。

  • 優待発生株数…100株
  • 株主優待内容…自社製品またはネットショップ一元管理サービス「ネクストエンジン」利用割引券1,500円相当(年2回)

日本ビューホテル(6097)

日本ビューホテルは、日本各地でホテル業を営む企業です。株主優待は自社ホテルで利用できる割引券がもらえます。

  • 優待発生株数…100株
  • 株主優待内容…自社ホテル割引券(年2回)
  • 100株…2枚(2,000円相当)
  • 300株…3枚(3,000円相当)
  • 500株…5枚(5,000円相当)

パーク24(4666)

時間貸駐車場「Times」を運営する企業パークス24では、Timesで利用できるサービス券がもらえます。

駅前や繁華街ではよくTimesの看板を見かけますが、それもそのはず、全国に8,000ヶ所以上で展開しているのです。

  • 優待発生株数…100株
  • 株主優待内容…Timesで利用できるサービス券
  • 100株…2,000円相当
  • 1,000株…5,000円相当
  • 5,000株…10,000円相当

ケア21(2373)

訪問介護事業を展開するケア21では、老人ホームの運営、福祉器具のレンタルや販売の他、今後益々需要が伸びることが予想される介護タクシーの運営をおこなっています。

  • 優待発生株数…100株
  • 株主優待内容…クオカード1,000円分

カナモト(9678)

カナモトは、ビルの建設や道路工事に欠かせない建設用機械のレンタルサービスを展開している北海道に本社を置く企業です。

株主優待ではカナモトの地元北海道のカタログギフトがもらえます。

  • 優待発生株数…1,000株
  • 株主優待内容…ホクレンカタログギフト「ホクレンセレクト」から3,000円相当

グッドコムアセット(3475)

グッドコムアセットは、新築マンションの企画や開発、販売をおこなう企業です。

株主優待は、2019年8月に拡充され、株主優待をポイント制に変更しています。

そのため、これまでのクオカードは終了となり、保有株数に応じたポイントがもらえることになりました。

ポイントを利用できる株主限定サイトでは、保有ポイントに合わせてグルメや温泉、家電、スポーツ用品と交換できるようになっています。(1ポイント=1円)

  • 優待発生株数…100株
  • 株主優待内容…株主限定サイトで利用できる株主優待ポイント
  • 優待発生株数…1,000株
  • 株主優待内容…株主優待ポイント(年2回)
  • 100株…2,000ポイント
  • 500株…15,000ポイント
  • 1,000株…30,000ポイント

学情(2301)

学情は、転職サイト「あさがくナビ」を運営する企業です。

インターンシップ準備セミナーや自己PR動画作成講座などを開いて、学生の就職活動をサポートしています。

  • 優待発生株数…100株
  • 株主優待内容…クオカード500円相当

まとめ

10月の株主優待は4月と並んで1年のうちでも少ないのですが、よく知っているサービスや商品を取り扱う企業があるなど、優待がもらえると嬉しいなと思えるものがいろいろとあります。

株主優待をもらうために、忘れずに権利付き最終日を確認して、魅力的な優待を手に入れてください。

文・The Motley Fool Japan編集部/The Motley Fool Japan

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
いま世界的に「ブランドロイヤルティ」が低下しているわけ?
超富裕層が絶対にしない5つの投資ミス
「プライベートバンク」の真の価値とは?
30代スタートもあり?早くはじめるほど有利な「生前贈与」という相続
富裕層入門!富裕層の定義とは?