たまごかけごはんの日,高級TKG,お店
(画像=PIXTA)

シンプルイズベストなおいしさが改めて脚光を浴びている卵かけごはん。ブームの火つけ役となった専用レシピ本は、実用書では異例の10万部をはるかに超える大ヒットとなりました。卵かけごはんの頭文字をとった略称、「TKG」もかなり浸透し、おなじみになってきました。さらには、卵かけごはん専用しょうゆや、専用グッズ、玩具も誕生するなど、そのボルテージは上がる一方です。

そんな卵かけごはんに、記念日があることをご存じでしょうか。島根県にある「日本たまごかけごはん楽会」が、2005年10月30日に「第1回日本たまごかけごはんシンポジウム」を開催。それにちなんで、10月30日を「たまごかけごはんの日」に制定したのです。この時期の卵はとりわけ品質が良く、おいしい新米が出回る時期だからというのも、選ばれた理由にもなっています。

卵かけごはんの魅力は、なんといっても手軽さ。温かいごはんに、生卵としょうゆをかけるだけ。人によっては、料理と言えるレベルですらないとその簡単さを表現するほどです。しかし、シンプルな料理ほど奥が深いというのもまた真理。ちょっとしたコツを守るだけで、驚くほどおいしくなる魅惑の食べ物です。

直接しょうゆ、卵を混ぜすぎない

まずは、ごはんに直接しょうゆをかけてから卵を混ぜることです。あらかじめ卵としょうゆを混ぜてからごはんにかける方が大半だと思いますが、人間の舌は甘味と塩味の両方が入ってきた場合、塩味を先に察知します。あらかじめごはんにしょうゆで塩味をつけ、それを卵でくるむことで、卵のマイルドな甘味をより感じやすくなるのです。

次に、卵を混ぜすぎないこと。加減は好みだとは思いますが、そうすることで卵のうま味がよりダイレクトに感じられます。

さらに、トッピングを加えることで、その楽しみは何倍にも広がります。例えば、のり、佃煮、ふりかけ、塩こんぶ、キムチ、おかか……など。そもそもごはんと相性の良いものは、卵かけごはんにも合うと考えてよいでしょう。納豆、しらすぼし、やまいも、オクラ、アボカドなどの食材もおすすめ。もはやトッピングの範疇を超えているような気もしますが、卵以外のたんぱく質や野菜類が加われば、ボリュームが増し、栄養バランスも整います。

おうち卵かけごはんを極めたら、専門店に足をのばしてみてはいかがでしょうか。家では味わえないような卵かけご飯に出会えるかもしれません。都内の人気店をいくつかご紹介します。

東京都内で絶品卵掛けごはんを食す

1店舗目は文京区の千石にある「喜三郎農場」。数種類のブランド卵が提供されており、白い黄身をもつ変わり種や、青い殻が特徴のアローカナなど、ふだんお目にかかれない貴重な卵に出会えることもあります。

2店舗目は麻布十番にある創作居酒屋「十番右京」。ここではなんとトリュフをトッピングした卵かけごはんが食べられます。庶民の味方の卵かけごはんですが、実は世界三大珍味であるトリュフとの相性も抜群。幸福ならぬ“口福”に包まれること必至です。

最後にご紹介するのは、新橋のバー「煙事」。その名の通り燻製料理が看板のお店ですが、しょうゆなどの調味料まで燻製してしまうというから驚きです。この燻製しょうゆが卵かけごはんに抜群に合うと評判になり、ランチタイムの人気メニューになったとか。

厳しい衛生管理から生まれるソウルフード

世界的に見ると、卵の生食は決してポピュラーではありません。日本では、にわとりが食べる飼料にも規定があり、産まれた卵は徹底的に管理された清潔な施設内で、洗浄、乾燥、殺菌、検卵などの過程を経て、無菌状態で出荷されます。

私たちが安心して生卵を食べられるのは、これらの世界一といわれるほど厳しい衛生管理があってこそ。10月30日の記念日には、そのありがたみを存分にかみしめながら、日本が誇るソウルフードである卵かけごはんを味わってみませんか。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
衰えない「高級食パン」ブーム、人気の理由は?
高級和牛をじっくりと味わえる銀座の名店5選
美しく美味しいイノベーティブ・フュージョンの名店4選
第三の世界の味が開ける ワインと料理のマリアージュ「ペアリング」のすすめ
数年待ちでも今予約したい、東京の寿司の名店4選