米国人,お金,後悔
(画像=Getty Images)

モトリーフール米国本社、2019年6月2日投稿記事より

人生に後悔があるのは当然です。

新しいキャリアを試したり、別の街に引っ越したりすればよかった、という後悔は誰もが持っています。

しかし、米国人が持っている後悔の一つとしては、十分なお金を節約してこなかったということが挙げられます。

調査会社Bankrateによると、56%の米国人が、貯蓄を怠ってきたことが最も後悔していることだそうです。

そういった後悔をしないためにも、以下のことを注意すべきでしょう。

早い段階から貯蓄を始める

退職のために貯蓄を開始するのが遅ければ遅いほど、富を構築することが難しくなるでしょう。

これは、複利を利用する機会を失うためです。

一方、20代から退職のための貯蓄を始め、60代に達するまで一貫して貯蓄すると、健全な水準の貯蓄が得られます。

The Motley Fool
(画像=The Motley Fool)

上記の数値が非常に大きく見えるのは、年間平均7%のリターンを想定しているためです。

しかし、その7%という数字は、株式市場の平均リターンを数パーセント下回っているため、妥当な仮定といえます。

もちろん、毎月老後のために貯蓄するには、ライフスタイルの変更が必要になります。

しかし、家賃や交通費のように、1つか2つの重要な分野を削減すれば、月額500ドル(数万円程度)以上を貯蓄することができるのではないでしょうか。

同様に、一般的に支出についてもっと注意を払うことができる場合(たとえば、ほとんどの支出についてコツコツと削減する場合)、継続的にかなりの金額を貯蓄することができます。

緊急時の資金を持つ

緊急事態はいつでも発生する可能性があり、ある程度の貯金がなければ、予定外の費用が突然発生した瞬間に借金が増えることになります。

3〜6ヶ月分の生活費を銀行に預けておきましょう。

そうしなければ、家の修理に高額な修繕費がかかったり、仕事を失い、しばらくの間失業せざるを得ない場合、クレジットカードなどで借金に頼ることになります。

その後、借金返済で全面的に支出を見直す必要が出てくるでしょう。

また、緊急資金の返済が完了するまで、副業をしなければならないかもしれません。副業するのは面倒に思えるかもしれません。

子供が小さいころから大学のために貯蓄する

子供の大学のための貯蓄は、子供が生まれる前から始める必要があるかもしれません。

子供の大学の授業料をカバーするのに十分なお金を蓄積するには、通常、子供が大学に入学する前の18年以下の猶予期間しかありません。

それでも、子供が小さい頃から貯蓄を始めることで、子供の教育資金を貯めることができます。

経済的な習慣を振り返って、よい節約者になるべきでしょう。

貯蓄目標を設定し、それらを満たすために支出を調整します。

長期的な貯蓄でより良い人生を送りましょう。

文・The Motley Fool Japan編集部/The Motley Fool Japan

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
いま世界的に「ブランドロイヤルティ」が低下しているわけ?
超富裕層が絶対にしない5つの投資ミス
「プライベートバンク」の真の価値とは?
30代スタートもあり?早くはじめるほど有利な「生前贈与」という相続
富裕層入門!富裕層の定義とは?