world
(画像=smolaw/Shutterstock.com)

英語を使えるようになりたいと思いながら、長年そのままになっているという方は少なくないでしょう。学びに遅いことはありません。現地で楽しみながら英語を学べる大人の留学先には、どのような学校があるのでしょうか。

今から英語を学ぶのは遅すぎる?

ビジネスを続けていく中で、「やはり英語を身に付けたい」と大人になってから留学をする人も少なくありません。海外旅行の時に困らないように英語を話せるようになりたいのか、ビジネスのために英語が必要なのか、英語を学ぶ目的がはっきりしているのも経験豊富な社会人ならではです。

限られた時間だからこそ集中して学習もできるでしょう。ビジネスパーソンも参加できる語学留学には、さまざまなカリキュラムや期間が用意されています。

楽しみながら英語を学べる留学先

せっかくなら楽しみながら英語を学びたいものです。留学先の生活環境も気になります。治安も良く、快適に英語留学を楽しめる語学学校を3つご紹介します。

フィリピン ブリリアントセブ・イングリッシュアカデミー

英語が第2公用語のフィリピンは、語学留学先としてすっかり定着しています。ブリリアントセブ・イングリッシュアカデミーはセブ医科大学が目の前にある治安の良い学生街にあります。日系の語学学校のため、日本人が満足できるカリキュラムや生活環境が特徴です。落ち着いた雰囲気で快適に語学留学を楽しめるでしょう。

コースは一般英語コース以外に、ビジネス英語コースやTOEIC、TOEFL、IELTSコース、医療英語コース、敷地内のジムでのエクササイズを取り入れた英語&ボディトレーニングコースと多岐にわたります。目的に合った学習ができるカリキュラムは大人の留学先としてぴったりです。

滞在する部屋が高級コンドミニアムなのもうれしいところです。全部屋にキッチンが付き、建物内にレストランや売店もあります。ガードマンが常駐し、安全面の心配もありません。食事は日本食を中心とした朝食・昼食が留学費用に組み込まれているため、食に悩まされることもないでしょう。1日の学びを終えた後は、最上階のバーカウンターでお酒も楽しめます。

アメリカ ELCロサンゼルス校

留学先はやっぱりアメリカが良い、という人におすすめなのが語学学校ELCのロサンゼルス校です。名門カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)がすぐそばにある学生街に位置し、美術館や映画館、ショッピングセンターなどアメリカ文化も楽しめます。

多彩なプログラムを提供するELCの中でも人気なのは、英語プラスプログラムです。午前中は一般英語コースで学び、午後は学外に出て特別活動を楽しみます。選べるアクティビティとしては、ヨガ、サーフィン、ハリウッド、写真などがあります。興味のある活動をしながら英語を使えば、教室内だけでは経験できない生きた英語を学べることでしょう。

住む場所の選択肢が多いのもELCの特徴です。キャンパス内の学生寮やホームステイ、ホテルなど、好みに応じて暮らせます。

イギリス ベルロンドン

イギリス英語を身に付けたいなら、ロンドンのベルロンドンはいかがでしょう。イギリス以外も含む全世界で60年にわたり英語教育を行ってきた信頼ある語学学校です。学校の設備投資も積極的に行い充実した環境で学べます。

学習プログラムには、一般英語や資格取得コース以外にも大学進学準備プログラムなどアカデミックなコースが充実しています。また、放課後に開催されるLanguage in Actionと呼ばれる無料ワークショップでは、英語の特定スキルやビジネススキルなど自身が学びたい内容をより深く学習できるでしょう。

博物館・美術館見学やミュージカル鑑賞、パブナイト、ケンブリッジやオックスフォードへの小旅行など、ロンドンならではのアクティビティも満喫できます。世界の富裕層の子ども達も多く学んでいる、イギリスらしい上質な環境での留学をぜひ体験してください。

大人こそこだわりの語学留学を

学ぶのに遅いということはありません。大人になった今こそ、自分が本当に学びたいことは何なのか分かるものではないでしょうか。英語を使いこなせるようになりたいと思い立ったのなら、ぜひ楽しみながら学べる大人の留学を検討してみましょう。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
超富裕層が絶対にしない5つの投資ミス
「プライベートバンク」の真の価値とは?
30代スタートもあり?早くはじめるほど有利な「生前贈与」という相続
富裕層入門!富裕層の定義とは?
世界のビリオネア5人が語る「成功」の定義