brand
(画像=phloxii/Shutterstock.com)

米調査会社ニールセンによれば、ブランドロイヤルティの低さが世界における最新の傾向とのことで、その理由として「新興国における所得増加」や「アマゾン効果」が挙げられています。ニールセンの調査を紐解きつつ、変わるブランド志向の最新事情に迫ります。

全消費者の42%、新たなブランドを積極的に試す

ニールセンはブランドロイヤルティに関する調査を世界64ヵ国で実施し、その結果を2019年7月に発表しています。その結果によれば、調査対象となった全消費者の42%が新たなブランドを積極的に試すことに前向きで、好みのブランドに対する支持を表明したのは8%に留まるようです。

なぜこうした状況になっているのでしょうか。ニールセンはその理由について「新興市場における収入増加などが要因」とした上で、「新製品購入の際に新たなブランドを試すリスクが減少していると考えられます」と指摘しています。

ニールセンが公表している地域別の結果でも、ブランド変更に対する意向を示している消費者の割合では、確かに新興国が多いアジア地域が47%と最も多くなっており、アフリカ・中東も45%と高くなっています。一方で先進国の北米は36%、ヨーロッパは33%に留まっています。

こうしたブランドロイヤルティの低下は、ブランドを所有する企業やオーナーにとっては脅威であると言えるでしょう。

低下の一因ともあった「アマゾン効果」とは?

ニールセンは新興市場における収入増加のほか、「アマゾン・エフェクト(アマゾン効果)」もブランドロイヤルティが低下する一因となったと予測しています。

アマゾン効果とは一般的に、実店舗を持つ小売業者がアマゾンなどに代表されるネット通販業者に客を奪われるという現象のことを示しています。ニールセンはこのアマゾン効果についてさらに深く考察しており、EC(電子商取引)の普及が消費者の製品選択の意識とコスト意識を拡大させたことに着目しています。