hands
(画像=Nutthaseth Van/Shutterstock.com)

最近、21世紀の新しい社会貢献のあり方として、企業人や富裕層の間で注目されているのが「フィランソロキャピタリズム」(慈善資本主義)です。

しかし、それがどういうものであるか日本では理解が進んでいません。また、実践者もいません。いったい、「フィランソロキャピタリズム」とはなんでしょうか?そして、それによって本当に社会がよくなるのでしょうか?

ビル・ゲイツ氏は自らを「フィランソロキャピタリスト」と名乗る

「フィランソロキャピタリズム」(Philanthrocapitalism)は、「フィランソロピー」(慈善、社会貢献)と「キャピタリズム」(資本主義)の合成語です。簡単に言うと、利益を生み出しながら慈善活動をしていこうというもの。10年ほど前から使われるようになり、その代表的な推進者はビル・ゲイツ氏です。彼は、自らを「フィランソロキャピタリスト」と称し、あり余る個人資産をこの活動に使っています。

事業で成功して巨万の富を築いた人間は、歴史上たくさんいます。欧米の場合、そうしたスーパーリッチが最後にするのは、その富の社会還元、つまり、慈善活動です。

かつて鉄鋼王カーネギーは、「金持ちは貧乏人の管財人にほかならない」「金持ちとして死ぬことは不名誉」と言って、築いた巨万の富を次々とバラまいて社会に還元しました。設立した財団を通して、大学やホールをつくり、数多くの慈善事業に寄付をしました。石油王ロックフェラー、自動車王フォードも同じようなことを行いました。

しかし、彼らはフィランソロキャピタリストではありません。フィランソロピスト(篤志家)です。