money
(画像=jesterpop/Shutterstock.com)

毎年、世界の億万長者のランキングが発表されます。しかし、今年(2019年)もまた、アマゾンのジェフ・ベゾフ氏、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏、投資家のウォーレン・バフェット氏と、ランキング上位の顔ぶれはほとんど変わりません。ここ10年、上位の人々が順調に資産を増やしているだけです。なぜなのでしょうか?

このままでは、世界の富のほとんどがお金持ちに集まっていくだけになるでしょう。

アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏がトップ

米経済誌『フォーブス』は、毎年、「世界の億万長者番付」(The World's Billionaires)を発表しています。対象者は、保有資産額が10億ドル(約1,100億円)以上のビリオネアで、資産はドルベースで計算されています。

2019年のトップ10は、次の通りです。

1位ジェフ・ベゾス:アマゾン(1,310億ドル)
2位ビル・ゲイツ:マイクロソフト(965億ドル)
3位ウォーレン・バフェット:バークシャー・ハサウェイ(825億ドル)
4位ベルナール・アルノー: LVMH(760億ドル)
5位カルロス・スリム:テレフォノス・デ・メヒコ(640億ドル)
6位アマンシオ・オルテガ:インディテックス[ザラ](627億ドル)
7位ラリー・エリソン:オラクル(625億ドル)
8位マーク・ザッカーバーグ:フェイスブック(623億ドル)
9位マイケル・ブルームバーグ:ブルームバーグ(555億ドル)
10位ラリー・ページ:グーグル(508億ドル)

10年前、トップはビル・ゲイツ氏だった

では、10年前、2009年はどうだったでしょうか?

1位ビル・ゲイツ:マイクロソフト(400億ドル)
2位ウォーレン・バフェット:バークシャー・ハサウェイ(370億ドル)
3位カルロス・スリム:テレフォノス・デ・メヒコ(350億ドル)
4位ラリー・エリソン:オラクル(225億ドル)
5位イングヴァル・カンプラード:イケア(220億ドル)
6位カール・アルブレヒト:アルディ(215億ドル)
7位ムケシュ・アンバニ:リライアンス(195億ドル)
8位ラクシュ・ミッタル:ミッタル・スチール(193億ドル)
9位テオ・アルブレヒト:アルディ(188億ドル)
10位アマンシオ・オルテガ:インディテックス[ザラ](183億ドル)

トップ10のうち5人の顔ぶれは2019年と同じです。また、2009年にトップ10に入っていたのに2019年にトップ10外になったムシュケ・アルバニ氏、カール・アルブレヒト氏などは、トップ50まで広げると、みなランクインしています。

2019年の8位のマーク・ザッカーバーグ氏が2009年にランクインしていないのは、フェイスブックがまだ上場していなかったからです。フェイスブックの上場は2012年です。

つまり、2つの番付からは、億万長者の顔ぶれが、ここ10年でほとんど変わっていないことがわかります。なぜなのでしょうか?