book
(画像=Billion Photos/Shutterstock.com)

富裕層とは簡単に言えばお金をたくさん持っている人のことです。ただし、お金に関する考え方、思想は、一般の人とは違います。そうした考え方を形成するためのバイブルというべきものが、アイン・ランド(1905〜1982)の著作です。アメリカでは『聖書』に次いで、長年のロングセラーです。

では、彼女の代表作『水源』『肩をすくめるアトラス』にはどのような思想が述べられているのでしょうか?

政治家、企業経営者、ビジネスマンのバイブル

マーク・ザッカーバーグ氏やイーロン・マスク氏のような成功した起業家が、ハーバードなどの名門大学在学中に必ず読むのが、アイン・ランドの著作です。そのなかで必読とされるのが、『水源』(The Fountainhead、1943)と『肩をすくめるアトラス』(Atlas Shrugged、1957)です。

この2冊は小説ですが、現代アメリカの資本主義のための思想書とも言えます。保守派の政治家、企業経営者、ビジネスマンなら、ほとんどの人間が読んでいます。

例えば、引退した共和党の重鎮ポール・ライアン氏はもっとも影響を受けた作家にアイン・ランドを挙げています。また、テッド・クルーズ上院議員は、有名なフィリバスター(議事妨害演説)に『肩をすくめるアトラス』を引用しました。長年FRB議長を務めたアラン・グリーンスパン氏は、彼女を思想的な師としてきました。

さらに、ヘッジファンドの帝王レイ・ダリオ氏、アップルの故スティーブ・ジョブズ氏も愛読者でした。

アメリカには、彼女を信奉する人々の集まるシンクタンクの「アイン・ランド協会」(Ayn Rand Institute)があります。また、彼女の思想に共鳴し、その考え方を実践している人々のことを「ランディアン」( Randian )と呼んでいます。ランディアンの多くは、富裕層です。

そのため、アイン・ランドの著作は「お金持ちのバイブル」とされ、日本でもそのように紹介されています。

「個人主義vs.集団主義」最後は個人主義が勝つ

アイン・ランドはロシア出身で、大学卒業後アメリカに移住して、脚本家、小説家になりました。『水源』は4作目で彼女の初のベストセラーです。映画『摩天楼』の原作にもなりました。

手短に言うと、フランク・ロイド・ライトをモデルにした建築家の成功物語です。主人公ハワード・ロークは、自分の信念を貫き、けっして妥協しないため、自分が信じている価値観に沿った建築物しか建てようとしません。

そのため、仕事を失い、石切場の作業員になったりします。一方、同級生のピーター・キーティングは、ロークと対照的に自分を捨て、上司に取り入り、のし上がっていきます。ロークを中心にさまざま人物が登場しますが、その多くが世俗的で、ロークの生き方の理解者ではありません。ドミニクというヒロインとのロマンスもあります。

ただし、テーマは一貫して、ランド本人が述べたように、「個人主義と集団主義の対立」(individualism vs. collectivism)です。個人と体制の対立と言い換えてもいいかもしれません。ランドにとってロークは理想の人物であり、最終的に彼が思い描いたビルが建つところで話は終わります。つまり、個人主義が勝利するのです。