LEXUS
(画像=Thanaphat Kingkaew / Shutterstock.com)

ただ車を販売するスペースではなく、その車の世界観を表現した、ラグジュアリーカーのカフェ&展示スペースが、注目されています。あこがれの車を間近で見られるだけではなく、カフェやイベントも独創的です。あなたも日常を忘れるラグジュアリーカーの世界を堪能してみませんか。

レクサスの世界観を楽しもう

  美しいボディが印象的なラグジュアリーカー「LEXUS(レクサス)は、東京ミッドタウン日比谷と、青山に、レクサスの世界観をたっぷりと味わえる空間があります。

LEXUS MEETSHIBIYA(レクサスミーツ日比谷)

東京ミッドタウン日比谷にある「LEXUS MEETS HIBIYA(レクサスミーツ日比谷)」は、車両展示・試乗をはじめ、カフェ、ブティックが一体となったレクサスの世界が満喫できる空間です。カフェは、曲線を活かした造りのインテリアとなっています。赤いイスと木のぬくもりが印象的な店内で、おいしいコーヒーが味わえます。

INTERSECT BY LEXUS-TOKYO(インターセクトバイレクサス東京)

青山にある「INTERSECT BY LEXUS-TOKYO(インターセクトバイレクサス東京)」は、1階はカフェやガレージ、2階はビストロとなっています。2019年6月12日から、毎年恒例のオリジナルかき氷「THE SENSES」(1,200円税込)を提供しています。軽井沢の天然氷を使い、ワイン醸造用の品種である「グリューナー・フェルトリーナー」から造られたぶどうジュースを使用しています。

別添えのパウダーをふりかけると、色が紫色から赤色に変化して、味もレモン風味に変化する不思議なかき氷です。さらにかき氷とは別についているマジックフルーツの後にかき氷を食べると、酸っぱいはずのレモン風味が甘く感じられるようになります。しかも、二酸化炭素の粒が口の中で弾けて、パチパチとした食感が得られる、見た目も味も食感も、格別なかき氷です。

ベンツ「Mercedes me(メルセデス ミー)」で楽しもう

ベンツはMercedes me(六本木、羽田、大阪)でギャラリーやカフェを展開し、さらにオリジナルアイテムの販売も行っています。カフェはいくつかのスタイルに分かれて展開されているので、その日の気分で選んではいかがでしょう。

DOWNSTAIRS COFFEE(ダウンステアーズコーヒー)/六本木・大阪

「DOWNSTAIRS COFFEE(ダウンステアーズコーヒー)」は、イートインもテイクアウトもできる、気軽に楽しめるスタイリッシュなカフェです。ベンツをながめながらカフェタイムが楽しめます。

UPSTAIRS(アプステアーズ)/六本木

「UPSTAIRS(アプステアーズ)」は、メルセデスミー東京(六本木)の2階にある落ち着いた雰囲気のレストラン・バーです。しゃれた雰囲気の中で、お酒をたしなむことができます。

ボルボのカフェでゆったり過ごそう

イタリア・ミラノに続いて世界で2番目にオープンした、コンセプトストア「VOLVO STUDIO AOYAMA(ボルボスタジオ青山)」は、日本のカフェ「神乃珈琲」とコラボレーションした香り高いコーヒーが楽しめる空間です。またボルボのオリジナルグッズや、ボルボスタジオ青山限定のアイテムなどが提供されている点にも注目です。

各種イベントも開催されており、2019年7月17日には北欧の自動車会社ならではのイベント、「スウェーデンの白樺を使って、Bjork(ビヨルク)のペンケースを作ろう!」が開催されます。講師である太田由佳里氏が自らはいだ、スウェーデンの白樺の樹皮を使用して、ペンケースを製作するという珍しいイベントです。

また一流アーティストを迎えてのアコースティックライブ&パフォーマンスも必見です。午後8時からは、シャンパンを飲みながら音楽が楽しめる「8PM」も開催されています。定員は各回50人ですから、気になる人は早めに予約をしておきましょう。

BMW×DEAN&DELUCA(ディーン&デルーカ)のカフェ

日本初上陸のフラットカウンターのエスプレッソマシーン「mod bar」を導入した、美しさと味にこだわったカフェが「BMW GROUP TERRACE DEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ) CAFE」です。BMW・MINI・Motorradの、いずれかの車のキーを提示すると、ドリンク・フードメニューが10%オフとなります。

また、BMW GROUP TERRACE では、BMWのレンタカーサービスを実施しています。丸の内という立地なので、出張で東京に来たビジネスパーソンや観光で訪れた人などにおすすめです。

移動手段では終わらない、ラグジュアリーカーという存在

高級車を提供する各社の世界観が楽しめるカフェ空間で、ラグジュアリーカーの個性を感じてみてください。どの空間も、車の持つ高級なイメージよりも気軽に遊びに行ける拠点となっているのが特徴です。ぜひ美しい車をながめながら、ゆったりとした時間を過ごしましょう。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
超富裕層が絶対にしない5つの投資ミス
「プライベートバンク」の真の価値とは?
30代スタートもあり?早くはじめるほど有利な「生前贈与」という相続
富裕層入門!富裕層の定義とは?
世界のビリオネア5人が語る「成功」の定義