渋沢栄一
(画像=PIXTA)

2024年に日本銀行券(お札)が変わります。一万円札は福沢諭吉から渋沢栄一に、五千円札が樋口一葉から津田梅子に、千円札が野口英世から北里柴三郎に代わります。

今回、一万円札の肖像となる渋沢栄一は、「日本資本主義の父」とも言われています。一体渋沢栄一は、どのような功績を残したのでしょうか。解説します。

渋沢栄一とはどのような人か?

まずは、渋沢栄一とは、そもそもどのような人なのか解説しましょう。

渋沢栄一は、1840年、現在の埼玉県で、農家の息子として生まれました。幼いころから学問を受けた渋沢栄一は、尊王攘夷の考えの持ち、徳川慶喜に仕え、徳川慶喜の弟である水戸藩主徳川昭武に随行しパリ万博に行くなど、世界で見聞を広めていきました。

明治時代になってからは、大蔵省で働いた後、第一国立銀行の頭取を務めるなど、数々の会社の創立にかかわる一方、同時に、社会貢献活動も積極的に行っていました。著書には「論語と算盤」があります。

このように、国際的な感覚を持ちながら、ビジネスセンスと高い道徳性を持った人物が、渋沢栄一なのです。

なぜ渋沢栄一は日本資本主義の父と呼ばれているのか

では、なぜ渋沢栄一は、日本資本主義の父と呼ばれているでしょうか。それは、彼が多くの民間企業の創立にかかわっているからです。

渋沢栄一が関わった会社は、第一国立銀行や帝国ホテルなど、約500にも上ると言われています。しかし、彼自身は、財閥を築いたりすることはありませんでした。こういった、多くの会社の創立にかかわったこと、また、それらの会社の多くが開かれていたことが評価され、彼は、日本資本主義の父と呼ばれるようになったのです。また、東京株式取引所(現在の東証)の設立にも関わっており、彼が開かれた経営、株式会社的経営を志向していたことが窺えます。

当時の会社といえば、財閥がコントロールする会社がほとんどでしたが、彼はあえて財閥を作ることはせず、経営を信頼できる人に任せながら、次々と時代に合わせたサービスを提供していきました。ある意味、シリアルアントレプレナー(社会起業家)の走りであると言えるかもしれません。

そんな彼の根底にある考え方は、「道徳経済合一説」というものです。彼の考え方は、倫理と利益を両立されるとこにあります。経済を発展させ、利益を独占するのではなく、国全体が豊かになるために、富を社会に還元していくことが重要であると、著書である論語と算盤の中でも述べています。こういった姿勢が、日本の近代化、資本主義化を支えてきたと言えるでしょう。

社会貢献活動にも積極的だった渋沢栄一

多くの会社を立ち上げてきた渋沢栄一でしたが、道徳経済合一説の考えにあるように、社会貢献も積極的に行っていました。携わってきた社会事業は、600にものぼると言われています。

主なものとしては、養育院(現在の東京東京都健康長寿医療センター)や日本赤十字社の創立に携わったり、また、関東大震災のあと、大震災善後会を設立したことで知られていますが、そのほかにも多くの公的事業にかかわっています。例えば、国際交流や民間外交を推進したり、また、女性教育の振興や私立大学への寄付を行ったりするなど、幅広い形で日本の振興を支援していたのです。このような活動も、日本の近代化の一助となってことは間違いなく、ただの起業家・経済人としてだけでなく、近代日本に多大なる貢献をした一人であると言えるでしょう。

渋沢栄一は新一万円札にふさわしい、日本の近代化を支えた一人

渋沢栄一は、民間人として、多くの企業の設立に携わった一方、社会貢献活動にも精を出していました。彼の道徳経済合一説の考え方による、利益を生み出し、それを分配するということが、日本の近代化を支えてきたことは間違いありません。まさに、新一万円札にふさわしい人物だと言えるでしょう。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
いま世界的に「ブランドロイヤルティ」が低下しているわけ?
ビジネスの成功者たちが連ねる有名なフィランソロピストTOP10
芸能、IT長者…海外セレブはなぜ巨額の寄付をするのか?
ココイチ、楽天etc芸術家をサポートする起業家たち
楽器投資は1度で3度美味しい?ストラディヴァリウス、スタインウェイ購入のススメ