youtuber
(画像=Kaspars Grinvalds/Shutterstock.com)

年収数千万円というYouTuberたちが続々と誕生し、既に新富裕層の一角を成すようになってきています。人気YouTuberたちの横顔を紹介しながら、人気YouTuberとなる人たちの経歴の傾向や考え方などに迫ります。

人気YouTuberたちの年収は?

現在は米グーグルの傘下となっているYouTubeは2005年にアメリカで誕生し、全世界におけるユーザー数は既に20億人規模とされています。

日本においてYouTubeへ動画投稿をしたことがある人のうち、広告収入などを得た経験がある人は全体の3割に上ると言われ、その一部の人が人気YouTuberとなって一般的なサラリーマンよりはるかに高い年収を得ているのが、いまの現状であると言えます。

人気YouTuberたちの年収は公式には明らかになっていませんが、民間の年収予測サイトが動画再生数などから推測した結果によれば、YouTuberとして稼いでいる人の年収はトップ100で900万円〜1億4,000万円ほどとなっているようです。

人気YouTuberたちの横顔

具体的に人気YouTuberたちの横顔を紹介していきましょう。

まず何を持って「人気YouTuber」と呼べるかですが、評価基準として一般的に挙げられるのが「チャンネル登録数」と言えます。YouTube統計サイト「ユーチュラ」によれば、2019年4月時点のチャンネル登録者ランキングでは「はじめしゃちょー(hajime)」が789万5362人で1位となっており、「HikakinTV」が736万6310人で2位、「Fischer's-フィッシャーズ-」が556万2946人で3位となっています。

「はじめしゃちょー」チャンネルの投稿者

まず「はじめしゃちょー」こと江田元さんは1993年生まれ、富山県出身で、静岡大学に在学中にYouTubeへの投稿を友人と開始したことで知られています。その後、YouTubeの日本CMに起用されるほど人気YouTuberとしての地位を確固たるものにし、若年層から圧倒的な支持を得ている人気YouTuberの1人です。

「HikakinTV」チャンネルの投稿者

「HikakinTV」チャンネルを運営するHIKAKINさんは1989年生まれ、新潟県出身で、高校在学中に「ヒューマンビートボックス」の動画の投稿を開始しています。高校卒業後は東京に拠点を移してスーパーで働きながらYouTube動画の投稿を続け、動画の作り方を工夫しながら人気YouTuberへの階段を上っていきました。

「Fischer's-フィッシャーズ」チャンネルの投稿者

「Fischer's-フィッシャーズ」はこれまで紹介してきた2人とは異なり、全員が東京都出身の7人組のYouTuberです。中学校を卒業するときにチームが結成され、卒業記念に制作しようと考えた動画の保存先をたまたまYouTubeにしたところ、予想以上の動画再生回数に上ったエピソードなどで知られています。

稼ぐには「継続力」と「改善力」などが必要

人気YouTuberたちの経歴はさまざまですが、トップYouTuberたちの経歴をみると、最初から打算的にYouTubeへの投稿を開始したというより、趣味的に始めたものがその後花開いたケースが目立ちます。そもそもかつてはYouTubeへの投稿によって収入を得るという概念は、一般に広く知られているものではありませんでした。

しかしきっかけは偶然とは言え、継続力と改善する力、工夫する力が備わっていて初めて人気YouTuberへの道が開けるものであると言えそうです。紹介した3人はいずれもこうした能力に長けており、努力も伴っています。収入の稼ぎ方はどんどん多様化していますが、こうした点は既存の職業や業界と同様、重要であると言えるでしょう。

文・J PRIME編集部

【関連記事】
超富裕層が絶対にしない5つの投資ミス
「プライベートバンク」の真の価値とは?
30代スタートもあり?早くはじめるほど有利な「生前贈与」という相続
富裕層入門!富裕層の定義とは?
世界のビリオネア5人が語る「成功」の定義