drink
(画像=Jag_cz/Shutterstock.com)

一人の時間を大切にしたい人には、葉巻も楽しめるバーがおすすめです。何となくハードルの高いイメージがある葉巻ですが、その香りとともに楽しむお酒は格別で、一度経験すると忘れられない味わいになるかもしれません。今回は、バーで葉巻を楽しむ方法を具体的に紹介します。

まずは葉巻の楽しみ方を覚えよう

まずは葉巻の楽しみ方や、選び方を覚えましょう。

味や香りの違いは店員に聞いてみよう

一見するとどれも同じような葉巻ですが、種類によって味や香りが異なります。初めての葉巻を選ぶ時には、店員に味と香りの特徴を教えてもらいながら、自分の好みに合いそうなものを選ぶとよいでしょう。

初めての葉巻が思ったようなものでない場合でも、他の葉巻を試すとおいしく感じられることもあります。自分好みの葉巻に出会うまで、いくつかの種類を試してみてください。

手にフィットする葉巻を選ぶ

葉巻にはさまざまなサイズがあります。細いもの、太いもの、長いもの、短いもの、いくつもの葉巻を手に取ってみて、自分の手によくなじむものを選んでみましょう。

葉巻の着火方法

はじめに、専用のカッターを使って、葉巻の先端をカットし平らにします。専用のマッチ、またはガスライターなどを用いて、炎の先端が葉巻の先端に触れないようにしながらゆっくりと点火してください。着火面は葉巻の外周になるように意識すると、中心まで平均的に火が回ります。

葉巻の吸い方

葉巻はタバコと異なり、肺まで煙を入れる必要がありません。ゆっくりとふかしながら吸います。あまり大きく吸い込まないように注意しましょう。

食べ物やアルコールの味と合わせる

葉巻の味を覚えたら、食べ物やアルコールと合わせて自分なりの楽しみ方を見つけてみてください。お酒と葉巻の香りの融合をゆったりと味わってみましょう。

葉巻のある大人の雰囲気のバー3選

ここからは、葉巻をたしなむなら利用してみたい、都内にある大人の雰囲気があるバーを3つご紹介します。

Bar Spirits(スピリッツ)

葉巻デビューにおすすめなのが、新橋にあるBar Spiritsです。葉巻のマナーや味わい方もしっかりレクチャーしてくれるため、初心者でも安心して利用することができます。ウイスキーやカクテルも充実しており、お酒によく合う大人のおつまみも多数用意されています。レーズンバターやビーフジャーキー、生チョコなどは自家製というのもうれしいポイントです。

ル・コネスール

丸の内ホテル内にあるバー、ル・コネスールでは、120種類もの葉巻を用意しています。また、葉巻の煙が充満しないよう、一般的な飲食店の5倍の換気システムを備え、さらにオゾン脱臭装置を設置しています。

シガーのためのアクセサリーも販売しており、もっと深く葉巻を楽しみたくなってきた人におすすめです。

バーb&r

赤坂サカスの1階にあるバーb&rでは、少しカジュアルに葉巻を楽しむことができます。パブのようににぎわう店内で、明るい空気の中、葉巻の煙をたんのうしてみましょう。しかもこのバーは、常時100種類以上の洋酒を用意しています。気になるお酒を有料試飲感覚で味わってみてはいかがでしょうか。

大人の男のたしなみ。煙とお酒を心行くまで味わおう

葉巻とお酒を同時に楽しむのは、昔からある大人のたしなみです。マナーと吸い過ぎに気を配りながら味わってください。分煙化が進む中で、葉巻を思う存分に楽しみたいのなら、葉巻が置いてあるバーに足を運んでみましょう。初心者でもレクチャーしてもらえるお店があります。一人の時間をより充実したものにしてくれるかもしれない、葉巻をぜひ一度お試しください。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
富裕層の車はフェラーリやランボルギーニにするべき理由
芸術の秋はアートオークションはいかが?
ビジネスにも教育にも良い乗馬を趣味に
ビジネスに差をつけるオーダースーツの悦楽
世界の実業家に学ぶタイムマネジメント4つのコツ