reit
(画像=Imagentle/Shutterstock.com)

REIT(リート)とは、投資家から集めた資金で不動産投資を行い、それによって得られた利益を投資家に配当する投資商品です。不動産投資信託とも呼ばれ、実際に不動産を所有しなくとも、REITの利用によって間接的に不動産のオーナーになることができます。

不動産を自己所有で運用すると、さまざまな手間が生じます。しかしREITなら、投資するだけで、実際に不動産を所有する必要がありません。近年、このREITを活用し、資産を増やしている富裕層も多くいるといいます。今回は、資産運用の一手として考えたい、REITについて詳しく解説します。

REITとは

前述の通り、投資家自身が不動産を所有するのではなく、不動産投資信託証券に投資を行うことで配当を得られるのがREITです。REITへの投資が人気を集めているのには、いくつかの理由があります。まずは、REITのメリットについて見ていきましょう。

REITのメリット

REITで得られる配当は、不動産の賃貸料などが原資となっているため、株式投資や投資信託よりも安定した配当を得られる可能性が高くなっています。

また、一般的な不動産投資には、現金化が難しく物件の売却に時間を要するというデメリットがありますが、REITなら株式と同様に取引所で簡単に売買を行えます。このREITの優れた換金性は、大きなメリットといえるでしょう。

不動産投資につきものの、運用にかかるコストや物件の維持管理のための手間を省けるのもREITの魅力です。運用は不動産のプロが行うため、専門的な知識を要せずとも気軽に不動産投資が行えます。さらに、少額からの投資も可能で、アパートやマンションだけでなく、オフィスにホテル、倉庫など、さまざまな物件に投資できます。

REITの注意点は

このように、投資商品として魅力の大きいREITですが、売買の際には注意したいこともいくつかあります。まず、元本や配当金は保証されているわけではないという点です。不動産市場の状況の変化、賃貸料の変動など、複数の要因で買い付け時の価格を大きく下回ることもあります。これは一般的な株式投資などと同様です。

投資しているREITが保有する不動産の価格が大きく変動した時、あるいは不動産の入れ替えがあった時には、運用に大きな影響を与える可能性があります。投資家が売買を行う商品であることから、市場における需給バランスの変動によって価格が変わることもあります。売却時には、こういった価格の変動への注意が必要です。

株式投資とは異なる、不動産ならではのリスクも念頭に入れておきましょう。投資先の不動産が火事によって焼失したり、地震によって倒壊したりすることもあります。

REITの種類・売買方法

国内のREITはJ-REITと呼ばれています。これには単一用途特化型と複数用途型があります。単一用途特化型は、特定の用途の不動産に投資を行います。オフィスビル、住居、ショッピングセンターとそれぞれに特化しているのが特徴です。複数用途型では、さまざまな用途の不動産に投資を行います。

売買の方法

REITは株式投資と同様に4桁の証券コードを持っており、証券会社の口座で売買を行うことができます。売買のルールも株式とほとんど同じです。ただし、REITの売買単位は1口からです。

REITの今後は

気軽に売買が行えて、メリットも多いREITは富裕層にも人気です。J-REITの市場規模も拡大し続けており、2019年1月末時点での時価総額は13兆5,680億円となっています。投資先の不動産のタイプ別では、オフィスが4割と人気です。

東証REIT指数もほぼ右肩上がりに推移しており、予想配当利回りも4%前後をキープしています。国際的な低金利も影響して、今後もREITは堅調に推移する見込みです。

安定的な配当が見込めて、簡単に換金できるREITは、資産の分散先として、これからさらに市場規模を拡大していく可能性があります。

国内の不動産市況を見つつ、REITに投資してみよう

資産運用の方法に迷っているのなら、メリットの多いREITを選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。売買のしやすいREITは、一般的な不動産投資よりも投資のハードルが低く、また少額からでも始めることができます。

一つの銘柄に絞るのではなく、複数の銘柄に投資を行うことで、リスクを分散することも可能です。気になる人は、証券会社に相談してみましょう。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
超富裕層が絶対にしない5つの投資ミス
「プライベートバンク」の真の価値とは?
30代スタートもあり?早くはじめるほど有利な「生前贈与」という相続
富裕層入門!富裕層の定義とは?
世界のビリオネア5人が語る「成功」の定義