guiter
(画像=Nadya Chetah/Shutterstock.com)

新しい趣味を探しているのなら、楽器の演奏を始めてみてはいかがでしょうか。一口に楽器といってもさまざまですが、自分にピッタリな楽器が見つかれば、生涯楽しめる趣味にできるかもしれません。ここでは、趣味として初心者にもおすすめの楽器と、自分のペースで上達できる個人レッスンを紹介します。

初心者でも取り組みやすい楽器

いきなり難易度の高い楽器に取り組むと挫折してしまいがちです。楽器を趣味として始めるなら、まずは初心者でも取り組みやすいものを選びましょう。

ウクレレ

弦が4本で、楽器初心者でも比較的に簡単に始められるのがウクレレです。ウクレレには複数の種類があり、種類によってウクレレの大きさや音域もさまざまです。形状はアコースティックギターのようなスタンダードと、くびれのない楕円形のパイナップルがあります。初心者には、くびれのあるスタンダードがおすすめです。

また、使用する木材によっても音が変わり、南国らしいポップな音が好みならコア材、やわらかい音が好みならマホガニー材の物を選びましょう。

サックス

一見難しそうなサックスですが、初心者でも比較的音が出しやすいという特徴があります。音を出すまでにコツが必要なフルートやトランペットでは、途中で挫折してしまうこともあります。さらにサックスの指運びはソプラノリコーダーと同じというのもポイントです。ソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスなど、音域によって種類がありますが、アルトサックスが手軽です。

初めは、初心者向けの譜面やケースなどがセットになったサックスを購入してみましょう。

ピアノ

幼いころからピアノにあこがれていた、という人も多いのではないでしょうか。大人になってから始めるピアノは、子どもの頃よりも伸び伸びと、楽しくできるかもしれません。ピアノは、ウクレレやサックスとは異なり、特にコツも必要なく音を鳴らすことができます。指運びなどを覚えてしまえば、いつでも好きな時に好きなように音楽を奏でることができるようになります。

グランドピアノはやアップライトピアノがありますが、電子ピアノは手軽に購入して始められます。ピアノは、教室や個人レッスンが多くあるのもポイントです。

バイオリン

じっくりと学び、音楽の深さに触れたいのなら、バイオリンもおすすめです。バイオリンを弾けるようになるまでには時間がかかるかもしれません。しかし、いい楽器に触れて少しずつ練習し、少しずつ上達していく過程は、コツコツと物事に取り組むことが好きな人にとって、充実した時間となることでしょう。

バイオリンは、価格によって音質が異なります。価格と音のよさは比例するため、初めからある程度いいものを選んだ方が、練習に打ち込めることでしょう。

東京で個人レッスンが受けられる教室

最後に、東京で個人レッスンが受けられる音楽教室をご紹介します。

ラトリエ ド ミキ

ピアノ、フルート、チェロ、バイオリン、歌、英語やフランス語のレッスンまである教室です。プロのレッスンを受けつつ、上達した後は発表会で演奏を披露することもできます。プロの指導でしっかりとした基礎を身につけながら表現力を高めたいという人や、練習の成果を多くの人に聞いてもらいたいという人におすすめです。

また、楽器を通して多くの人と知り合える工夫もされており、趣味を通しての人脈作りにも役立ちます。仲間を作り、アンサンブルで演奏することも可能です。

―基本情報―
住所:港区西麻布3-18-4
TEL:03-6447-0408
ホームページ:http://www.miki-musique.com/

ドルチェミュージックアカデミー

フルート、オーボエ、クラリネット、サックス、ホルン、トランペットなど、管楽器を中心としたレッスンスタジオです。個人レッスンでは、これから楽器を始める初心者向けのベーシックコース、楽器演奏の基本をマスターしている人向けのプレイングミュージックコースA・Bがあります。

ベーシックコースでは、楽器の持ち方、楽譜の読み方、呼吸法、演奏方法などの基礎中の基礎から学べるため、これまで楽器を触ったことがないという場合でも安心してレッスンを受けられます。

―基本情報―
住所:新宿区西新宿1-13-12西新宿昭和ビル8F
TEL:03-5909-1770
ホームページ:https://www.dolce.co.jp/academy/tokyo/course/

新しい趣味からインスピレーションを得よう

芸術的な趣味を始めてみると、それが新たな刺激となり、今までとは異なるアイデアが次々と生まれてくるかもしれません。さらに、練習するだけ上達する趣味を持つことで、日々の積み重ねの大切さを体感することができるでしょう。新しい趣味を探しているのなら、常に音楽に触れられる楽器の演奏をおすすめします。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
いま世界的に「ブランドロイヤルティ」が低下しているわけ?
味だけではない「最高級ワイン」でおもてなす極意
叙勲・褒賞を受けた際、皇居参内に相応しい格好は?
高額納税者だけのための「ふるさと納税」ガイド 至極の返礼品〇選
高級感ではない!?超富裕層はロールスロイスに乗るべき本質的理由とは?