osaka
(画像=PIXTA)

大阪万博の開催が決まり、さらにカジノも来るとなれば、レジャーの拠点として大阪にマンションを一つ持っておくと便利に使えそうです。大阪の中でも治安がよく、安心して暮らせる地域とともに、ハイクラスマンションをいくつかご紹介します。

大阪の治安がいい高級住宅街は?

大阪の中でも、富裕層が集まり暮らしやすい街はどこなのでしょうか。治安のよい高級住宅街と、その特徴を見ていきましょう。

箕面市

大阪の高級住宅街の中でも、治安がよく買い物も便利だと人気の地域です。車での移動にも便利で、ここを拠点にすれば、京都や神戸方面にも足を運びやすくなります。自然も多いことから、週末のセカンドハウスとして、または別荘として利用するのもおすすめです。

箕面でマンションを購入するのなら、2020年度に開業予定の箕面船場阪大前駅の近くにある物件はいかがでしょうか。2018年11月の築浅で、専有面積約81平方メートル、3LDKの最上階でも6,300万円ほどで販売されています。

新駅の周辺には商業施設もありますので、大変に利便性のよいマンションです。駅ができれば、大坂の中心地へのアクセスもよくなります。

吹田市

こちらも治安がよい高級住宅街のある地域です。自然が豊かで病院もあり、エキスポシティがあるため買い物にも便利でしょう。万博記念公園でのウォーキング、エキスポフラッシュフィールドでのスポーツ観戦と、楽しみの多い街です。この地域なら、万博やカジノだけではない大阪を満喫できそうです。

この地域でマンションを探しているのなら、千里南公園に隣接し、緑豊かなBrillia(ブリリア) City 千里津雲台を検討してみましょう。2019年12月完成予定で、専有面積は約68平方メートルから95平方メートル、間取りは2LDK+S~3LDK+Sと広々とした居室が魅力的です。

平面式駐車場が完備されているため、車での移動も楽です。価格は4,140万8,025円~6,317万5,080円となっています。

交通の利便性がよい高級マンションなら

万博やカジノの予定地となっている夢洲へのアクセスのよい地域にも、高級マンションがあります。夢洲までのアクセスがよいマンションと、周辺地域の特徴を見ていきましょう。

堺東駅近く

古くから商業都市として栄えていた堺市の、中心に近い堺東駅付近は、とても活気にあふれています。南大阪の中枢エリアであり、美食の名店も数多くあります。新しい建物ばかりでなく、昔ながらのレトロな商店街が残っているのも堺東エリアの魅力です。大阪を遊びの拠点にしたい人にピッタリのエリアといえるでしょう。

堺東駅の駅近物件を探しているのなら、野村不動産が2019年6月に販売を予定している、堺東駅デッキ直結の商業複合タワー、プラドタワー堺東がおすすめです。専有面積は53平方メートルから110平方メートル、部屋は34のプランから選択できます。

公式サイトから物件エントリーを行うと、限定サイトに招待され、物件の詳細が閲覧できます。

阿倍野駅近く

大阪の中心から少し南にある阿倍野区は、有名な、あべのハルカスのある地域です。大阪市立美術館や天王寺公園、天王寺動物園などもあり、のどかな一面もあります。人通りも多くあることから、大阪ならではのにぎわいと、豊かな自然の中で休日を過ごしたい人に、おすすめのエリアといえるでしょう。

このエリアでマンションを検討しているのなら、あべのハルカスにも近く、阿倍野駅まで徒歩1分という超駅近物件、プレミスト阿倍野駅前をチェックしてみましょう。3LDKで専有面積は68平方メートル。浴室も広々としています。

建物内のモデルルームを公開中のため、実際に部屋の内部を確認してから購入できます。価格はおよそ5,500万円です。2019年1月完成済み、即入居可となっておりますので、気になる人は早めに販売元のダイワハウス工業株式会社に問い合わせてみましょう。

大阪のマンションでラグジュアリーな休日を送る

大阪にあるハイクラスマンションをご紹介しました。治安や自然環境を優先するのか、利便性を追求するのかによって、選ぶべきエリアが異なります。のどかで緑豊か、閑静な高級住宅街を望んでいるのなら箕面や吹田を、にぎわいのある街中で休日を過ごしたいのなら東堺や阿倍野を、それぞれ検討してみましょう。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
富裕層の車はフェラーリやランボルギーニにするべき理由
芸術の秋はアートオークションはいかが?
ビジネスにも教育にも良い乗馬を趣味に
ビジネスに差をつけるオーダースーツの悦楽
世界の実業家に学ぶタイムマネジメント4つのコツ