YouTuber,富裕層
(画像=fizkes/Shutterstock.com)

動画共有サービスYouTubeへ自作の動画を投稿し、広告収入を得る「YouTuber(ユーチューバー)」という職業が注目を集めています。2016年には、YouTuberでお笑い芸人のピコ太郎が歌う「ペンパイナッポーアッポーペン」が、再生回数1億回を超え、世界的なブームにもなりました。

小学生があこがれる職業第1位にもランクインし、多くの人々の心をつかんだYouTuberとはどのような職業なのでしょうか。新たな富裕層への道ともいわれるYouTuberという仕事の実態に迫ります。

YouTuberの仕事とは

YouTuberとは、動画共有サービスYouTubeへオリジナルの動画を投稿し、その動画の再生回数に応じた広告収入を得る人々の総称です。多くのYouTuberは自宅やレンタルスペースで動画を撮影し、自分でその動画を加工・編集し、YouTubeにアップロードしています。

YouTubeから広告収入を得るには

YouTubeで広告収入を得るシステムへの参加は無料で、だれでも利用できます。YouTubeのパートナープログラムへ参加し、Googleアドセンスへ申し込むと、動画が視聴された回数に応じて収益が手元に入る仕組みです。1回の動画で得られる広告収入はチャンネル登録者数や動画の再生時間によって異なり、0.1円~0.3円が相場とされています。高額な広告収入を得るためには、チャンネル登録者数を増やしたり、再生回数を増やしたりする工夫が必要です。

広告収入以外の収益を得るYouTuberもいる

高額な収入を得るYouTuberは、YouTubeからの広告収入に加え、企業とのタイアップ動画で利益を得ているケースもあります。動画の中で企業から提供された商品を紹介し、視聴者へその商品をPRすることで利益を得るという、スポンサード契約を結ぶのです。

また、YouTubeで自らの知名度を上げ、イベントへの登壇やテレビ出演などを果たし、そのギャランティを受け取るYouTuberも出てきました。

YouTubeの動画をはじめとしたさまざまなビジネスを展開することで、推定月収100万以上の収益を上げるYouTuberも数多く生まれているようです。

YouTuberの多くは「一般の人」

YouTuberの多くは、芸能人や著名人ではなく一般の人々です。世界的で有名になったピコ太郎は元々無名のお笑い芸人で、「ペンパイナッポーアッポーペン」の動画がヒットした当初は、素性を隠して活動していました。ピコ太郎のほかに有名なYouTuberとしては、「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」などがいます。

・スーパーの店員からYouTuberになったヒカキン

ヒカキンは高校卒業後に上京し、スーパーマーケットの店員をしながら動画の投稿を開始。2010年に投稿した動画「Super Mario Beatbox」が日本国内での月間アクセス数1位を獲得し、有名YouTuberになりました。このことはアメリカのCBSニュースでも報じられ、世界的にも話題になっています。2019年のチャンネル登録者数は4つのチャンネルを合わせて1,400万人以上。アリアナ・グランデやエアロスミスとの共演も果たすなど、一般人の枠を飛び出し、セレブの仲間入りをしています。

・大学生から日本一のYouTuberへ登り詰めたはじめしゃちょー

はじめしゃちょーは大学生時代にYouTubeでの動画配信を開始。その後順調にチャンネル登録者数を増やし、2016年にはYouTube JapanのテレビCMに出演するまでに成長します。メディアへの露出が増えるにつれ、企業などから依頼を受け、商品レビュー動画の投稿や、キャンペーンへの参加も頻繁に行うようになりました。2019年現在では、メインチャンネルの登録者数755万人と、日本国内で最もフォロワーの多いYouTuberです。

無名の一般人も有名人になれる時代

YouTubeへ動画を投稿し、広告収入を得るための手続きはだれでも簡単に無料で行うことができます。視聴者の興味をひく動画や、世間の話題になるような動画を投稿することで、無名の一般人が有名YouTuberになれる時代です。動画を制作するための機材は数万円から数十万円で手に入ることから、新規参入へのハードルも低くなっています。

バックグラウンドや資産を持たず、実力と話題性でのし上がる新時代の富裕層がYouTuberなのです。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】