family
(画像=NadyaEugene/Shutterstock.com)

「子どもに財産を遺さない」という親が日米で増えています。その理由も「巨額の富は子どもの人生を狂わせかねない」との懸念から、「自分で築いた富を思う存分楽しみたい」というものまで様々です。「遺産相続をするよりも自分で富を築くほうが幸福度が高い」という調査結果も報告されていることから、遺産相続の伝統が変わりつつあるのかもしれません。

子どもに財産を遺さない著名人

ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏、ジャッキー・チェン氏など、「巨額の富を子どもに遺す代わりに慈善事業などへ寄付する」と宣言している著名人は珍しくありません。

何十億、何百億ドルという資産を持つこれらのお金持ちにとって、人生を破滅させるリスク要因を子どもに残すより、「子どもを含む多くの人々が快適に暮らせる社会作りに役立てたい」という気持ちが勝るのでしょう。

例えばゲイツ氏は子どもに一流の教育をほどこし、子どもが自分で人生を切り開いていける土台への投資を「遺産」の一部だと見なしています。

バフェット氏は自分の死後、資産の99%をゲイツ夫妻と共同設立した寄付啓蒙活動ギビング・プレッジに寄付する予定です。「お金があり過ぎてもなさ過ぎても、子どものためにはならない」と、子どもには「好きなことを何でもできる、そのやる気が出るだけのお金」を遺す意向を示しています。

慈善団体ジャッキー・チェン・ファウンデーションに全財産を遺すチェン氏は、「子どもがそれなりの人間に育てば自分で財産を築くだろう。そうでなければお金を遺しても浪費するだけ」と、子どもの人生は子ども自身の努力次第で決まることを強調しています。

自分で1,000万ドル以上の資産を築いた人が最も幸せ?

こうしたお金持ちの考え方は、決して的外れではないようです。

ハーバード・ビジネス・スクールが100万ドル以上の資産を保有している金融機関の富裕層顧客4,000人を対象に実施した調査では、「100万~200万ドルの純資産を保有している顧客より、1,000万ドル以上の純資産を保有している顧客のほうがはるかに幸福度が高い」という結果が報告されています。しかし同じ調査からは、「遺産相続や結婚などで財産を得た人より、自分で財産を築き上げた人のほうが幸福度が高い」ことも明らかになっています。

つまり子どもに1,000万ドルを遺産として遺すより、将来的に1,000万ドル以上の資産を自分で築くチャンスを与えるほうが、結果的に子どもが幸せになる可能性が高いということです。