お金持ち,プレミアムサービス
(画像=zieusin/Shutterstock.com)

富裕層をターゲットにしたビジネスは多々あれど、庶民には想像もつかないようなプレミアムサービスが世の中には存在する。

プライベートジェットのクルー派遣や200万ドルのロマンティックディナー、自宅で映画館の雰囲気が楽しめるプライベートシネマ、自分の好みに合わせて買いたいものを選んでくれるパーソナル・ショッパーなど、納得できるものから意外なものまで、経済的にかなりの余裕がないと利用できないサービスを8つご紹介しよう。

「プライベートジェット」クルー派遣から共同オーナーシップまで

プライベートジェットを所有している富裕層は少なくないが、自分で操作から管理までこなす富裕層は一握りだろう。「Executive Jet Management,Inc. (EJM)」 は、パイロットを含むクルーの派遣やプライベートジェットの管理サービスを請け負っている。

自ら所有せず、「talonairjets.com 」「Bombardier」などを通して、必要に応じてチャーターするという富裕層も多い。また、「jetfly.com」 のように、共同オーナーシップを提供している企業もある。

ヘリコプター遊覧付き200万ドルのディナー

シンガポールのMarina Bay Sands Hotelでは、世界で最も高いカップル用ディナーが体験できる。

ヘリコプターやロールスロイス、高級クルーズ船によるシンガポール遊覧を楽しんだ後、カップルは1万本の薔薇が敷き詰められたホテル内で、夕日を眺めながら8時間かけて18コースの料理を堪能する。

パッケージには、ダイヤモンドが散りばめられた箸とカスタムメイドの肘掛け椅子という、ちょっと不思議な組み合わせのギフトが含まれている(oddee.com2016年7月16日付記事) 。

自分たちで資産を守り、増やす「ファミリーオフィス」

ファミリーオフィスとは、富裕層の家族、あるいは一族が所有する資産を後世に継承するために、第三者を介入させることなく管理・運用するという概念だ。税金から継承、慈善団体への寄付、投資まで、資産に関するあらゆる問題に対応する点が、通常の資産管理サービスと異なる。

ジョージ・ソロス氏(Soros Fund Management.)、ジェフ・ベゾス氏(Bezos Expeditions)などの著名人もファミリーオフィスを設立している。

「Fine Art保険」で安心感を得る

Fine Art(美術品)収集は富裕層に人気の趣味兼投資対象だ。破損から盗難、紛失まで、万が一の事態に備えて、高額な美術品には価値に見合った高額な保険がかけられている。 美術品専門保険を提供する保険会社やブローカーは数多いが、気になる保険料は作品によって大きく異なる。

英Hiscoxは美術品保険のプロセスを簡潔化し、25万ポンド以下の美術品には即座に保険を提供するといったサービスも行っている。

趣味やスタイルに合わせて商品を選んでくれる「パーソナル・ショッパー」

欧米の高級百貨店や専門店などでは、富裕層顧客に対応するパーソナル・ショッパー(Personal Shopper)が常駐している。来店した顧客に付き添い、商品を選ぶアドバイスや提案を行う役割だ。商品購入を代行することもある。

パーソナル・ショッパーが自分の趣味や嗜好を覚えてくれているので、富裕層はショッピングをほぼ任せきりにしたまま、自分の好みやスタイルに合った商品を入手できる。

最近は無料でパ ーソナル・ショッパーを提供する小売店も増えているためか、あるいは富裕層専用サービスは要問合せのものが多いためか、最新の利用料金に関する情報が見当たらないのが残念だ。

2012年の時点で、富裕層向けコンシェルジュサービス企業「Quintessentially」が提供していたパーソナル・ショッパーは、1時間65ドル。これに年間会員費5,160~3.9万ドルが加算されていた(CNN2012年11月22日付記事 )。

カリフォルニアの「The Shopping Friend」は1時間の利用料金体制で、富裕層ほど経済的にゆとりのない層にもアピールしているが、実際の料金は問い合わせの必要がある。30~80ドルで自宅への訪問コンサルティングにも対応している。

同社の見積もりでは、コンサルティングに3~7時間、実際のショッピングに4~5時間かかる。1時間30ドルと仮定して計算すると、コンサルティングとショッピングを合わせて最低でも210ドル、最高360ドルが必要になる。

自宅で楽しむ「プライベートシネマ」

映画館の混雑を避けたければ映画館を貸し切るという手段もあるが、よりプライベートな空間を重視するために自宅に映画館を設備する富裕層もいる。

ロサンゼルスを拠点とする「PRIMA Cinema」は、富裕層の自宅の映画館に最新、あるいは公開前の映画を届けてくれ、専門家がセットアップしてくれるサービスだ。アシュトン・カッチャー氏やカニエ・ウェスト氏など、人気セレブも利用しているという。

料金は1本(24時間レンタル)500ドルからで、最低10本分の前払いが利用条件。機材の購入・設置も依頼すると3.5万ドルかかる( lifewire.com 2017年3月22日付記事)。

お金持ちの孤独を埋める「セラピスト」

いくら沢山お金を持っていても、孤独感から逃れられない富裕層もいる。「周囲の人々が自分の人間性に惹かれて寄ってくるのか、単にお金に惹かれて寄ってくるのか」といった猜疑心が生まれるのだろう。

オンライン・カウンセリング「Walk and Talk Outdoor Therapy」の設立者クレイ・コックレル氏は、かつてウォール街で培った経験を活かし、富裕層にセラピーを提供している。

「クリスマスツリー・デコレーター」が創る、世界にたったひとつのツリー

クリスマスを盛大に祝う欧米の富裕層は、ツリーのデコレーションにもお金を惜しまない。「Dr.Christmas」 や「Tommy Williams Design」は 、プロのデザイナーが依頼主の好みに合わせ、世界にひとつのクリスマスツリーを飾りつけてくれる。

「Dr.Christmas」はビヨンセやマライア・キャリー、ケイト・ハドソン、スティーブン・スピルバーグなど、セレブにも大人気のツリー・デコレーターだ。

米女性実業家マーサ・スチュワート氏のサイトによると、サービス料金 は2,500~8万ドルのようだ( www.marthastewart.com 2016年12月23日付記事)。

文・アレン・琴子、英国在住のフリーライター/ZUU online

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
いま世界的に「ブランドロイヤルティ」が低下しているわけ?
富裕層の車はフェラーリやランボルギーニにするべき理由
芸術の秋はアートオークションはいかが?
ビジネスにも教育にも良い乗馬を趣味に
ビジネスに差をつけるオーダースーツの悦楽