バフェット氏,ゲイツ氏,リゾート地
(画像=Alexander Demyanenko/Shutterstock.com)

富裕層が好むのは穏やかな気候と壮大な自然

多忙の日々を送る超富裕層にとって、時に日常生活を忘れ、ゆっくりとプライベートな時間を満喫することも大切なことだ。そのため、多くの富裕層が、気候が穏やかで人口が少ない小島で休暇を楽しむ。

ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏、マーク・ザッカーバーグ氏など、世界中に不動産を所有する超富裕層やセレブが愛するホリデースポットを紹介しよう。

1.カウアイ島(ハワイ)

ハワイ中部太平洋に浮かぶカウアイ島。ハワイ諸島の中で最も歴史の古い、夢のように美しい自然に恵まれた小島である。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは2014年、農園とノースショアを6600万ドルで購入。余程カウアイ島が気に入ったようで、その後、ピラアビーチの農園も4960万ドルで手に入れたものの、地権や外観をめぐり、住民とのあつれきが絶えないようだ。

2016年にはハリウッド女優のジュリア・ロバーツさんの別荘を、米映画監督マイク・フレイス氏が1620万ドルで買い取った。

2.ラナイ島(米国)

同じくハワイの小島、ラナイ島をこよなく愛するのは、オラクル・コーポレーション設立者ラリー・エリソン氏。3億ドルを投じてラナイ島の98%を買い占めている。これには 9万エーカーの土地、人口3200人の街、高級リゾート「フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ 」2個が含まれるというから、スケールの巨大さに驚かされる(CNBC2017年11月14日付)。

1994年、ビル・ゲイツ氏がメリンダ夫人と結婚式を挙げたのもこの島だ。

3.パルムビーチ(米国)

トランプ米大統領がリゾート物件を所有していることで有名なフロリダのパルムビーチ。1985年に500万ドルで購入した米大富豪マージョリー・メリウェザー・ポスト氏の豪邸を、1995年、300万ドルを投じてプライベートクラブ「マー・ア・ラゴ」に改造した。

「マー・ア・ラゴ」の利用料金はトランプ氏の大統領就任を機に、2倍に値上げされた。CNBCの報道によると、入会費20万ドル、年会費1.4万ドル(税別)が必要だという。

4.ラグナビーチ(米国)

ウォーレン・バフェット氏は、富裕層に人気のカリフォルニアのリゾート地にホリデー用の豪邸を所有している。他の多くのお金持ちのホリデー用豪邸と違うのは、同氏が1971年、わずか1.5万ドルで購入した点だ。そして、2017年に1100万ドルで売りにだしている。

ビジネスインサイダー2018年2月28日の記事によると、当時の1.5万ドルは現在の93.4万ドル 。インフレを考慮しても、11倍以上の売値がついているためか、売出しから1年経過しても買い手がついていない。

他にはテスラのイーロン・マスクCEOや不動産王トム・ゴアズ氏 などのビリオネアが、ラグナビーチに別荘を所有している(yolandaslittleblackbook.com2016年11月3日付 )。

5.スクラディン、フヴァル島(クロアチア共和国)

美しい自然の中を流れるダイナミックな滝「スクラディンスキ大滝」が観光名所のスクラディンは、クロアチアの港町だ。一方フヴァル島は、アドリア海の人気リゾートアイランドのひとつである。

ビル・ゲイツ氏 は定期的にスクラディンとフヴァル島を訪れ、リラックスした時間を過ごしているそうだ(ABCニュース2017年5月6日付)。

6.ネッカー島 (英国)

英国領ヴァージン諸島のひとつ、ネッカー島 を丸ごと購入したのは、ヴァージングループの設立者リチャード・ブランソン氏。パパラッチや人目を気にすることなく、思う存分プライベートな時間を楽しめる。

ブランソン氏はネッカー島を一般人にも公開しており、宿泊やマリンスポーツ、結婚式、スパトリートメント、パーティーまで、様々な娯楽やイベントを満喫できる。値段は要問合せだが、ABCニュースの情報 によると、一泊最低で5000ドルとのこと。

7.テルユライド(米国)

高級ビーチだけが富裕層に好まれるリゾート地ではない。「ロッキー山脈のかくれた宝石」と賞賛を受けるコロラド州テルユライドは、お金持ちのスキー客で賑わう。

元ヒューレット・パッカードのCEO、メグ・ホイットマン氏 は、スキーリゾート用のマンションや数百エイカーの土地をテルユライドに所有している。トム・クルーズは2016年、所有していた別荘を5900万ドルで売却しようとしたが買い手がつかず、一旦売却を諦めたようだ。

国際的ファッションデザイナー、ラルフ・ローレン氏は自宅を所有している。

8.ハンプトンズ (米国)

ニューヨーク州ロングアイランドのサウスフォークを形成する、人気のリゾート地。2015年、米大統領選に向けて選挙運動中だったヒラリー・クリントン氏が、豪華な別荘を借りて家族と過ごしたことでも知られる。2週間のレンタル料は10万ドルと、庶民には手の出ない価格だ。

夫婦合わせて資産総額12.55億ドルというビヨンセとジェイZが、2017年に購入した豪邸は2600万ドル弱。

9.バリ島(インドネシア)

長年にわたり富裕層やセレブに人気のリゾート地、バリ島。2017年だけでもオバマ前大統領一家や米ミュージシャンのジョン・レジェンド氏、クリスシー・テイゲン氏、スーパーモデルのアシュリー・グラハム氏などが、休暇を楽しむために訪れた。

文・アレン・琴子、英国在住のフリーライター/ZUU online

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
いま世界的に「ブランドロイヤルティ」が低下しているわけ?
富裕層の車はフェラーリやランボルギーニにするべき理由
芸術の秋はアートオークションはいかが?
ビジネスにも教育にも良い乗馬を趣味に
ビジネスに差をつけるオーダースーツの悦楽