woman
(画像=fotoinfot/Shutterstock.com)

旅行というと、観光をしながらグルメを楽しみ、アクティブに動き回るイメージが強いのではないでしょうか。ところが昨今は、心身の調子を整えるための旅行プラン「ウェルネスツーリズム」が流行しています。思わず深い眠りに落ちてしまうような心地よさを得る旅とは、一体どのようなものなのでしょうか。その魅力を考察してみましょう。

「ウェルネスツーリズム」とは?

旅先で、リラクゼーションの時間や、ヘルシーな食事などを満喫し、体調を整えて快眠をめざす「ウェルネスツーリズム」。世界的に注目されており、ウェルネスプランを採用したホテルは人気となっています。

同じウェルネスプランでも、ホテルによって自然を体感することに重きを置いているのか、ゆったりした時間を過ごすことを重視しているのかなどによって過ごし方が変わるので、しっかりと行く先のプランをチェックしておくことが大切です。例えば、エーゲ海でヨガを楽しみプールバーでいやしのひとときが過ごせる「タラッタ シーサイドホテル(Thalatta Seaside Hotel)」は、そのすべてを一度に楽しむことができるホテルです。

このホテルは、ギリシャ・エヴィア島北部のアギア・アンナビーチフロントに位置する、低層の美しいホテルです。昼間は、ウェルネスの専門家と一緒に森林浴ピラティスやヨガなどを行ない、夜は空を眺めながらプールバーでリラックスします。海と森を舞台に、自然ととけ合うような時間が過ごせます。また朝食と夕食では、ヘルシーな魚介類などが味わえる地中海料理や伝統的なギリシャ料理などが楽しめるのです。

このような旅のメリットは、あまり移動せずに1ヵ所で楽しめる点があげられます。観光地巡りにはない、ゆったりとした時間の流れを知ることで、良質な睡眠が得られるでしょう。

睡眠に特化した旅を楽しむ

眠るために泊まるという、最高のぜいたくに特化したプログラムを用意しているリゾートもあります。ここからは、睡眠に最適なホテル「THE SCENE」と「レム東京京橋」をご紹介します。

  • THE SCENE

奄美大島の最南端に位置する、ホテルTHE SCENE。ホテルに着くと、まず携帯電話などのデジタル機器をフロントに預け、デジタルデトックスを実施します。そのほか、ヘッドスパや腸ストレッチ、オイルを使ったリラクゼーションなどを行ない、快眠に誘います。マッサージにいやされながら眠ることに集中できる至福の空間です。

  • レム東京京橋(2019年4月開業予定)

睡眠にこだわったホテルを展開しているホテル「レム」シリーズから、6つ目のホテルが、2019年春に誕生します。眠りにこだわった同ホテルは、音や色、香りなどさまざまなアプローチから、眠りをプロデュース。また、寝具にもこだわり、マットレスは、レムオリジナルベッドマットレス「シルキーレム」を導入しています。日本ベッド製造株式会社と共同開発したこだわりのマットレスは、包み込まれるようなやさしい寝心地が特徴です。

このホテルは、日中もテンポラリー・スリープ(仮眠)の場として、気軽に訪れることができるホテルとなっています。ラグジュアリーホテルに慣れている富裕層の人でも、このような使い方ができるホテルをチェックしておけば、疲れた際にほっと一息できる場所として利用できるのではないでしょうか。

ウェルネスツーリズムが人気の理由

ウェルネスツーリズムとひとことで言っても、リラクゼーション系、眠り系のタイプがあります。どのプランでも心身がいやされ、至福の時間が過ごせるでしょう。非日常的な空間で自分の心身に向き合うことは、自分自身を知る絶好のチャンスです。よりリラックスしながら、今後の活力につなげてみてはいかがでしょうか。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
いま世界的に「ブランドロイヤルティ」が低下しているわけ?
遺伝子レベルの健康法。信頼できる検査サービスは?
富裕層は歯医者は自由診療に通うべき。歯科医療最前線
富裕層のための東京ウォーキングガイド
急成長中の長寿・アンチエイジング研究 テクノロジーで「不老不死」実現?