2018年12月7日、京都にスタイリッシュなホテル「MOGANA」がグランドオープンを迎えました。「~であればいいな」という意味の古語「もがな」から名をとり、「装うことを愉しむ」をコンセプトに生まれました。独特の美的センスが光る新ホテルの詳細をお伝えしましょう。

MOGANA(もがな)とは?

京都市中京区に誕生した、MOGANAの周辺には、二条城や京都文化博物館などがあり、観光客も訪れる便利な立地です。この地に生まれたMOGANAのコンセプト「装いを愉しむ」の「装い」には、さらに3つの意味があります。

1つ目は、身なりや外観を美しく整えること。2つ目は、たたずまいや趣。そして3つ目は、出発の準備をすることです。

美しく整ったMOGANAでいやされ、これからが楽しみになり、そして希望を持って去っていく。この一連の流れを「愉しんで」ほしいとコンセプトとして掲げているのです。ホテルに一歩足を踏み入れた時から、旅が終わるその時まで、心を込めて接客しますという決意の現れともいえます。

ではMOGANAが、装いを愉しむために、どのようなことを行なっているのでしょうか。MOGANAの心遣いに触れながら探っていきましょう。

MOGANAで得られる喜び

MOGANAは、日本の伝統的な美しさとモダンさを兼ね備えたホテルです。京都らしさが生きる「京町家」独特の奥へ向かって細長い建物で、あえて廊下部分をすっきりとスタイリッシュに仕上げることで、異空間を連想させるような不思議な雰囲気をかもし出しています。

広々とした空間にシンプルでモダンなインテリアが置かれた客室。まずは部屋に備えられた南部茶器と山中漆器の茶器セットで、まったりとお茶を楽しみましょう。食器は兵庫・淡路島の陶器ブランド「Awabi ware(あわびウェア)」などが、用意されています。日本各地から集まった美しい装いの品々で、宿泊客をゆったりともてなしてくれるのです。

コラボレーションでもてなす

パリで生まれたオーガニックコスメブランド「SHIGETA(シゲタ)」の、世界初オリジナルアメニティが利用できます。SHIGETAの化粧品は肌にやさしく、使い心地のいいものばかり。ホテルに宿泊する際に、女性の多くが願う「すてきなアメニティのホテルだったらな」という「もがな」を、さらりと叶えてくれるのです。

心地よく履ける部屋履きやクッションを提供するのは、独特なセンスのファッションブランド「matohu(まとふ)」。部屋着は、石川・金沢のプロダクトデザイナー原嶋亮輔氏による国産のリネンを使った和の心が息づくデザイン。どちらとも本物の価値を知る大人にだけ伝わる上質さがあります。

食でもてなす

広々としたベッドでぐっすりと眠り、朝を迎えると、次の愉しみは朝食です。ぜいたくな気分が味わえる「部屋食」なので、ゆったりと部屋で過ごせます。

朝食の食材は、淡路島から取り寄せたものを使っています。朝食をのせる器は、「Awabi ware」と窯元「樂久登窯(らくとがま)」とのコラボレーションにより生まれたオリジナル品です。食材から器まで淡路島生まれという、こだわりの朝食を味わえるのです。

朝だけでなく、夜も充実です。2階には8mもの長さの1枚板で設えたバーがあります。メニューコンセプトを「inner beauty」「made in Japan」とし、日本全国から集めた美酒を用意。またSHIGETA主宰Chico氏レシピによるスムージーなど美を作るノンアルコールドリンクも楽しめます。

京都の文化を知るツアーも開催

MOGANAでは、matohuの「長着」をまとい、京都散策をするオプショナルツアーも登場する予定です。この長着は、着物の要素を残しつつ、現代的にアレンジしたもので、着用しやすい工夫が施されています。

MOGANAの美意識

ホテルのアメニティや部屋にある備品の一つにまで「これはどこの物だろう」と、考える人はそう多くはないでしょう。しかしMOGANAは、人が無意識に通り過ぎてしまう物に対しても、美しさを求めています。MOGANAに訪れた際は、細部にまでこだわった空間や小物に興味を持ち、五感すべてを使いその美しさを確かめてみてはいかがでしょうか。

ホテル概要
住所:京都府京都市中京区小川通御池下る壺屋町 450
TEL:075-606-5281
料金:一泊・朝食付き/一室¥50,000 円~(税・サ込)

文・J PRIME編集部

【関連記事】